御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年03月04日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

無人コンビニが登場!!

ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12134879380.html

http://www.gizmodo.jp/2016/03/post_664162.html

この記事で面白いなと思ったのは自分でアプリを作ったという点が面白いと思います。

私も御薗治療院のカルテシステムは全て自分で書きました。
商品販売も全てプログラミングしましたのでその気持ちがとてもよくわかるんです。

現場にいる人しかホントに必要なプログラムって書けないと思うんですよね。
ちょっとした使い勝手を自分なりに修正することができないとなかなか使い物にならない。
人にやって貰っては一々修正をしないと使い物になりません。

そして一番大事なことは如何にシンプルに使いやすくするかということです。
また如何に修正可能なプログラムを書くか?

ということなんです。
一度作ってしまえば終わりではありません。
プログラムってその都度その都度変えていく必要があります。
修正しようと思っても自分で書いたプログラムですら忘れてしまってどうなっているのか?

わからなくなることがあるんですよね。

もの凄く複雑になってしまいますからね。
そこでオブジェクト化という手法を使います。

簡単に言えば雛形を作るんですね。

一つの命令の流れを雛形にして、その中に必要な値を代入するというようなプログラムの書き方があります。
この手法を利用すると、作った雛形を再利用可能なプログラムを書くことができます。

しかし、ネットとかの情報を見てもこのオブジェクト指向のプログラムの解説がなかなか載ってないんですよね。
独学は難しいのです。
そんなプログラムを書いて再利用してます。
もちろん独学ですからの凄く苦労しました。

だからこの方がどれぐらい苦労してそのシステムを開発したかがよくわかります。
でもそれぐらいしてでもコスト削減をする道を模索したいという新しい考えですよね。

個人では何もできないと思っている人沢山いると思います。
いえいえそんなことないです。
やろうと思えばできます。
どれだけやりたいという気持ちが強いかでできるようになってくるものなんですよね。

発想を転換し、今まで出来なかったことができるようになる。
そんな努力をしていたらきっと未来は開けてくると思います。
今何をするのか?

これが一番大事ですね。

治療も同じなんですよね。
治すために何が必要なのか?
を考えることです。
しかし、これはこういう病気だから治らない。
というレッテルを貼られることで治す工夫をしなくなる。
それじゃ~治りません。

もちろんこの例はITの技術がなければこんなこと無理ですけどね。

あ~。
日本にはありますね。
無人の野菜販売所みたいなのがね。
お金も単なる箱に入れて何のセキュリティもない。

日本という国でなければできないシステムですね。
そんな幸せな国に住まわせて貰っているんですからね。
凄いことですよね~。

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwj-uJPY26HLAhXi6aYKHZfTCIgQjRwIBw&url=http%3A%2F%2Fokwave.jp%2Fqa%2Fq8563340.html&psig=AFQjCNGU53g9-KF2QH3a97JL7fFy2lbetg&ust=1456998270858095

ITよりすすんでいる!!


御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

他のメルマガを読む