御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2016年02月18日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

姿勢を正すという事

ブログを更新しました。
http://ameblo.jp/o-misono/entry-12122396295.html

姿勢を正す事で体調が良くなるというのは事実です。
しかし、姿勢を正す意味が間違っていると効果を得る事はできません。

ある声楽家の方と話をしていて何が問題点なのかを理解することができました。
ほとんどの方は、姿勢を正すというのは静止状態を作るのだと勘違いしています。

姿勢を正す事は静止状態を作るのではありません。
皆さんがイメージしてしているのは静止ではなく停止です。
止まることではありません。

一見停止しているように見えても全く静止しているわけではありません。
常に人間の体は微動しています。
もし微動していなければバランスをとって真っ直ぐ座ってる事なんてできるはずありません。
もちろん立つことも歩くことも不可能です。
寝ている時ですらまったくの停止はありません。
呼吸をしていますし無意識のうちにも微動しています。
これが動物である人間の宿命なのです。

生きているということは動いているということなのです。
寝ている時は、停止に近い状態と言えますが完全な停止ではありません。
静止です。

以前にも一旦力を入れて力を抜くという方法をご紹介しました。
この方法の問題点は、完全に力の抜けた状態に戻らないで力入れてしまうということです。
元に戻らない状態でまた力を入れてしまうのでどんどん固まっていきます。
力を抜いた状態はゼロの状態です。
力を入れた状態は十の状態です。
一旦力を入れて十にした後、力を抜いても三しか戻らない。
という状態があったらどうでしょうでしょう?

次に力を入れたときには、七しか余裕がないのに十の力を入れてしまいます。
これではどんどん力が入り抜くことができなくなってしまいますよね。
完全にゼロに戻すということが大事です。

そしてそれを意識することです。

私が正しい姿勢を試みたとき、常に微動させていました。
腰にわずかな力を入れ正しい位置をとろうと思うと肩が上がってしまいます。
肩に意識を置くと腰がまだ抜けてしまいます。
腰を意識していると顎が前に出てしまいます。
これらを全身に注意を向けながらただ座っているのです。
その時は、微動させているという意識はありませんでした。
正しい姿勢をあまり力強くやらないで全体に均等な力が入るように意識していただけです。

そうすると身体の本質が全く変わってしまいました。
知らず知らずのうちに微動する静止をやっていたということですね。

ほとんどの方は正しい姿勢というのはピッタリとした姿勢のことを考えていると思います。
まずこれが大きな間違いです。

これは大きな間違いです。
その間違いをしているから正しい姿勢で効果があがらないのです。
だから統計では姿勢と腰痛は関係ないというような馬鹿な結果がでてしまう訳ですね。
それを知らないで評価するのが統計です。
わかってないんですよね。

御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/16 部数:  306部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/16 部数:  306部

他のメルマガを読む