御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2015年06月23日
★★★★★★★★★★★★★★
  御薗治療院のメルマガ
★★★★★★★★★★★★★★

腰痛の殆どが強烈な痛みではなくジクジクしたような重いような痛みが続く

という症状です。

腰に原因があると思って揉んだり叩いたりしますが、その時は気持ち良いのですが、なかなか良くなりません。


というかそんなことしていると原因が違うので逆効果。

新しい症状を作ってしまう原因になります。


車を運転していると痛みがでたり、長時間座っていると座っていられない程の痛みを感じたりと

不快感がずっと続きます。

原因を知らないと治りませんね。


この図は治療前と治療後です。

<a href="http://www.o-misono.com/htm/omisono/img/tmpJPG/008830_20150620_10192217.JPG" target="_blank">治療前の写真です</a>

<a href="http://www.o-misono.com/htm/omisono/img/tmpJPG/008830_20150620_102844.JPG" target="_blank">治療後の写真です</a>

治療前は右へ身体を傾けているのがよくわかりますね。

そうなんです。左側の腰痛です。

つまり左へかばっているのです。これでは良くなりません。

腰痛は使い過ぎて痛い訳ではなく、使わないことで痛むのです。

これね。


間違いないんですが、殆どの人は使ったから痛いと思っています。


だから治りません。


このように時間をかけることなく身体は変化します。

意識がとても大事な要素なんですが、そんなことにはおかまいなし。

だから痛いところに処置をしてしまうのです。


絶対に治りません。


ちょっと楽になったかな~と思ってもまた痛みます。


意外にやっかいなこの腰痛ですが、筋肉の図を見てください。

ちょっと考えると腰痛が使い痛みで起こる訳ではないというのが理解できます。

医学を志したら必ず最初の頃に誰しも見る図です。

<a href="http://www.o-misono.com/htm/omisono/img/tmpJPG/QS_20150623-073711.jpg" target="_blank">前からの筋肉図です</a>

<a href="http://www.o-misono.com/htm/omisono/img/tmpJPG/QS_20150623-073719.jpg" target="_blank">後からの筋肉図です</a>


この図を見て何を思うかなのですが、注目して欲しいのは手足の筋肉量と体幹の筋肉量です。

ざっとこの図を見てもあきらかに体幹の筋肉の方が太くて量も多いのがよくわかりますね。

そんな大きな筋肉が簡単に壊れるでしょうか?

もし壊れるとしたら最初に体重を支えている足首なんかがやられそうですが、

足首の筋肉量は、比べものにならないぐらい体幹と比較して少ないですよね。


なぜこの事実に気付かないんでしょうか?

気付いているのですが、それをどうやって治せば楽になるのかがわからないんだと思います。

そこをちょっと刺激したり意識したりすることで驚く程改善します。

ちょっとした「癖」なんですね。


そんなことが山のようにあります。少し見方を変えれば効果があがるのに・・・。

同じことを繰り返す。

常識という枠にとどまってしまうのです。


もちろん腰痛だけじゃないですよ。

全ての病気は、何らかの身体の変化が観察できます。

それを調整することで簡単に良くなっていくことも多々あるのです。


それをもっともっと沢山の人に知って貰いたいな~と思っています。



御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

ブログ      http://ameblo.jp/o-misono/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  306部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  306部

他のメルマガを読む