御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2015年01月18日
日記を更新しました。

昔に経験したことですが、今の私の信念にもつながっています。やはり直感や根拠のない信念というのは、ある意味人を育てるな~と思います。

数字は人を駄目にしてしまうことがありますが、直感や信念は人を育てます。今はホントにそれを確信します。

http://atdiary.jp/omisono/entry/2015/01/18/582908.html





昔の経験
 

私が治療家になって右も左もわかっていない頃だったと思います。

 

もう30年以上前のマッサージの免許をとったころ、面白いことを患者さんに言われたことがあります。

 

その方、身体がだるくて仕方がないという方だったと思います。触ってもこんにゃくを触っているような

筋肉で硬いという感覚はなく、表面は柔らかいのです。

 

でも芯が硬い感じの方でした。

 

そういう方だったので強くやってはいけないと直感で思い、軽く軽くマッサージをすることを意識して施術を

行いました。

 

いつもは強く揉んでいるところに行っているのですが、先生にやってもらうと身体がもの凄く楽になったと言ってくれたのを思い出します。

 

こういうタイプの患者さんってとても難しいタイプの方なんです。

治療家泣かせというタイプですね。

 

そんな患者さんでも楽にすることができたのですから、その頃はとても自信にはなりました。

 

 

注意したことは軽く触れる程度の刺激で丁寧に行う。

 

これに徹したのでした。

 

 

しかし、これは非常に自分が疲れました。こんなことやり続けたら自分が死んでしまうと思った程です。

(笑)

 

 

大事なことは何故そうなったのか?

 

 

知りたいと思いませんか?

 

 

答えは簡単です。意識をする。これが答えです。

 

 

腕を触っていたとしたら、ただ触るだけでなく、その中には何があるのか?

 

どんな感じがするのか?

 

それを感じようとする意識を高める。

 

ただそれだけだったのです。

 

意識をする。

 

たったこれだけで効果に大きな違いがでてしまうのです。

 

 

治療の勉強として様々なところで様々な講習会を行われていますが、全ての講習会はやり方を伝えます。単純でシンプルなやり方がもてはやされたりしますが、実際に方法だけ真似ても全然うまくいきません。

 

講習会に出て数日はうまくいったりします。

 

しかし、数日たってその方法に慣れてくるとうまくいかなくなってくるのです。

 

この現象って治療に悩んでいる先生方は必ず経験することなんです。

 

何故そんなことが起こるのか?

 

それは意識の使い方を学んでいないからです。やり方だけを学んで意識の使い方を学ばないからなんです。

 

学校で学んだだけの技術で右も左もわからない頃の私が誰の教えも受けないでベテランの先生より効果を出してしまえたのは、その時の私の意識が高まっていたからにすぎません。

 

そのことを教えないから講習会に行っても徒労に終わってしまうのです。

 

だから私は全くやる気のないストレッチを推奨しています。

 

全くやる気のないストレッチは方法論ではなく、どう感じるかを自分で確かめることに集中する。

 

だからどのやり方が正しいというのはないのです。自分が感じたままであればそれが正解です。

 

 

だからどのやり方が正しいのではなく、ただ力を抜いて自分の違和感のあるところを感じるだけに集中する。

 

ということです。

 

見た目はやる気がないとしか見えないストレッチですが、実際は意識を使うのでもの凄い気の運動になっています。

 

だから全くやる気がないといっても意外に大きな運動になっているので発汗してきたりします。

 

この方法の特徴は自分でやっても人に意識して貰っても同じ効果がでます。

 

その人の代わりに意識してあげても効果がでるのです。

 

だから意識できない子供でも両親や近くにいる人がかわりに意識してあげれば効果を出すことができます。

 

面白いでしょ。

 

しかし、自分でやったら誰にも迷惑をかける必要がありませんし、いつでもできますので自由度が高まります。

 

これは精神を解放させる手段です。

 

意識の活用は無限大です。

 

簡単に誰でもできますが、意識を動かさないと何の効果もありません。

 

あなたの感じ方一つで実感する程の効果を得られる場合もあれば、全く効果を感じない場合もあります。

 

つまりあなたに委ねた方法といえます。

 

全くやる気のないストレッチは、感じることに重点を置きます。あなたが感じようとしなければ何も答えをだしてくれません。

 

小さく曲げる。小さく伸ばす。

 

これによってどう感じるかの感覚を研ぎ澄ます方法です。一回目はわからなくても何度かやってみてください。きっとわかってくるはずです。

 

わかるまでは待つことです。

 

わかるまでただただジッと待つことなんです。

 

方法論で制限を設けないでください。方法論だけを学ぶと不自由になります。

 

だから世の中にある全ての方法は、全てが間違いであって意識の仕方によっては全てが正しいといえなくもないのです。

 

そしてこの方法はあなた自身にしか感じることはできません。

 

あなたがどう感じるかしか問題にしないのです。

 

不自由になったらどんなに簡単で効果が高いと思われる方法であっても効果は期待できません。期待できるのはその方法が新鮮なうちだけなんです。慣れてくると効果がなくなってしまうのです。

 

このことを絶対に忘れないでください。

 

 

是非、試してみてください。

御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

他のメルマガを読む