御薗治療院メールマガジン

インフルエンザ特効薬

カテゴリー: 2010年01月12日
インフルエンザの特効薬 

インフルエンザワクチンは、ハッキリした効果があるかどうかは明確ではあり
 ませんが、なんとイギリスの医師が、どのインフルエンザでも効果的で、一
度 打つと半永久的に持続するワクチンを開発したというニュースが発表され
まし た。

今までのワクチンはウィルス細胞の外側にあるタンパク質を、免疫細胞に攻撃
 させますが、これらのタンパク質は変異しやすく、それに対応したワクチン
を 作り出す必要がありました。

ところがこの新しいワクチンは、接種されると体内にあるT細胞を寄せ付けて 
から増殖させ、そのT細胞がウイルス細胞の内側にあるたんぱく質を見つけて 
攻撃し、インフルエンザウイルスごと破壊してしまうそうです。
もし、このワクチンが完成すればインフルエンザ対策が激変するでしょうね。
 しかし、この記事を見て私自身は、医学の発展ではなく、医原病を発生させ
る 大きな原因となるだろうと思いました。

新型インフルエンザによるパンデミックが起こったとしてもウィルスも生きて
いるので、宿主である人間を根絶やしにするようなことはしないといいます。
全滅させる前の段階で必ず終息するはずだといいますが、確かに宿主がなくな
 れば、自分も自滅するということになる訳ですから自然淘汰するのでしょう。
そして共存するのだと思います。インフルエンザは昔からウィルスで人間と共
存してきたウィルスなのにそれを 根絶やしにしたら必ずそれ以上の問題がで
てくると私は思っています。

アレルギー疾患が多くなったのは、様々なワクチン接種による弊害だと考え 
ている研究者もいます。私の経験でもインフルエンザワクチンを打ってから急
激にアトピーが酷くなった患者さんをみました。その時は、それ程酷い副反応
があるとは思っていなかったので、疑問に思うだけでしたが、よく調べてみる
とそういうことが沢山情報として発信されています。
ただ、因果関係が明確でないものもあるので、全肯定する訳にはいかないと思
いますが、私の経験からもありえる話だと思っています。

医療の常識を考え、この記事を読んでいて恐ろしく感じるのは私だけではない
はずです。幸い完成までにまだまだ年月がかかりますので、今すぐ特効薬が販
売される訳ではないので、今騒ぐ必要もありませんが・・・。

医療は本当に人間を幸せにするための道をすすんでいるのか?
本当にこれで良いのかという答えは闇に葬られたままになっているのではない
で しょうか?

御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  306部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  306部

他のメルマガを読む