御薗治療院メールマガジン

御薗治療院メールマガジン

カテゴリー: 2008年08月21日
第二十四号

意識とリズムと場

鍼灸治療は、意識を使った気の治療であると断言できると思います。WHOで
穴の位置を正確に決め、その効果を統一させようとしていますが、穴の位置が
重要なのではなく、何をどうしたいのかが明確になっているかどうかで治療効
果は違ってきます。そして実際の穴の位置もズレてきます。
また意識しているものが違えば、その穴の位置にすら反応はなく、穴を見つけ
ることもできないので、治療効果は皆無といったことも現実的にあります。

だから、同じ位置にA先生とB先生が治療をしても、効果が違うというのが現
実的にあるのです。やり方だけわかっても同じ効果がだせないから科学的では
ないといわれるのです。

有名な鍼灸院で、足の三里やチュウカンといった脾胃系統に作用する穴だけで、
ほぼ全員の治療を行っているところがあると聞いたことがあります。
理論的にも非常にシンプルで、全ての病の根源は脾胃の病から来ると考え治療
し、効果をあげているのです。

理論的にも簡単だから、それを見て真似しても殆どの人は、やり方だけを真似
するので、効果を出すことはできません。

また意識を使う治療には、必ずリズムがあり、そのリズムを崩さないように治
療をしています。そのリズムが崩れると治療効果を再現できないこともあり、
治療院の中でしか効果を出せないという場合もあります。

有名な鍼灸院に勤めていた弟子が開業し、同じことをやろうと思っても努めて
いた時と同じ治療効果をだせなかったりするという話しも聞きます。

これらのことを考え合わせると東洋医学の治療が如何に意識を使った治療なの
かがよくわかります。

場の影響とリズム、術者の意識が絶妙に絡みあって効果を出すというのが気の
治療の面白いところなのです。だから見た目だけを統一しようとしても無駄な
努力に終わってしまうことが多いのだと思います。

私がこういうことに気づいたのは、ある研究会で講演をしていたA先生に手三
里を押さえて貰った時です。A先生がおさえても圧痛はなかったのに同じ場所
をB先生におさえて貰うと飛び上がる程の痛みを感じたことからです。あまり
にも違うので、おさえ方が違うのかと思いましたが、お二人とも経験十分な先
生でしたので、その方法に違いはないと推察します。しかもA先生は、東洋医
学を研究している有名な医師でしたが、無名の鍼灸師のB先生の方が的確に穴
を捉えていたと感じました。

意識が違うと効果が同じにならないし、場の違いで、十分力を発揮できないと
いうこともありえると思いました。決してA先生の方がB先生より劣っている
とは思いませんが、様々な要因でそういう現象が起こるのが東洋医学の面白い
ところだといえます。

それでは次号をお楽しみに・・・    

御薗治療院HP http://www.o-misono.com/

御薗治療院メールマガジン

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

ついでに読みたい

御薗治療院メールマガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

他のメルマガを読む