スポーツカーを120%楽しむ方法!

■ スポーツカーのきも その3エンジン。■

カテゴリー: 2008年09月30日
『スポーツカーを120%楽しむ方法!』       
□■― 第5号(2008.9.30)  http://www.1adept.net ―□■

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━

■ スポーツカーのきも3エンジン。■

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━

 スポーツカーの中でも、ABCと呼ばれるK−CARスポーツの魅力をお伝えしてき
ましたが、今回はそのエンジン偏です。
 車でスポーツ走行を楽しむときにパワフルで伸びやかに回るエンジンは欠かせませ
ん。がこれに関してはABCはいずれも少し厳しいと思いますね。何しろエンジンを一
から開発するのはメーカーにとっても大変な出費です。ですから、カプチーノとAZ1
はアルトワークスのエンジンですし。ビートにいたっては、アクティと同じエンジンで
す。どちらも、それなりのチューニングはしてありますが、やはり専用で造れたらもっ
と良かったんでしょうが、ま、それは高望みと言うやつかもしれません。とは言え、ど
ちらもそれぞれ、スポーツカー的なフィーリングは充分味あわせてくれます。
 ビートのエンジンはSOHCですがなんと9000rpmまでストレスなく吹け上が
り、パワーはそこそこですが、ぶん回す楽しさでは僕が知っている国産車の中でもベス
ト3に入ると思います。
 さすがエンジンのホンダって感じです!
 カプチーノ、AZ1のエンジンはターボエンジンですので、トルクとパワーはK−C
ARとしては充分な物です。さらに、チューニングすると比較的ローコストでかなりの
パワーアップが期待出きますし、お金をかければノーマルの倍以上のパワー引き出すこ
ともそう難しいことではありません。
 ちょっと手を入れると、普通車もかもれるパワーを秘めているカプチーノ、絶対的な
速さはないけど、車の力を目いっぱい使って走る感覚がたまらないビート。どちらも甲
乙つけがたい楽しいやつらです。これ、2台とも持っといてその日の気分で乗り換える
なんていうのも楽しそうですけどね!

次回は足回りについてお話したいと思います。

●編集後記●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 F1のシンガポールグランプリご覧になりましたか?
F1では初のナイトレースだったんですが、コースの照明が綺麗でした。
現地で見たら、本当に幻想的かもしれません。生で見たかったなー!

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━
★ 最後までご観覧頂きありがとうございました。
これから続けていくには
皆様の「面白かった」「役に立った」というメールが支えになります。
是非ご意見をお聞かせください。
又、取材依頼の方もこちらまでメールください!

adept@1adept.net

★本メルマガ購読の中止を希望される方は
 http://www.mag2.com/m/0000265055.html

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━

★当メルマガは転送自由です。役立つ内容が少しでもあったならお友達に
紹介してあげてください。
ただし掲載された記事の内容を許可なく転載することは禁止させていただきます。
Copyrights(C) 2008adept All Rights Reserved.

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む