税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

緊急対策で作られた助成金

不況で最近作られた助成金について紹介します。
(緊急対策 厚生労働省より
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/other34/index.html)

★介護未経験者確保等助成金(新設)

介護業務の就労未経験者を雇用する事業主を支援する助成金として、新たに介護未経験者確保等助成金が創設されました。

 介護業務の経験がない方を雇用保険の一般被保険者(パートでない)として雇った
場合に介護関係業務の未経験者を1人につき、
6か月間の支給対象期間ごとに25万円
(最長1年までなので最高1人50万円)。
最初の対象労働者の雇い入れから6か月の間に雇い入れた計3人まで支給されます。
(2008年12月1日以降の雇い入れから対象)


ただし、満65歳以上の方、新規学卒者の方は除かれ、
登録ヘルパーや派遣労働者として介護業務に従事した方も対象外となります。


★中小企業緊急雇用安定助成金(新設)


 中小企業緊急雇用安定助成金制度を創設しました。
不況等により」中小企業事業主が、その雇用する労働者を一時的に休業、教育訓練又は出向をさせた場合に、
休業、教育訓練又は出向に係る手当若しくは賃金等の一部を助成します。

要件
○最近3ヶ月の売上高又は生産量等がその直前3ヶ月又は前年同期比で減少していること。
○前期決算等の経常利益が赤字であること
(生産量が5%以上減少している場合は不要。)
○従業員の全一日の休業または事業所全員一斉の短時間休業を行うこと
(
○3ヶ月以上1年以内の出向を行うこと

受給額
○休業等

休業手当相当額の4/5(上限あり)
支給限度日数 3年間で300日(最初の1年間で200日分まで)
教育訓練を行う場合は上記の金額に1人1日6000円を加算

○出向

出向元で負担した賃金の4/5(上限あり)


★若年者等正規雇用化特別奨励金(新設)

○年長フリーター及び30歳代後半の不安定就労者
○採用内定を取り消されて就職先が未決定の学生等
を正規雇用する事業主が、一定期間ごとに引き続き正規雇用している場合に
奨励金が支給されます。

奨励金支給対象者

1.年長フリーター等(25歳以上40歳未満)を正規雇用する場合

○直接雇用型とトライアル雇用型と有期実習型訓練修了者雇用型があります。

2.採用内定を取り消された方(40歳未満)を正規雇用する場合

○ハローワークに奨励金の対象となる求人を提出し、採用内定を取り消されて就職先が未決定の新規学校卒業者をハローワークの紹介により正規雇用する場合
(対象者の雇い入れ日現在の満年齢が40歳未満)

支給額

奨励金は2年6か月にわたり3回分割で総額100万円(大企業半額)支払われます。


★派遣労働者雇用安定化特別奨励金(新設)


対象事業主(紹介予定派遣は対象外)


○6ヶ月を超える期間継続して労働者派遣を受けていた業務に、派遣労働者を無期又は6ヶ月以上の有期(更新有りの場合に限る)で直接雇い入れる場合。

○労働者派遣の期間の終了する前に、派遣労働者を直接雇い入れる場合。

支給額(雇い入れ1人当たり)

○期間の定めのない労働契約の場合  
中小企業の場合2年6か月まで3回分割で総額計100万円(大企業半額)支払われます。


○期間の定めのある労働契約(6ヶ月以上)の場合  
中小企業の場合2年6か月の間に3回分割して計 50万円(大企業半額)支払われます。


★残業削減雇用維持奨励金(新設)

不況で残業を減らしてワークシェアリングした場合も助成金があります。


詳しくはご相談ください。


つちうら税理士法人  http://tsuchiuratax.jp


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む