税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

法律は知らないと損をする2

 政府管掌健康保険の介護保険料率は、平成20年3月分(平成20年4月30日納付期限分)以降の保険料から、1.13%となります。

40歳から64歳までの介護保険第2号被保険者に該当する方の政府管掌健康保険料率は、医療にかかる保険料率(8.2%)と合わせて、9.33%となります。

 原則として4月の給料計算から変更されるわけです。

 雇用保険も予定ですが21年度の予定は


           保険料率      事業主    被保険者 
一般事業        11.0/1000  7.0/1000   4.0/1000 
農林水産・清酒製造事業 13.0/1000   8.0/1000  5.0/1000 
建設の事業       14.0/1000   9.0/1000  5.0/1000 

法人税もこの2月決算の会社から年800万円まで22%から18%へ軽減されます。


今日は 、少し変わった商取引の法律を少し紹介したいと思います。

下請法という法律です。
製造業、修理委託 プログラムなどの情報成果物の作成 役務の提供 金型の製造など
の業種で

親会社が下請け業者に対し義務と禁止行為を定めている法律です。

下請取引の適正化対策として中小企業庁や公正取引委員会が違反の場合
罰金や勧告をおこなうものです。
下請代金支払遅延等防止法として定めているものです。


なかなか下請けというのは立場も弱く、この不況で取引自体が激減しているところもあり大変なのが現状かもしれません。

○親事業者の義務は
この法律では 注文時ただちに注文書を書で2年間保存
注文書を受け取ってから60日以内に支払期日を定める(過ぎると遅延利息14.6%)

○親事業者の禁止事項は

給付受領の禁止

支払い代金遅延禁止

下請け代金責任のないのに減額禁止

責任のない下請け返品の禁止

著しい低い価格での買い叩きの禁止

ものや役務の利用強制の禁止

割引困難な支払手形交付の禁止

不当な経済上の利益提供禁止

不当なやり直し禁止

有料支給原材料の対価を支払期日より早く支払わせることを禁止などです。

くわしくは
http://www.jftc.go.jp/sitauke/oyakinsi.html

さまざまなご相談に応じます。
つちうら税理士法人  http://tsuchiuratax.jp

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む