税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

確定申告2

 もうすぐ確定申告

 またまたQ&A方式で書いてみます。

 Q 今年は赤字になったけど青色事業専従者給料は払ってる場合。

 A 青色事業専従者給料は届出を税務署に出すことにより、

 ○不動産所得(事業的規模 5棟10室以上 事業税もかかる)
   
 ○事業所得 ○山林所得

 を営む個人事業主の必要経費になります
 
 生計が一の配偶者や親族です。  不動産と事業どちらも従事している場合

 従時割合によりますが、明らかでないときは均等とされます。

 赤字ということは事業主が所得0なので

 青色事業専従者の配偶者控除の対象にすることができます。

 生計がひとつでない、親族に対する、給料、不動産家賃などは

 青色事業専従者としての届出がなくても経費性があれば必要経費になります。

 例えば不動産所得を持つ年金暮らしの親に給料年間無税で

 65万円なら給料として

 経費にできるわけです。(もちろん給料をもらうだけの労働が必要ですが)




 Q 個人事業主の費用の取り扱い

 自宅で事業を行っている場合

 自己所有の場合は、固定資産税、住宅ローンの利子、水道光熱費、通信費、

 車諸経費などは、事業分を按分して必要経費にします。

 貸家で事業を行っている場合は家賃のうち事業使用割合を按分します。

 事業主が社宅として第三者から家を借り入れた場合、第三者への支払いと従業員から

 の給与引き去り分との差額が経費になります。

 車関連などの経費も事業用に専ら使っていれば

 たまに土日に家庭用に使うというのなら 
 ほとんど経費として認められるでしょう。

 携帯電話 ガソリン代 旅費規程などに定めた旅費

 などもほとんど事業に使用したものは認められます。

 お昼ごはんはいくら仕事中でも無条件で経費にはなりません。

 従業員や得意先との打ち合わせ 出張旅費規程に含めた合理的な範囲

 などは経費になります。

 Q 遠く離れた老親を扶養にできるの?

 A 生計が一でなくても、合計所得が38万以下で生活費を出してあげているなら扶養になれます。

 Q FX取引は

 FX取引は、たいていFX会社と取引する店頭取引が多いようです。

 雑所得として取り扱い、損をしても、他の所得と損益通算できません。

 取引所取引の場合は申告分離課税で他の株式先物取引とは損益通算できます。
(確定申告により繰越損失も可能です)

 

 つちうら税理士法人  htp://tsuchiuratax.jp


 

 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む