税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

トーゴーサンピン

 もうすぐ1年も終わり

 個人の方のタックスプランニングも考えないといけない時期になってきました。

一番節税できないのがサラリーマン〔ノット リーマン)

トーゴーサンピン と俗に言われ
税務署による課税所得の捕捉率に関する業種間格差を指す言葉です。

10=サラリーマン
 5=自営業
 3=農林水産業
 1=ご存知政治家 政治資金などは非課税

クロヨン(9=サラリーマン 6=自営業 4=農家)とも呼ばれてます。
 
税務署もそれほど暇でないので、個人の調査は、資産税相続税がらみか大口〔売り上げが法人並み)のところにまでしか及ばないのが現状です。

100%ガラス張りできちんきちんと
源泉徴収されるサラリーマンに比べてかなり節税の余地があるといわれています。

これじゃあんまりだろってことで誰でも公平〔実は公平でないのですが)に負担する
消費税導入の言い訳にもされた用語です。

 個人の方も、もっと確定申告して無駄な税金を払わないようにするのが肝心

サラリーマン〔とくに源泉徴収)だとたくさんとられてても人間というのは手取りしか見ないため実感がわきません。
たくさんとられてても、年末調整ですずめの涙ほどの還付金で喜んだりするのが関の山
その所得が次の年に決定する住民税や国民健康保険のほうが負担増かもしれません。

 不動産所得 、事業所得などを副業でやることにより、赤字を計上
〔損益通産できるため)する節税が話題になってます。

   3年間の欠損の繰越、さまざまな特典があるため、事業開始届と青色申告開始の届出を出します。

 ただし、同族会社間の不動産賃貸〔社長の土地を会社に貸す)ようなもので赤字を作るのは通常は行為計算の否認にかかる可能性もあり難しいです。

 逆に給与所得以外の所得で副業があっても給与所得以外の所得が20万以下の雑所得は
確定申告不要とされています。

 また居住用住宅の譲渡損失は一定の元 損益通算 繰越控除の対象になります

 また税金というのは一応ダブルではとらないよという配慮があるため

会社の配当金を受けたら、もうすでに課税済の所得の分配のため配当控除という税金を安くする制度があります。

 配当所得については、以前は損益通算はできなかったのですが、
税制改正により来年から上場株式等の配当所得と上場株式等の譲渡所得の損失は、
損益通算&繰越損失できるようになりました。〔確定申告要件)

上場株式譲渡所得損失も確定申告を要件に3年間繰越できます。 

 再来年には確定申告不要の源泉徴収ありを選択している場合にも損益通算後で源泉徴収計算がされる予定です。

 また不幸にも持ってる上場株が清算結了などの適用になった場合、特定管理口座にあれば、株式等譲渡損失とみなすとされています。

 外国で税金を払われている方は外国税額控除という制度もあります。


 個人の方の節税として〔事業所得者対象です)

○小規模な事業主、会社役員の場合の退職金年金代わりに 小規模企業共済 
国がやってて全額所得控除

○社員なら月5000円からパートなら月一人2000円から加入可能な
中小企業退職金共済(退職金制度ありとなると求人にも有利?)

○国民年金基金 
○確定拠出年金〔個人型)
○ゴルフ会員権は一定の場合譲渡損失を損益通算できます。
○事業廃止または法人なりの場合は、事業税の見込み額を廃止年分の費用にできます。
○青色事業専従者の給与、ボーナスの変更は遅滞なく届出により行います。
○高額な建物などを購入した場合、消費税が課税事業者届出で
一定の要件の元多額還付がある可能性もあります。
○労働保険一人親方加入など

税金は知らないとなかなか節税できないもの
専門家にお気軽にご相談ください。



ワンストップサービス つちうら税理士法人

http://tsuchiuratax.jp/

11月7日〔金) 4時より土浦亀城プラザにてセミナー開催〔無料)します。

http://tsuchiuratax.jp/semina-.html

お気軽にご参加お待ちしてます。〔資料贈呈)

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む