税務署&労働基準監督署も怖くない!週末サプリメント

HP作ったものの

 HPについてのうんちくを書いてみました3連休@お家


 HPは作ったものの何の反応もない

  アクセス数が増えない

 どーも素人くさい

 業者お任せで作ったせいかきれいだけど人気がない

 検索サイト上位に行かない。

 まず最初に自分の業種がIT、HPに向いているか考えてみます。

 成功モデルでいくと、アマゾンやデル
 ヤフーオークション、楽天などがあげられます。

 ネットショップや仲介ビジネスはサイト構築とシステムがしっかりしていれば、

 ●無店舗で固定費がない、

 ●通常なら行かない出会えないお客様との出会いの場となる

 ●在庫がない

 ●決済システムがしっかりしてる(ここ大事)

 ●膨大な検索能力により顧客一人一人の注文にこたえる

 ●一番心配な信用度がないという点でいくと口コミ情報や
  消費者からのリコメンド(推薦)制度がネットの世界では有効

 ●オーダー→メード 注文してから作り出す 買うので無駄がない お客様仕様
  いらない機能のいっぱいついたパソコン すぐ重くなりますね
  昔 押し売りという言葉がありましたが、今は消費者が選びたい時代
  押し売りはかえって逆効果
  服選んでても かえってお店の人が来ると選びにくい時とかありませんか?

  消費者に選んでもらえる魅力のある商品を紹介できるかどうか
 
 ●店舗がある場合でも写真などでとりあえず引きになる。

 ●履歴、データベースなどによりネット特有の顧客情報が把握できる。

 こんな特徴がありますね。

 個人的に魅力的な仕掛けのあるHPを上げてみると

 ●まずインデックスがすべて ここがだめだったりフラッシュなどで重いと行きたく なくなる。
 人間も最初の出会いんも15秒でその人の印象をきめてしまうといいますがサイトも初 対面が命(初めの印象大事ですよ〜)

 ●内容が面白い (消費者が知りたい情報が明確にあること 値段、品質)

 ●何といってもグーグル、ヤフーの検索結果上位になること(消費者は検索サイトを使い目的の商品を探すため 2ページ目までしか見ない

 ●情報が有益でプロフィットがあること(要するにお客様がお気に入りに追加したくなるような内容

 ●ブログ、写真などのリンク

 実は税理士業界は、平成14年まで広告も禁止されていて、HPも最近なんですよね。

 たぶん一番HPなども遅れてる業界かもしれません。(汗)
 
 一度ついたら離れないという昔ながらの風習があるせいか
 (参入障壁、移動障壁の高い業界です)
 サービス業でなく先生業 となっている風もなきにしもあらず。

 平均年齢も60歳以上で、試験合格者は4割という特殊な業界なんです。

 アイテーでなくIT化を目指してGO!
 
 明日はSEOについて書いてみましょう



 つちうら税理士法人  http://tsuchiuratax.jp/



 
 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む