理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

◆◇◆ 『クジラの公式』なんじゃそりゃ? “no 比較級 than ” Part II ◆◇◆

カテゴリー: 2008年09月30日
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 第14回 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 皆さんお元気でしたか。Language School 〜航〜  代表の 中山 航 です。  

少し涼しくなってきましたが、体調には気をつけて勉強に励んで下さい!

◎ 先週の復習です。
  
★ The whale is no more a fish than a horse is.

  日本語で言えばどんな意味でしたっけ? 

  「クジラは馬と同様魚ではない。」とか

  「クジラが魚でないのは馬が魚ではないのと同様だ。」

  と言えました。

  では、この文はどうでしょう?

★ 1  A bat is no more a bird than a mouse (is).

★ 2  I can no more stop worrying about my kids than I can stop loving them.

★ 3  I have no more experience in teaching academic English than you (have).

------------------------------------------------------------------------------------------
(1)  no 比較級 = 差はゼロ『同じ・劣らず』

(2) more ( + ) を『ゼロ=否定する』ので ( ― /否定=『ない』)  
------------------------------------------------------------------------------------------

    ということでしたね。憶えていらっしゃいますか?

1  A bat is no more a bird than a mouse is.

   「コウモリは、ネズミと『同様』鳥では『ない』」

2  I can no more stop worrying about my kids than I can stop loving them.

   「私は、子ども達を愛することをやめられ『ない』のと『同様』子ども達の心配をするのをやめられ『ない』

   (どうしても、心配してしまうということですね。)」

    ※ than 以下に否定はないのに、愛することをやめられ『ない』とするのは、日本語の都合なので気にしなくて結構です。   

3  I have no more experience in teaching academic English than you (have).

  「僕は、君と『同様』、学術的な英語を教えた経験が『ない』んだ。」

  皆さんどうでしょう。意味が取れましたか?


それでは、仕上げに民主党、大統領候補、Barack Obama 氏の演説の一部を見て(できれば聞いて)みましょう。

I can no more disown him than I can disown the black community. 
I can no more disown him than I can my white grandmother −  
a woman who helped raise me, a woman who sacrificed again and again for me, 
a woman who loves me as much as she loves anything in this world, 
but a woman who once confessed her fear of black men who passed by her on the street, 
and who on more than one occasion has uttered racial or ethnic stereotypes that made me cringe.

him=Rev. Wright

オバマ氏の生い立ち、Wright氏との関係、 “Unity” (人種やその他多くの意味で)を唱えているということを
考えれば、この1節は当然のことかもしれません。

◎ ついでなので、もう一つ!

★  Even in today’s world, I think, politics is no less important than economics.

------------------------------------------------------------------------------------------------
 (1)  no 比較級 = 差はゼロ『同じ・劣らず』

 (2) less ( ― ) を『ゼロ=否定する』ので (+/肯定=『だ・である』=no more と反対です!)

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ということを考えれば、  

「今日の世界でさえも、僕が思うに、政治は経済『同様に』重要『だ』よ。」

ということになりますね。

◎ no more than 〜/no less than 〜

   次の文を読んでみて下さい。

★ My school is no more than three minutes from that large bookstore on foot.

   「僕の学校はあの大きな本屋から歩いて3分『しか』かから『ない』/3分『以内』だ。」

  ☆ no more than〜 = only/just〜 

  △ no more than 〜=〜と比べて(1)no 比較級=ぴったり同じで(2)no more= ―(マイナス)/否定なので

      『〜しかない,〜だけ』  ということになります。

   (皆さん想像して下さい。ポケットの中に100円玉ぴったり1枚入っていたらどう思いますか?
     きっと、これ『しかない』の?というでしょうね。)

-------------------------------------------------------------------------------------------
not more than 〜 は 『〜以上ではない』ということで『せいぜい/多くても〜』

という意味になります。no more than 〜=at most 〜 =せいぜい/多くても
-------------------------------------------------------------------------------------------

じゃあ、次はどうでしょう?

★ Who is going to pay no less than 600 dollars for a game machine like that?

「だれが、あんなゲーム機に600ドル『も』払うんだい?」

☆ no less than 〜 = as much as 量(不可算)/as many as 数(可算)

△ no less than 〜=〜と比べて(1)no 比較級=ぴったり同じで(2)no less= +(プラス)/肯定

  なので『〜も』ということになります。

  (皆さん想像して下さい。3歳児が500円玉持っていたら、500円『も』持っているの?と言うでしょうね。)

--------------------------------------------------------------------------------
not less than 〜 は 『〜以下ではない』ということで『少なくとも〜』

という意味になります。no less than 〜=at least 〜=少なくとも〜
--------------------------------------------------------------------------------

今回出てきた表現、例文はしっかり押さえてみて下さい!

★★★★★★★★★★★★★★★★★ お知らせ ★★★★★★★★★★★★★★★★★

Language School 〜航〜 の冬期講習(大学受験向け)の受付が10月1日から始まります!

 TOEIC (11月30日実施向け)の対策が10月4日から始まります! 

 どちらもホームページでチェックしてみて下さい! URL: http://www.lswataru.com

ぜひ当塾にて会いましょう!皆さんと会える日を楽しみにしています。

英語の学習全般についても相談を受け付けております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★  今週の単語 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  ◆ suppose『考える/思う/想定する』=sup(sub=下に)+pose(置く) 

                                              →問題、話題などを仮定、討論の下におく 

  ◆ impose 『を課す,押し付ける』=im(in/on=上に) +pose (置く)

                                              →ドンッ!と上からのっける感じ 

   ★ impose A on B = Aを Bに課す・押し付ける

  ◆ expose『〜をさらす』=ex (外に) + pose (置く)
           
                                             → 外に置いたら、雨風に『さらされ』ますね

   ★ expose A to B  = AをBにさらす

  ◆ dispose 『配置する・処理する』= dis (分けて・離れて)+pose (置く)

                                             → 分けて置くので整理する感じ

  ◆ compose『構成する・創作する』=com (一緒に) + pose (置く)

                                             →組み立てる感じ
-----------------------------------------------------------------------------------
おまけ

 depose 『退位させる』= de (分けて・下に) + pose (置く)→降下させる

 interpose 『仲裁に入る・口をはさむ』= inter (〜の間)+pose (置く)

                                             → 間に入れる

☆ それではまた次回合いましょう! 


このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む