理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

時制   Part II


カテゴリー: 2008年06月11日
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆  第11回 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

少し間を空けてしまいましたが、みなさんお元気だったでしょうか?

中山 航です。夏のBIG EVENTS URL:http://www.lswataru.com の準備やらなにやらで

忙しかったりもするのですが、皆さんもがんばっているように、私もがんばってこのメルマガを

続けて行こうと思います。つきましては、何か『知りたい!』とか『分からない』とか『やってほし

い』ということがありましたら、メール lsw@lswataru.com に書いて送っていたいただけると

助かります。正直、メール形式ですと、図があまり使えないので、自分のホームページとリンク

させる等,工夫をしていこうかなと考えています。

もちろん直接来校して講座をとって頂ければ、皆さんの望むものがもっともっと手に入ると

自負しております!

『みなさんに直接会える日を楽しみしております!』

☆I’m really looking forward to seeing you at Language School〜航 Wataru〜.

☆I always imagine teaching you not only English but something much important through English.

『僕は、英語だけでなく、英語を通してもっと重要なことを皆さんに教えている姿をいつも想像するんです。』

さりげなく復習。

★ look forward to Ving/imagine Ving  ★ 

僕は、実現したいことを『頭の中で生き生き』させていますよ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

問題です。次の(     )に当てはまる適切な選択肢を選んで下さい。

(1) Stephanie will call on me as soon as she (        ) to Japan.

  1 will return    2 returns     3 returned        4 will have return
 
(2) Please lock the door when you (         ).

  1 will leave     2 leaves      3 will have left  4 leave

(3) I wonder when Richard (          ) next time.

  1 will come      2 comes       3 will have come  4 come 

★★★★★★★★★★★★★  解答&解説 ★★★★★★★★★★★★★★
◎ 解答
(1)2 (2)4 (3)1

◎ 解説

これは、もう典型的な、<副詞節>(1),(2)と(名詞節)(3)を区別し

<時・条件を表す副詞節>ならば、『未来のことでも現在時制にする』ことに注意するんでしたよね。

まぁ言い換えると、

<when/as soon as/by the time/till/until/if +文(節)>のとき、その文の V に“will” をつけない。  

ということらしいのですが、★☆ どうも腑に落ちない ☆★ことがあります。これは後述しましょう。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎ 分からないところがあると困るので順番に説明しましょう。

☆まず、<副詞>は大丈夫ですか?

<副詞>とは本来、英語で“adverb”= “verb”『動詞』に“ad”『付ける』

ですから(1)の文

(1)She will call on me <as soon as she (        ) to Japan>.

では、<as soon as 〜>=<〜するとすぐに>が “will call” の説明<副詞>になっているのはOKですか?

<いつ> 私を訪ねる(will call on me=“on 人”『人に接触して』+“call”(呼ぶ))のか、
と言われれば、<彼女が日本に戻ってきてすぐ>ということになりますね。

『Vと時間はくっついている』(will call=未来)ので、時間の説明とはすなわちVの説明になります。
ですから<副詞>ということです。

<副詞+文=節>ということが分かれば、その中の動詞(V)は『未来のこと(will call)』でも
『現在時制』つまり2 returns が正解!

(1)Stephanie will call on me <as soon as she returns to Japan>.
   『ステファニーは、日本に戻ってきたらすぐに僕のところを訪ねてくるよ』
      

(2) Please lock the door when you (         ).

<いつ>鍵をかけるのかと言えば、<出るとき>にですので、<when + 文>が<副詞>なのはOKですか?
『命令文』も『未来』ですから、<副詞節>の中の動詞(V)は『未来のこと(Please lock)』でも
『現在時制』つまり4 leave が正解!(you が主語なのでleaves はだめですよ)

(2)Please lock the door <when you leave>. 『<出るとき>ドアの鍵締めて下さいね』
   --註---------------------------------------------------------------------------------
   命令文だって『未来』『不確定』なのですよ。

   だから、

   ☆ Ring me up  <as soon as possible>. 『出来る限りすぐに(これから)僕に電話かけてね』

   時間・人称に関係なくRing はV(原形)なのですから、これも言ってみれば『不定詞』なのです。

   ★  命令文も未来の表現の一つ  ★

   押さえておきましょう!
   --------------------------------------------------------------------------------------

入試などで正解を得たいだけの人はまぁこれでも問題にはならないと思います。

でも
第5回のメルマガでこう書いたのを憶えていますか?

    --------------------------- ☆ 不確定を表すV(原形) = 原形不定詞 ☆---------------------------------
     ◎助動詞の後ろも『動詞は原形』 = 『原形不定詞(“to”のない “V(原形)”)』

     『助動詞』 (will, would, can, could, may, might, shall, should, must) だってみんな

     『未来・不確定(推量・推定系)』
 
      を表すのだからその後ろにくる動詞は ★ V(原形) ★になるんです。

     えっ!?『助動詞』がみんな『未来』という意味が分からない? それは、皆さん中学生のときに

     “will”が『未来』、“will”が『未来』って言われすぎたのではないですか?

     みなさん、こういわれたらどう思いますか?

    『ここに温泉のチケットが3枚あるから、友達と一緒に★ 2週間前に★ 
         行ってきてもいいよ(may)、行けるだろ(can)、行かなければ!(must)』

     おかしいですよね。そう助動詞はみんな『未来』『不確定』を表します
       ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

みなさん、納得したはずです。『助動詞全般=未来・不確定』ということを

そうすると疑問がわきませんか?

★ Bring that rock here <if you can lift it>. 『<持ち上げられたら>あの石こっちに持ってきて』

<if  +文>の中に『未来を表す “can” (可能性・能力) 』がありますよ! 

『まだ持ち上げていない石をこれから持ち上げられたら(未来)持ってきて』。と言っていますよ。

ということは、
漠然と『未来』がいけないのではなく、“will”がいけない理由があるのではないでしょうか?

☆ will は本来『意志』を表す、非常に強い『力』のある言葉のはずです。

たしかに 
★I will be twenty years old next year. 『俺来年20歳になる』

これに『意志』は感じられません。『単純な未来』でしょう。それはそうです。
現代人にとって未来はそれほど遠いものではないでしょう。

しかし、これが中世の騎士・兵士だとしたらどうでしょう。若くして命を落とすもの達に
とって、『来年は20歳になるゾッ!』というのは、非常に強い表現なのではないでしょうか?

逆に言えば、現代人の意志の弱さ、来年も生きていられるという、おごりなのかもしれません。

でも現在だって、

★ I’ll do it. 『俺やるゼッ!』       と『強い意志』が感じられるはずです。
(残念ながら、『意志』は長続きしないので “will”は『予定』では使いませんが…..

              →3日坊主の人に言えることがあるとすれば、

                        『少なくとも3日に一度 “will”すれば大丈夫ですよ!』ということです。』)

◎ですから

(1)Stephanie will call on me <as soon as she * will return to Japan>.

この文で“will”を入れれば、
『<日本に帰ってくる*ゾッ!てなったらすぐに>ステプァニーが訪ねてくるよ!』
となって非常に変?!?ですよね。

★ 戻ってくるのが1『確定したら』→2僕を訪ねてくる(これから=未来)★

戻ってくるのが大前提(先に行われる)で『確定事項』ということで『現在形=returns』
を使うとも言えるはずです。

(2)Please lock the door <when you * will leave>.『<出る*ゾッ!てときに>ドアの鍵締めて下さいね』

おかしいでしょう。玄関を出ると『確定=leave』したら鍵を閉めるのですね。

◎では<if + 節>の中に“will”を入れないのか?と言われれば、入れる文例はあるんです! 

----------------  ☆ <if S will V(原形)> ☆  -------------------

1まさに『意志』

<If you will come to the party>, please call me. 『<もし君がパーティーに来るつもりなら>電話してね』

これは、先の例文とは違って、1 つもりなら →2電話をかけて→3パーティーに来る
という流れなので、『パーティーに来る』のが大前提『確定』ではないことに気づきませんか!

2 『未来=意志・意図』を表すbe going to VだってOKです!

Acknowledge the truth <if you are going be a winner>. 『<もし勝利者になるつもりなら>この事実を認めなさい

これも、1=つもりなら→2=認めなさい→3=勝利者になる
という流れなので『勝利者になる』のが大前提『確定』で 認めろ!と言っているのではないのです。

3最後に

If you will learn English, go to Language  School 〜Wataru〜! URL:htttp://www.lswataru.com 

『もし英語を身につけるつもり(will) なら、Language School 〜航〜に行こう!』

1 つもり(意志)がある人は→2Language School 〜航〜に来て→3英語を身につけるのです!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

少し、混乱しながらも色々なことを確認して行くから、基礎(底力・土台)は身に付くんでしょうね。
無理して詰め込まなくても良いんですよ。

ただ、言語を身につけるなら、『音の力』ははずせませんね。よく吸収できますよ。

(今は説明しませんが….すいません)

ということで、そのような講座も夏のBIG EVENTS (夏期講習)では用意していますよ!

一緒に英語をよく聞いて、よく言って、よく読んでみませんか?

URL:http://www.lswataru.com 

ご覧下さい!   早割がっ!……………………………

 遠方の人 テキスト送りますよ。お問い合わせ下さい。

★★★★★★★★★★★★★ 次回予告 ★★★★★★★★★★★★★★★★★

来週は少し復習テストと(ブー・ブーと言わないでね。試される時は必要ですよ)

接頭辞・接尾辞・語幹を通して またボキャビルしましょう!

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング