理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

英単塾語を憶えるうえで邪魔する?記憶のメカニズム → 解決策は何かないの?


カテゴリー: 2008年04月14日
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 第3回 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

英単塾語を憶えるうえで邪魔する?記憶のメカニズム ⇒ 解決策は何かないの?

◎皆さんにはありませんか?

学習過程で

(1) 前に憶えたことが邪魔をして新しいことが憶えられないこと
あるいは
(2) 新しく憶えたことが前に憶えたことを忘れさせたり、そこまでいかなくても混乱する
 こと(もしかしたら混乱する方が嫌かもしれませんね)

という2つの忌まわしき出来事に遭遇する機会がありませんでしたか?


(1) のようなことを英語で “proactive inhibition [interference]” =順向抑制 [干渉]    

(2) のようなことを英語で “retroactive inhibition [interference]” =逆行抑制 [干渉]        

(さりげなくボキャビルです。ちなみにこのことに触れた文章が以前上智大学で出題され
たことがありました)


◎私(このメルマガの作者)にとっての

(1) の例は、英単語/熟語でいえば、“be indifferent to ~”=「〜に無関心だ」という
表現です。(前に憶えた“different”が邪魔してきました)

(2) の例は “distract”/“distraction”=「気を散らす」/「気を散らすこと」です。
             (あれ、前に憶えた「壊す」/「破壊」のスペルってなんでしたっけ?

                           答え= “destroy” / “destruction”)

◎解決策
繰り返し、繰り返し、繰り返し書いたり、言ったり、聴いたり、読んだり。
                                                                            
が、うまくいかない!とお悩みのあなたに★解決方法★を示します。
                   
                                                                            
 ★ 接頭辞、接尾辞、語幹を有効活用する

まず(2)から確認していきましょう。

☆“distract”の “dis”は『分離→分散→否定』を表す接頭辞で、『向こうに引っ張っ
て、バラバラにする』イメージです。 “tract”は『引っ張る、引き寄せる』です。

したがって、 
“distract”は『気持ちが向こうに引っ張られる→気をそらす、気を散らす』という
意味になります。

 ☆“distraction” は “distract”+ “ion”で “ion”は『名詞』を表す接尾辞です。
  したがって、『気をそらす・散らすこと』ですね。

一方、
☆ “destroy”は “de”が『分けて、下に』を表す接頭辞で、 “stroy=structure”
が『建物・建てる』を表します。したがって  “destroy”は『建物を下に引っ張って、
取り壊す』と言う意味になりますね。

☆ “destruction”は “destruct(ure)→ distroy(壊す)” + “ion (名詞)” で『壊すこと
 =破壊』になりますね。
   
(ちなみに “destruct”という動詞/名詞は “destroy” に似ていますが『ミサイル・
ロケットなどを自動的に破壊する』とか『自爆する』という狭い意味で使います)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

語彙を増やそう!ボキャビルです!(vocabulary building)

☆☆☆☆☆☆☆☆◎接頭辞 “de”(分ける、下に)を含む他の単語の例☆☆☆☆☆☆☆☆

☆“decrease” 『減少する』 = “de” (下に)+ “crease” (増える、伸びる) 

                                →成長が下がる
 

   ←→“increase ”『増える』= “in” (中に、上に)+ “crease”→伸びる、増える 

☆“descend”『下る、降りる』= “de” (下に)+ “scend” (登る) →下る、降りる

   ←→ “ascend”『登る、上がる』= “a”(〜へ)+ “scend”→登る
 

☆“decline”  『(丁重に)断る、拒否する』= “de”(分ける)+ “cline”(曲げる)
                                                
                       →脇へ曲げる、 主題から離れる→『相手から離れようとする』感じです。

   ←→“incline”『傾ける、したい気持ちにさせる』= “in”(〜の方へ)+ “cline”
                                    (曲げる)
    
                “be inclined to V(原形)” = 『Vする傾向がある』

                   ←to V(原形)は『未来志向!』でしたね   

☆☆☆☆☆☆☆◎接頭辞 “dis”(分離、分散、否定)を含む他の単語の例☆☆☆☆☆☆ ☆

☆ “disable” 『出来なくさせる』= “dis”(否定)+ “able”(できる)

           ←→“enable O to V(原形)” =『 OがVするのを可能とする』

☆“disadvantage” 『不利 (な立場、状態、条件)』

                = “dis” (否定)+ “advantage”(有利、強み) 

☆“disagree”  『意見が合わない、反対する』
                = “dis” (否定)+ “agree” (賛成する、同意する)

☆“disappear”      『消える、消滅する』= “dis” (否定)+ “appear”(見えてくる) 

☆“disapprove”   『不賛成である、~を非とする』
                   = “dis”(否定)+ “approve” (認める)
  
こうしてみてくると “dis”はただ単に『否定』でいいじゃん!と言われそうですが、

1)  できれば、『分離、バラバラ』という感覚があった方がよい例と  

2) 『分離、バラバラ』と考えなければならない例をあげてみます。

----------------------1) 『分離、バラバラ』感があった方がよい例-------------------------

☆"disclose”   『暴く、暴露する』 “close” (閉じているもの)をただ単に『否定』する
(開ける)より、『バラバラにする』とした方が、『暴露する』感じがしませんか?

☆"discover"   『発見する』  "cover"(覆われているもの)をただ単に『否定』する
(開ける)より、『バラバラにする』とした方が、『発見する』感じがしませんか?

----------------------2) 『分離、バラバラ』感がないといけない例-------------------------

 
☆“discuss"   『議論する、話し合う』= "cuss” (言葉)を “dis”(分ける) のが
 『話し合い』です。

☆“disperse” 『四方にまき散らす』=“dis”(バラバラ)に “perse”(まき散らす) 

                        ←『まき散らさない』ではないですよ。

☆“distribute” 『分配する、割り当てる』 
             =“dis” (分けて、バラバラに) “tribute” (与える、贈る)

                       ← 『与えない、贈らない』ではないですよ。


◎ちなみに、今挙げた単語の名詞形は
“disability” “disadvantage” “disagreement” “disappearance” “disclosure”
 “discovery”“discussion” “dispersion” “distribution” となります。

このような「動詞の名詞形」がなぜ存在するのか、それをどう利用するのかのお話は
いずれすることにしましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

次に(1) “proactive inhibition [interference]” =順向抑制 [干渉]についてです。

“be indifferent to ~” 『〜に無関心である』 

接頭辞を用いて 1) 感覚的な説明 2) より正確な説明をしてみましょう。

-----------------------------1) 感覚的な説明(感性)----------------------------------------

皆さんは、洋服を買った後で、誰かに言われた時はありませんか? 「また同じの買っ
て!」というふうに。確かに人の好みというのはあるもので、他人から見たら、「同じ
ように見えるかもしれない」けど、僕は(私は)違うものを買ったんだ!」と思いませ
んか?

☆そう、『関心がない』人は『違い』 “different/difference” が分から『ない』 
“dis”のです!

-----------------------------2)より正確な説明(理性)--------------------------------------

実は “different” の “dif”は発声の都合上、 “dis”(分ける→向こうに)が変化した
ものです。 “fer”が『運ぶ』という意味です。ですから、 “different”は『向こう
に運ぶ』に由来します。『違うもの、異なるもの』を『向こうに運ぶのです』

となれば、 
☆“be indifferent to 〜” は『〜に向かって』(気持ちを)『運ば “fer” ない “in”
(否定の接頭辞)→『〜に無関心である』と言う意味になります。

◎ ちなみに “よく大学入試でも、TOEFLでもTOEICでも、設問によく出てくる
 “infer”という単語は “in” (ここでは、頭の中で) “fer” (ことを運ぶ) 
 →『推測する』という意味です。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------

いかがでしたか?御分かり頂けたでしょうか? 
単語を暗記する時に、闇雲に書きまくったりしなくても、理解できるから記憶できる
ことも多々あるんですよ。詰め込もうとすると、記憶の邪魔をしようとするメカニズム
が、働いてしまうことがあるのです。理性と感性をもっとフル活用しましょう!

                 

         ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★

このメルマガの作者が代表をしている Language School〜航〜のホーム
ページの『問い合わせ』から英語/受験に関わる質問が出来るようになっています。また
、直接来航(来校)されてもかまいませんし、メールでもどうぞ!

URL:http//www.lswatru.com 
  

Email : lsw@lswataru.com


もっと詳しく知りたい!とか、長文の授業が受けてみたい!TOEIC,TOEFLは?
という人は新学期が始まりますのでぜひ御問い合わせ下さい。

         ★★★★★★★★次回予告★★★★★★★★

今度は、接頭辞、語幹の応用編です。同じ “tribute”を含んでいるのに、
『“contribute”, “distribute”, “attribute” なぜ意味が違うんだ〜!』と御悩み
の方、必見です! 今回と合わせれば、ばっちり理解できます。

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング