理性と感性をフル活用!ちょっと面白い英語の捉え方

不定詞と動名詞の違いPart II

カテゴリー: 2008年04月07日
前回に引き続いて不定詞と動名詞の違いを動詞との組み合わせという観点から見てみましょう。

まず

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇ 不定詞/to V(原形)=未来志向・不確定事項  ◇ 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇      を表すのでしたね。


◎まず分かりやすい例は、
----------------------------------------------------
「願望」系 → want/hope/wish to V(原)       
---------------------------------------------------- 
☆まだやっていないV(未来)に向かおう!と「望んでいる」ですね


◎次に
-------------------------------------------------------------------------------------
「決定」系 → make up one’s mind /decide/determine to V(原)
-------------------------------------------------------------------------------------
☆これからやるV(未来)を「決めて」向かおうとしていますね!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆ 動名詞/Ving =生き生き・ぐるぐる感  ◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


---------------------------------------------------------------
 consider Ving     Vすることをよく考える
---------------------------------------------------------------
☆“consider”は「よーく考える」という意味です。「決める」時にはある行為/V(原)
に向かっていく感じがしましたが、よーく考え悩んでいるときに向かっていけますか?
頭の中で悩みが「ぐるぐる」回っていて、前に進めない気がしませんか?


------------------------------------------------
 enjoy Ving           Vして楽しむ
------------------------------------------------
これからやろうとすること/to V(原形)を楽しむのではなく、
☆既にやっていること/Vingを生き生き楽しんでいるんですね。


----------------------------------------------------
 finish Ving         Vするのを終える
----------------------------------------------------
☆すでに生き生きやっていることしか終えることはできません。


--------------------------------------------------------------
 stop/give up/quit Ving      Vするのをやめる
--------------------------------------------------------------
☆既に生き生き/ぐるぐるやっていること(Ving)をやめるということです。



◎復習+応用です
--------------------------------------------------------------------
 look forward to Ving    Vするのを楽しみに待つ
--------------------------------------------------------------------
☆ “look forward”=「前を見る→前向き→楽しみにする/期待して待つ」でしたね。
“to”がつくのは「どちらをみるか」、そしてVingなのは、次の例文を見て下さい。

 I’m really looking forward to seeing Richard at my birthday.
「私、本当に、誕生日にリチャードに会うの楽しみにしているの」

☆「誕生日にリチャードに会っている姿」を「生き生きとした映像」=Vingとして浮か
べていることに気づきませんか?


--------------------------------------------------------------------
 with a view to Ving     Vするために/目的で
--------------------------------------------------------------------
☆view は「視野→展望→目的」“with a view” は 「展望/目的」を持って 
“to” は「どちらを向いているか」、Ving は先ほどと同じように「生き生き」
とVするという「映像」を頭に浮かべているのですね

 Stephanie paid frequent visits to the area and conduced market research <with 
 a view to setting up her own store>.

「ステファニーは<自分の店を出すために>その地域を頻繁に訪れ市場調査をした」

☆「ステファニーは自分がお店を出す姿」を「生き生きとした映像」=Vingとして浮か
べているんですね。ですから動詞との組み合わせだけでなく他の品詞(ここでは 
“view” =名詞)と組み合わせた表現でも「動名詞/Ving =生き生き/ぐるぐる感」と
いう発想は応用できます。

 

◎さらに応用

こうして見てくるときっと気づくはずです。ある動詞が “to V(原形)”か “Ving”か,
どちらを目的語に取るのかという違いが分かってくると、実は、その「ある動詞」の性
質, 意味がだんだん見えてくるのです。



◎同じ否定するという動詞でも

☆“refuse” は to V(原形)を目的語に取るので、
「これからVすること/まだやっていない動作(V)を否定する」ということになります。

つまり、
--------------------------------------------------------------------------
 refuse to V(原形)   Vするのを拒否する
--------------------------------------------------------------------------

と言う意味になります。

一方
☆“deny”はVingを目的語に取るので、
「頭の中で生き生き/ぐるぐるしていることを否定する」ということになります。
---------------------------------------------------------------------------
 deny Ving    Vする/している/Vしたのを否定する
---------------------------------------------------------------------------

 Stephanie denied having an affair with another man.
「ステファニーは別の男との浮気を(浮気した・浮気している)否定した」


◎最後にもう一つ

同じ「期待する」でも
“expect” は to V(原形) を取り、 “anticipate”はVing を取ります。

“COBUILD”英英辞典によれば、

 If you expect something to happen, you believe that it will happen.

 If you anticipate an event, you realize in advance that it may happen 
 and you are prepared for it.

☆この二つを比べてみると分かるのは、 

“expect”がただ「何か起こるのでは?と思っている」のに対し、 

“anticipate”は「前もって起こるかもしれないとリアルに思い、準備しておく」
とあるように “anticipate”の方がより「生き生き」とその起こりうる出来事を
頭に描いていることが分かります。

とこのように、 “to V(原形)” を目的語にとるのか、 “Ving”をとるのか違いを
しっかり分かっていくことで、その動詞の性質、性格まで分かるということが分かっ
て頂けましたか?


       ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

このメルマガの作者が代表をしている Language School〜航〜では
新学期開講に先駆けて体験授業を行います。もっと詳しく知りたい!とか、長文の
授業が受けてみたい!TOEIC,TOEFLは?という人はぜひ、ご参加下さい。

URL:http://www.lswataru.com 

をご覧下さい

          ★★★★★次回予告★★★★★

ちなみに
 
“anticipate” の “anti” は『反対→向こう→先に』 “cipate” は  『とる』
ということで合わせて、「先取りする→予期する」、

“expect” の  “ex” は『外を』 “pect” は『見る』ということで合わせて、
『外を見る→予期する』

となるので二つの違いがみえませんか?

ということで、次回は「接頭辞」の話と記憶のメカニズムの話を合わせながら薦めてい
こうと思います。

 

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む