ウォールストリートジャーナルから見た起業のヒント

【1275号】基幹ブランドのバドライトが売れないABインベブ、その打開策とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ウォールストリートジャーナルから見た起業のヒント
          ~ビジネスアイデアと英語力の習得~
              2019/3/23 Vol.1275
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※今回から全面的に”おもしろい版”でお送りします。
◎本日のニュース

1)見出し 
Budweiser Brewer Pushes Alternative Drinks as Bud Falls Flat
【出典】
https://on.wsj.com/2NSrtlR

2)ビジネスのヒント
消費者のナショナルブランドのビール離れに直面する
アンハイザー・ブッシュ・インベブ社。直近業績では、
変化も表れています。

【ABインベブ社の直近四半期業績】
1.売上は2.4%減の142.5億ドル
2.純利益は、前年同時期30.4億ドルから4億5700万ドルに急減
3.オーガニック売上数量は0.3%増

第四四半期実績なので、年間の業績になります。一言で言えば、
下げ止まりの予兆ありになります。

2だけ見れば、安売りをしたのかと思われますが、
これは一時的な商品のためとされています。恐らく、
利益率の高いオリンピック限定品が今年は無かったからでしょう。

そのような中、3の数量増は、ABインベブの業績好転の兆しになります。

【ABインベブ社の北米・全米市場】
1.北米市場では、数量は0.4%減
2.米国市場でのシェアは0.2ポイント減

こちらも減ばかり。しかし、1の販売数量は前年が1.2%減だったことを考えると、
減少率は低下しています。2の市場シェアのマイナスポイントも、
2012年以来最小幅となっています。

最大市場である北米・全米市場で苦戦するのは、
消費者のナショナルブランドのビール離れが続くから。一方で、
クラフトビール・メキシコからの輸入酒・ワイン・スピリッツへのシフトが続きます。
この消費者ニーズの変化への対応が、少しずつですがうまくいっていることを示しています。

【ABインベブ社の対策】
1.既存ブランドの高価格バージョン・限定品・フレーバー品の投入
2.缶入りカクテル・高級スピリッツなど、ビール以外への分散

1について、例えば、健康志向の高い消費者向けのライトビール
「マイケルロブ・ウルトラ」では、オーガニック版の投入を予定しています。
このマイケルロブ・ウルトラは、価格が比較的高い割に、
販売数量では全米シェア約10%を獲得し、バドワイザーの約13%に肉薄しています。
ちなみに、ABインベブ社の基幹商品・バドライトは約35%あります。

2のビール以外のアルコール飲料への分散では、
特に低カロリー・低アルコール商品の売れ行きが好調のようです。
今後、「ABインベブ=ビール会社」という認識を捨てた方がよくなるでしょうね。

【課題】
1.高価格品の競争激化
2.新興国の景気低迷による売上減
3.既存ブランドのブランド力毀損による特別損失の恐れ

業績の下げ止まりの予兆の見えるABインベブ社ですが、課題もあります。

1について、マイケルロブ・ウルトラの成功により、
競合他社も高価格帯ブランドを投入しています。
例えば、モルソン・クアーズ社は、マイケルロブ・ウルトラの競合品として
アーチャー・ゴールドという低カロリー・低炭酸のビールを発売しました。

2の新興国問題は、通貨安による消費の減少が要因。通貨安・ドル高は、
ドル換算の売上減にもつながります。

3について、既存ブランドのブランド力低下が懸念されるのは、
消費者に大手ブランドが飽きられているから。これは、ビールだけに
限ったことではなく、食品・飲料業界で起こっています。
クラフト・ハインツ社が、一部ブランド価値の低下により
多額の特別損失を計上したことが、ABインベブ社への懸念にもなっているようです。
クラフト・ハインツ社のオーナー企業がABインベブ社の株主であることも、
今後の特別損失を連想させます。

このような課題に対して、次のような対策を立てています。

【課題への対策】
1.新興市場向けの低価格ブランドの発売
2.既存ブランドの新市場への投入

2について、マイケルロブ・ウルトラを英国市場に投入する予定があるようです。

【注目点】
1.大手メーカーでも、多品種少量生産を余儀なくされる。
2.成熟市場では、低価格品よりもヘルシー品。

1の背景には、消費の多様化があります。製造コストが掛かりますが、
それを何とか製品価格に反映させる工夫が求められます。

2について、先進国などの成熟市場では、今後の大幅な人口増が見込めない以上、
低価格品で売上を伸ばすことは大変難しい。そこで、消費者ニーズに合致した商品、
例えばヘルシー商品の投入が、売上を伸ばすオーソドックスな方法となります。

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1.ABインベブ社の業績が下げ止まる予兆の要因は、
既存ブランドの高価格版・限定品・フレーバー品を
投入しているからである。

2.また、ビール以外の缶入りカクテル・高級スピリッツなど、
商品を分散している効果もある。

3.一方で、ABインベブ社が成功した高価格ビールでは、
競争激化という課題がある。また、新興国の景気低迷も
大きな打撃。さらに、消費者の大手ブランド離れによる
既存ブランドの特別損失の恐れも、懸念される。

4.消費の多様化により、大手メーカーでも
多品種少量生産に対応せざるを得ない。

5.成熟市場で収益を拡大するのは、
低価格品ではなくヘルシー品である。
*************************	

7)おすすめ商品・サービス 
◎最近見つけた気になるもの
最近、毎食後薬を飲んでいるので、夜の晩酌をやめています。
ご飯が美味しいですよ。

編集後記
微熱がまだ続きますが、体調はだいぶ良くなりました。
声も少しずつですが、出るようになりました。
健康よ、早く戻ってこいよ。


高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ http://ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ http://gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.ryotarotakao.com/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------
■編集・発行:高尾亮太朗 http://wsj.ryotarotakao.com/
■ご意見・ご感想・お問合わせはお気軽に!→ tryotaro1975@aol.com
■公式サイト: http://ryotarotakao.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



ついでに読みたい

ウォールストリートジャーナルから見た起業のヒント

発行周期:  火曜・土曜 最新号:  2019/03/23 部数:  586部

他のメルマガを読む