MR.乱反射

湯沢町長さん、「苗場リゾート中古マンション20万円」、

カテゴリー: 2008年06月14日


     ★★★我が「独りよがり」演説(「言わずに死ねず」)★★★
    (第11号)
   
   2008・6・14

     ★★ 湯沢町長さん、「苗場リゾート中古マンション20万円」
           買ってみようかな? ★★

     ★	何故、この話題に触れてみたくなったかと言うと、6月7日の
      朝日新聞夕刊(関東)が「バブル遺産で団塊ライフ」なる見出しで
      はじまる記事を掲載したからである。

      この記事で紹介された早稲田大学教授は今後のライフスタイルを
     「2地域居住」型に決めたのだそうである。

      記事の副見出しは更に刺激的!「リゾートマンション価格
     10分の1」。これで決まりである。

     ★ 何と、この先生、関越道「湯沢インター」から5kmほど
     のところ(中里)に立っている中古の高層マンションの部屋2Kを
     290万円で購入したと言う。92年完成と言うから、築16年物
     である。まさに、当時は不動産バブル崩壊が始まったころであろう。

     これは安い!ご本人が痛く気に入っているようである。温泉大浴場
     スポーツジム、プール完備。東京なら何千万?夏は山菜、冬はスキー
     と自然満喫。普段は都会で過ごし、週末はリゾート生活。

     羨ましい限りである。

     ★一方、この私は1980年代後半のバブル経済に「煽られ」
     投資のつもりで買ったワンルームマンションが未だに「家庭経済」
     の「重石」になっている。

     買値の4分の1位にまで暴落、売るに売れずにいる。経済力が
     あれば、ローンを返済して売るのだが、売却代金とローン残高の差
     が開き過ぎており、そう簡単にはいかない。

     ローン完済には後5年くらい掛かる。もうしばらく、「忍耐」を
     続けざるをえない。

     当時の日銀、大蔵省、そして政治家、マスコミを罵倒し呪った
     ところで、今流行の「自己責任」、「リスク管理能力」などと
     言われれば、「沈黙」あるのみである。

     ★ ところが、3年ほど前に偶然に知った「安売り物件」サイトに 
     嵌まってしまった。関東地方だけではなく、日本中の「安い」土地
     や一戸建て、中古マンション情報を「サーフィン」しまくった。

     それでも、やはり、100万円を切るような物件はそう多くはない。
     ところが、新潟県湯沢町苗場の「西武リゾートマンション」群の中に
     バブル時の価格の10分の1にまで値下がりした中古マンションが
     ごろごろしているのを知った。

     これが上に紹介した同じ湯沢町なのだが、早稲田の先生が購入した
     地区からさらに20kmくらい山に入る苗場であるところが微妙な
     のである。

     ★ 苗場と言えば、日本有数のスキーのメッカ。最高級のホテル
     「苗場西武プリンスホテル」がスキー場の直ぐ側にその威容を
      誇っている。

     場所は新幹線「越後湯沢」駅から車で30分位のところ。バスも
     出ている。関越自動車道「月夜野インター」や「水上インター」
     からも行けるが、三国峠は名だたるジグザグ道路で疲れる。

     そうなのである。3年前、行って見たのである。日本のスキーの
     メッカ「苗場スキー場」のあるその地に。車で。それも夏場である。
     素晴らしい濃い緑。薫風かおる山々(夏でも薫風?)。

     とに角、この自然の雄大さと青い空。もう、買うことを決めてしまう
     ほどの途中の自然の風景。

     もちろん、こんな素晴らしい自然風景を期待して行った訳ではない
     のである。何故か?それは27m2くらいのワンルーム(5階建て
     マンション)が20万円くらいの価格で売りに出されていたから
     なのである。何と言っても安い。築30年前後。さぞかし
    「ぼろぼろ」?いや、驚いた。

     ★ 関東にある築25年のわが「重し」マンションとは天と地の差。
     施工主が「西武」と言うだけのことはあって、コンクリートの厚い
     ことあついこと。都心の「合板」?造りのようなマンションとは
     訳が違う。飛び上がって床にドンと着地しようが、下の階に響く
     ようなちゃちな造りとは訳が違う。

     ★ すっかり気に入り、帰宅。女房殿に言った。「別荘持てるぞ」。
     敵はまったく冷静。「確かに20万円は安いわ。でも、管理費は?
     固定資産税は?電気代は?そして、今抱えているあのぼろマンション
     で損しているのに、そんな余裕ないでしょう」。

     しばし、呆然。言われてみるまで、まったくその計算をして
     見なかった。繰り出されるパンチはこれでは終わらなかった。
    「第一、毎回の交通費どうするの?」。

     ★ 我が家から関越道で行けば往復1万円は軽く越すなー
    (3年前ですぞ。レギュラーガソリンが110円?)(この辺りで
     裕福な皆さんは、筆者の経済レベルを想像出来るはず。貧乏だなー。
     そうなのです。どん底なのです。これもすべてあのバブル経済の
     せい。地獄の橋本首相、三重野日銀総裁・・・、聞いてますか!)

     ★ 「月に1回行く位なら、ホテルに泊まったほうが安いでしょう。
     それに、あなたが死ぬ前に建て替え時期が来るでしょう。
     どうするの。資金ある?」

    「んー」と唸るだけ。

     ★ と言う訳で、3年前は諦めた。女房殿の理路整然とした「口激」に
     勝てなかったのか、20万と言うお金の重さに「潰された」のか。

     確かに、コスト計算すると「別荘」を持てる人の経済力は半端では
     ない。私が「別荘」などと口にすること自体がお笑いなのであろう。

     しかし、粘着質な性格が「苗場リゾート不動産情報」から「心」を
     解き放してはくれなかった。そんな時の朝日新聞の記事である。

     ★ 湯沢町も「町の活性化」のため、全国の地方都市が実施している
    「田舎暮らし体験ツアー」を重視しているとこの記事には書いて
     あった。

     「団塊世代」の大量退職者に「田舎」と都会の「2地域居住」が、
     どの程度受け入れられるかは、素人なので予測は出来ない。

     ただ、バランスある日本の国創りには「東京一極集中」は危険である。
     関東大震災を考えると、肝を冷やす。日本経済の破綻、世界経済の
     混乱、と良いことは一つもない。

     ★昨日も「岩手・宮城内陸地震」があったばかり。実家は何とも
     なかったが、必ずやって来る「東海」、「関東」大地震、大都会に
     住み人々には、「苗場」とは言わないが、是非「田舎」暮らしを
     考えてみてはと、提言してみたくなる。

     勿論、わが女房殿のような「コスト計算」をしてのことであるが。

     ★★
    追伸:実はいろいろアイディアを練っており(女房殿が言うには
         「具にも付かない」レベルらしいのだが)、このような
         「バブル崩壊格安不動産の有効利用ビジネスモデル」を世に
          問うことが出来る日を夢見ているのである。

         出し惜しみするほどのものでもないのだが、次回に譲ることに
         したい。きっと、皆さんの「激怒」を呼ぶに決まっている
        「大間抜け」なビジネスアイディアであることは、本人の
         この私が「請合う」くらいであるのだから。

     ★ご参考まで、格安リゾート物件サイトを「落として」おきます。

       別に「提携」している訳ではありませんので、ご自身でご判断
       下さい。

     今回の朝日新聞の記事に出ていた不動産屋さん「ひまわり不動産」
     http://www.himawari.com/

     施工主の西武さんは、扱っていないのかなー。
    
    「東急リゾート」さんは扱っているようです。
     http://www.tokyu-resort.co.jp/ 
    でも同じ苗場地区でも、100万円未満はなかなか掲載しないよう
    です。

   ところが「ひまわり」は格安物件を「惜しげもなく」掲載している
     珍しい会社のようで(熱海、房総なども格安物件ありますが、
   古すぎ?)





                     ★★★ 編集後記 ★★★

     凶悪事件、地震、政治の怠慢、と世の中、いつも大変ですが、駄文を
     省みずアップロード致しました。読了に感謝いたします。

     被災地の皆さん、お見舞い申し上げます。

                       文責  すばる ただし


     ■ このメールマガジン「我が「独りよがり」演説」
       は『まぐまぐ!』を利用して発行されています。
     ■ 読者登録の解除(配信中止)方法は下記のとおりです。
       配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000261573.html

     ■ 無料購読の登録と解除は随時、画面上からも出来ます。
       今後ともよろしくお願い申し上げます。


MR.乱反射

発行周期: 不定期 最新号:  2018/07/08 部数:  12部

ついでに読みたい

MR.乱反射

発行周期:  不定期 最新号:  2018/07/08 部数:  12部

他のメルマガを読む