風水一年生(初心者さん いらっしゃい!)

【風水一年生】 特別号-休刊はしないぞ!


カテゴリー: 2009年09月20日
-----------------------------------------------------------------------
風水一年生 -初心者さんいらっしゃい! http://fusui1nensei.22.dtiblog.com/
-----------------------------------------------------------------------

ながらく発行しておらず申し訳ございません。

なので、まぐまぐさんから
「おら~、やる気がないんなら今日の六時で休刊や~!」
と脅しがきました。


え~(T_T)やる気がないわけじゃないのに~。

↑
ほんとほんと。

書きたいことはたくさんあるのですが、今は毎日午前様でメルマガの発行が厳しい状態なんです。


今回は、「私の主観」におけるお勧めを ちゃちゃっ と書いちゃいます。
書きなぐりになりますので、誤字脱字はお許しを。

■亀、亀、亀

風水で四神の観点で何が大切かをお書きします。

東の青竜(せいりゅう)・南の朱雀(すざく)・西の白虎(びゃっこ)・北の玄武(げんぶ)である。
五行説にも中央に黄竜を加え数を合わせた上で取り入れられている。
-wikipedia抜粋-

風水はこの黄竜-中央の考え方が取り入れられます。
私を、その黄竜に当てはめて、四方を四神獣に守ってもらうわけです。
ちなみに、江戸でみると中央に江戸城、青竜は平河、朱雀は江戸湾、白虎は東海道で、玄武が富士山

ただ私は、青竜やら朱雀が本当にいるとは思っていません。まだネッシーの方が信じられます。信じてないけど。


ではこれら四神獣とは何か?

風水は環境学であり、その中でも気を扱う学問です。
ですので、これらの獣はその気の性質を表徴していると考えると、非常に風水の捉え方がシンプルになることに気がつきました。


今回は結論だけ(時間がないので)

まず、風水はどこでも適用できます。
オフィスのデスクに座ることを考えて見ましょう。

仕事をする私が、中央、つまり黄竜の位置にいます。
なので、椅子がパイプ椅子みたいに固定されていたら不自由でやってられなくなります。
一般的には前を向き、右に左に回り、たまに後ろを振り返る動きのよさが必要です。

さて、マウスやペン、僕はこれは青竜と見ます。
生活の動的要素の象徴が青竜だと感じてます。

それでは、パソコンやノードなどは?
これは白虎、生活の静的要素を象徴します。

パソコンのモニタや、目の前の空間、あるいは窓の外
これは朱雀とみます。これは未来、発展の要素を象徴します。

そして椅子の背もたれを玄武としてみます。
これは生活要素のうち、より目に見えない基礎・原因となる部分です。
背もたれの無い、椅子とかソファーとか。
座れるけど落ち着きづらいでしょう。
でも普段はまったく意識されないものです。


それで、結論、【玄武】が大切なんです。
一般的には龍に目が行きがちです。
青龍は生活の動的要素ですから、お金ですから非常に関心が行きます。

しかし、人はお金があったら幸せになれるでしょうか?
あるいは白虎は静的要素です。人間関係とか...
そして、これら二つは時間軸で言うと「現在」を表します。

そこでの果の実りを表すのが朱雀です。
時間軸で言うと「未来」を表します。
ですので、朱雀の方位は、開けて遠くまで見えるのが好ましいのです。

しかし、よい金回りも、人間関係もうまくいけたとしても...
お金を利己的に扱うこともできます。
人間関係も社交辞令としてスムーズ流すことも出来ます。
未来の展望が開けても、本当の意味で夢のない未来もあります。

これらはいずれも現在、未来という過去の結実なんです。
だから、過去との因縁(?)がわるければ、
金回りがよくても、人間関係がスムーズに行って、未来が開けても
どこかしら、不安から脱することができない私のままであるのです。

例を挙げれば、背もたれの無いデスク 上場している悪徳会社
断崖絶壁に建った家 先祖や神仏を軽んずる家系(←ちょっと風水っぽくないけど、そーゆー話になる)

悪い爺さん婆さんに育てられた富裕家族も、どこかしら不安定さ、不幸感を拭えないでしょう。

なので【玄武】です。
玄武は過去を象徴し、私の後ろ盾を表すと見ます。
玄武を表す小高い山は、中央を背後から守り、多くの龍脈から気が流れ込みます。
原因・過去とはそういうもので、時間軸をこえて現在に結実させ未来に多くの運を引き継がせます。
その原因が悪ければ、間違いなく現在と未来には凶運が運ばれ、過去と関係なければなにも運勢がこないのです。

つまり、目に見えづらい、効果もあまり取り上げられない、この【玄武】。
長い目で見たときに、もっとも大切だと思うの大切だ思うのが、この位置のあり方です。


玄武のグッズはそれを、協力にバックアップしてくれるのです。







このメルマガは現在休刊中です

風水一年生(初心者さん いらっしゃい!)

RSSを登録する
発行周期 週に2~3回
最新号 2009/09/20
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

風水一年生(初心者さん いらっしゃい!)

RSSを登録する
発行周期 週に2~3回
最新号 2009/09/20
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング