情報処理試験プロマネ対策 強化塾

【無料ダイジェスト版】プロマネ受験対策室 Vol.75(最終号)

VOL. 75 / 75号(その4)
                          発行日:2016/04/29
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    2016年向け  情報処理試験 プロマネ完全対策

    --- あなたの合格率を確実に上げます ---
       
      「 プロジェクトマネージャ受験対策室 」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:合同会社クリエイティブファースト
    佐藤 創( http://creative-1st.com/ )


(注)本稿は等幅フォントでの参照を前提として記載しています。罫線
  などがずれて表示される場合は、ブラウザ及びビューアのフォン
  トを等幅フォントに変更されることをお勧めします。

(注)本メールマガジンは長文になるため、複数に分割して配信される場合があ
  ります。メルマガのサブジェクトに(1/2)などの表記がある場合は分割され
  ていることを示します。

┌──────────────────────────────────
│●今回の目次
└──────────────────────────────────

 (1)メールマガジンについて

 (2)午後I試験速報:私の回答例(問1)

 (3)皆様への御礼
 
 


┌──────────────────────────────────
│(1)メールマガジンについて
└──────────────────────────────────

★今週は有料版と無料版は同じ内容でお届けしております。


 有料版のメルマガは、4月29日に発行するメルマガで最終回となります。
 そして同日をもって有料版メルマガは廃刊とさせて頂きます。
 
 なお廃刊になると自動的に皆様は購読解除となり、その時点で課金もストッ
 プします。特にご購読解除のお手続きは必要ございません。

 有料版の廃刊後はこちらへのご登録をお願いします。

 ・無料版 情報処理試験プロマネ対策 強化塾
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000260646.html 





┌──────────────────────────────────
│(2)午後I試験速報:私の回答例(問3)
└──────────────────────────────────

 個人的な回答例を示します。
 なお回答内容の正しさについては何らの保証は致しませんので、その点はご
 注意ください。この内容をたたき台として議論をして頂けますと幸いです。



問3 プロジェクトの進捗管理及びテスト計画
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(1)全体的な所感
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 設問全体を通して非常に簡単な問題でした。EVMを用いた計算もごく基本
 的なものでした。またプロジェクトの受託契約形態や、スケジュールについ
 ての図表なども、ほとんど無視して回答できる問題しかなく、プロジェクト
 の背景を踏まえて問題を読み解かなければならない問題もありませんでした。
 近年の問題の中ではかなり目立って簡単な問題です。
 
 
  
(2)当方の回答
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 当方の回答は以下となりました。
 回答の後にカッコでA~Cを記入していますが、個人的な自信度です。
 (A):9割以上の確率で正答しているはず
 (B):最低でも部分点はもらえる(回答の方向性はズレていない)はず
 (C):やや自信はなし
 
        0     5    10    15    20    25    30
       ├────┼────┼────┼────┼────┼────┤

 設問1    3週から4週にかけて進捗遅延が拡大しているから(A)
        
 設問2(1) 0.89(A)
    (2) 未決事項一覧表(A)
    (3) D社担当者がシステム化した処理方法の理解が不十分で合理的な仕
        様を決定できない状況(A)
    (4) 他社類似機能の動作画面を用いた業務フロー図(B)
    (5) 機能4の進捗遅延が今後も継続または拡大する状況(A)
        
 設問3(1) 仕様確定に手間取った箇所が正しく実現されていることの確認(A)
    (2) 操作マニュアル(A)


(3)回答の説明
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 設問1は、3週と4週の進捗状況を確認する必要があります。SPIはそれ
 ぞれ0.99⇒0.98であり、SVはそれぞれ-3⇒-11となっており、
 進捗遅延が拡大していることが読み取れます。この点をそのまま回答します。
 
 設問2(1)は、1420÷1600≒0.89です。
 設問2(2)は、問題文中に記載さている、課題管理票もしくは未決事項一
 覧表のどちらかが回答候補になります。客先と状況把握するには未決事項一
 覧表のほうが適しています。
 設問2(3)は、D社担当者が仕様を決定できていない状況をまとめればO
 Kです。盛込む必須の内容は、D社担当者がシステム化した際の処理方法の
 理解が不十分である、という点と、合理的な仕様を決定できない、という状
 況です。この2点が盛込まれていれば文言の違いがあっても大丈夫です。
 設問2(4)がやや迷う問題です。問題文や設問文には「補足資料」と明記
 されていますので、プロトタイプやデモは回答から外れます。そうなると、
 動作している実際の画面を基に資料を起こしたものが対象となります。画面
 を基に作成する資料で、かつシステム化後の仕様を決定するために役立つ資
 料といえば、業務フローが考えられます。ただしこの問題はやや幅広い回答
 になると想定されます。
 設問2(5)は、EVMで週次で把握する状況なのですから、進捗遅延が回
 復しない状況、つまり遅延が継続したり拡大したりする状況しかありません。
 
 設問3(1)は、問題文から、課題管理票は仕様確定に手間取った点も記載
 していることが読み取れます。回答の方向性としては、手間取った箇所の入
 念な確認をするということになります。この点をまとめて回答しましょう。
 設問3(2)は、文脈から操作マニュアルしかありません。
 

 以上で回答例の公開は完了です。






┌──────────────────────────────────
│(3)皆様への御礼
└──────────────────────────────────
 
 プロマネ試験から1週間が経ちました。春の大型連休に突入している方も
 いらっしゃることでしょう。
 
 今回の試験では引っ掛け問題もなく、しっかりと学習された方は成果を残せ
 たのでは内科と思います。ひとまず振返りなどをしてゆっくりと体と心を休
 ませてください。
 
 
 昨年11月からメルマガを発行し、6カ月が経過致しました。今回が最終回
 となります。まずはご購読を頂いた皆様にあらためて感謝を申し上げます。
 
 受験対策メルマガという性質上、どうしてもメルマガの文字数も多くなり、
 発行回数も週三回となかなか時間がとれない場合もあったのではないかと思
 います。それでも皆様にお読みいただいているということが励みになり継続
 することができたと思います。
 
 6カ月間メルマガを読んで頂いて本当にありがとうございました。
 
 
 
 当方は1エンジニアとして受験対策をさせて頂いております。これも、自分
 自身が情報システムの開発現場で、マネジメントのおろそかさによって翻弄
 され、自身も周囲のエンジニアもつらい思いをしている現実を、なんとか変
 えたい、という思いからスタートしています。
 
 多くのエンジニアが「プロジェクトマネジメント」を自分のツールのように
 実務に適用し、おろそかなマネジメントにしっかりと「No」を突き付け、
 さらに提案までできる、そんな状況を支援・応援できればと考えています。
 
 まずはプロマネの知識を得て、かつ裏付けとなる資格も保有し、学んだこと
 をしっかりと実務に適用し、周囲を改善していく。そんなエンジニアが現場
 に増えるほど、システム開発は効率的に、かつ今よりも楽になっていくので
 はないかと思います。
 
 
 今後ともこのようなスタンスから情報処理対策を継続したいと考えておりま
 す。何卒よろしくお願い申し上げます。




 今回も最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 (メルマガ筆者:佐藤 創)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン:2016年向け情報処理試験プロマネ完全対策
        -あなたの合格率を確実に上げます-
発行者:合同会社クリエイティブファースト(プロマネ受験対策室) 佐藤 創
サイト:http://creative-1st.com/ 

メールマガジンの登録・解除は以下からお願いします。
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001669329.html 

ご意見・感想を募集しています。今後取り上げて欲しい内容など、
何でも良いのでお気軽にご意見して頂きたく思います。ご意見等は
本メールへの返信でお願い致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む