なぜあなたは行政書士試験に合格できないのか?

他人物売買 その2


以下の例題の正誤を考えてみてください。



<1>



(1)

Aは、BからB所有の絵画を預かっている。
Aがこの絵画を自分の物であると偽ってCに売却した場合、Bにこの絵画を
手放す意思がないため、Aがこの絵画の所有権を取得してCに移転させるこ
とができないときは、この売買契約は無効である。





(2)

Aは、BにA所有の絵画を預けた。
Bが、この絵画を自己のものだと偽ってCに売却した場合、この売買契約は無効である。





(3)

他人の所有物を目的とする売買契約は有効であり、その売主は、その目的物の所有権を取得して買主に移転する義務を負う。







<2>



AがB所有の土地をCに売却した場合、AがBから土地の所有権を取得して
Cに移転できない場合、Cは、契約時にAに土地の所有権がないことを知っ
ていたとしても、契約の解除ができる。






<3>




(1)

Aは、BからB所有の絵画を預かっている。
Aがこの絵画を自分の物であると偽ってCに売却し、後にBがこの売買契約
を追認した場合でも、Cは契約の時に遡ってこの絵画の所有権を取得するこ
とはできない。






(2)

Aは、BにA所有の絵画を預けた。
Bが、この絵画を自己のものだと偽ってCに売却した場合、AがBの行為を追認
したときは、絵画の所有権はBからCへ移転する。





(3)

他人の権利の売主をその権利者が相続し売主としての履行義務を承継した場
合でも、権利者は、信義則に反すると認められるような特別の事情のないか
ぎり、右履行義務を拒否することができる。





=======================================



次回6月4日(水)のブログで解説いたします。




次回の配信は6月5日(木)です。




=======================================




発行責任者 溝部太郎


公式ブログ http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/


登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000260438.html


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む