知って役立つおもしろ歳時記

おもしろ歳時記Vol.155【3月22日 放送記念日】

◇─────────────────────────────◇

      知 っ て 役 立 つ お も し ろ 歳 時 記
       ─ この日 何の日 気になる日♪ ─

 平成31年3月1日

         明成社「おも歳」編集部 
                 http://www.meiseisha.com/


◇─────────────────────────────◇

【1】この日何の日?

     3月22日  放送記念日


【2】図書紹介

 
   天皇と国民の絆─占領下の苦難を越えて

                      勝岡寛次/著
                                          四六判並製
                           360頁
                     定価1900円+税

──────────────────────────────
【1】この日何の日?   

    
     3月22日  放送記念日


────────────────────────────── 

大正14年(1925)のこの日、東京放送局(NHK)が日本初
のラジオ仮放送を始めました。 これを記念して、日本放送協会
(NHK)が昭和18年(1943)に制定しました。

東京・芝浦にある東京高等工芸学校の仮スタジオから第一声が流
れたのは午前9時30分。
京田武男アナウンサーの
「アー、アー、アー、聞こえますか。JOAK、JOAK、こちらは東京
放送であります。こんにち只今より放送を開始致します」
のアナウンスから始まりました。

ラジオ初放送の2年前には関東大震災があり、多くの誤った情報
が飛び交う中で、混乱が広がり、事件も多数起きました。そこで、
どういう時にでも瞬時に国民に正しい情報を伝えるメディアが望
まれていました。

関東大震災の復興に東京市長として尽力した後藤新平は、ラジオ
放送の意義として次の4点を挙げました。

(1)文化の機会均等。放送は地域・年齢性別に関係なく聞くことが
できる。(2)ラジオを取り囲んでの家庭内での団欒。外に行かなく
ても家で寄席などが聞ける。(3)社会人でも放送を通して教育を受
けることができる。(4)経済機能の敏活化に寄与する。

大正から昭和、平成と、ラジオ放送はニュース、音楽からスポー
ツ中継、受験生のお供としての深夜放送、ラジオ体操など、様々
な役割を果たしながら、やがて新元号7年(2025)には放送
100周年を迎えることとなります。

─────────────────────────────
【2】図書紹介

 
    天皇と国民の絆─占領下の苦難を越えて

                      勝岡寛次/著
                                          四六判並製
                           360頁
                     定価1900円+税
──────────────────────────────

今年5月、私たちは平成に代わる新たな大御代を迎えようとして
います。
いついかなる時代にあっても常に日本国の要であり続けた「天皇と
国民の絆」が、改めて問われる時でもあります。

この『天皇と国民の絆─占領下の苦難を越えて』を読むと、敗戦、
占領という国家最大の危機であり苦難の続いた時代を乗り越える
ことができたのも、この天皇と国民の強い絆あったればこそとい
うことが、とてもよく伝わってきます。

昭和二十一年、敗戦後最初の「歌会始」にて、昭和天皇は
「ふりつもるみ雪にたへていろかへぬ松ぞををしき人もかくあれ」
との御製をお詠みになりました。
そして、占領下という苦難の中でも、日本人としての誇りを失わず、
明るい未来を信じて共に国の再建に尽くそう、という御心のままに
全国ご巡幸に旅立たれます。

また初めて陛下のお姿、御声にふれた国民もまた感動と喜びの中で、
復興への決意を新たにします。
本書を紐解くと、そうした感動的な光景が鮮やかに甦ると共に、憲
法、皇室典範をめぐる占領軍と日本側の息詰まる攻防など、後世に
永遠に語り継いでいくべき「民族の甦りの歴史」が凝縮された一冊
です。御代替わりを迎える今、お奨めの一冊です。

『天皇と国民の絆─占領下の苦難を越えて』
                定価1900円+税
                           https://wp.me/p56N4e-1NU
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎人気上昇中!
◇明成社編集部ブログ http://ameblo.jp/meiseisha/

沖縄の真実
https://ameblo.jp/meiseisha/entry-12443474024.html

百地先生おめでとうございます!
https://ameblo.jp/meiseisha/entry-12438231063.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

≪おもしろ歳時記≫ 編集人 ドラきち 
        
▲  ▲   
(・×・)  
┌○─○┐ 
| ドラ | 
└───┘ 
平成の御代もあと2か月となりました。
平成の30年間に自分の人生を重ねて感慨にふける人、又
この30年間、常に国民に寄り添い、祈り続けて下さった
天皇・皇后両陛下への感謝の念を新たにしている人も多い
のではないでしょうか。「天皇と国民の絆」は、次の代に
も、さらに深まっていいくことを信じます。
                             
   
     明成社オンライン         
     http://meiseisha.thebase.in/

     かえるショップ 
     http://kaerushop.thebase.in/

     明成社ツイッター
     http://twitter.com/meiseisha 

     明成社Facebook
     https://www.facebook.com/meiseish?ref=hl       

---------------------------------------------
株式会社 明成社 http://www.meiseisha.com/ 
〒153-0042 東京都世田谷区池尻3-21-29-302
電話 03-3412-2871 FAX 03-5431-0759
--------------------------------------------

ついでに読みたい

知って役立つおもしろ歳時記

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/03/01 部数:  187部

他のメルマガを読む