レフティやすおの楽しい読書

レフティやすおの楽しい読書 090531(No.18)『自助論』=『西国立志編』元祖自己啓発書


カテゴリー: 2009年05月31日
■―発行部数 300部超!  レフティやすおのもう一つのメルマガ、
 日本唯一の、左利きによる、右利きと左利きのための、左利きの
 "現役"メルマガ:『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』―
■ご登録は → http://archive.mag2.com/0000171874/index.html
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

         レフティやすおの楽しい読書

         ― 読書で豊かな人生を! ―

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
本日も、
若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおといっしょに、
このメルマガ「レフティやすおの楽しい読書」を通して、
古今東西の古典、名作・名著から選りすぐった一冊にふれ、
豊かな人生の時をすごしましょう。
読書とは、他人(ひと)様の人生を追体験することです。
そこから何かを学ぶか、ひと時の愉快な時間をすごすか、
それは人それぞれ。
自分なりの楽しみ方でいいのです。
まずは楽しい読書を心がけましょう。
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 2009(平成21)年5月31日号(No.18)-090531-
                   『自助論』=『西国立志編』元祖自己啓発書

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『自助論』Self-Help (1859)
                                    サミュエル・スマイルズ

   『西国立志編』中村正直/訳 明治4年(1871)
   『自助論』竹内均/訳・解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明治初年、新時代を生きる指針となる、
日本人の心に響く名著が、ベストセラーとなりました。

その一つは、以前紹介しました、
明治4年に初編が出た、福澤諭吉の『学問のすゝめ』でした。

2009(平成21)年2月号(No.14)-090228-
『学問のすゝめ』新時代の国民教科書
http://archive.mag2.com/0000257388/20090228074500000.html

もう一つが、その前年に
中村正直が翻訳し『西国立志編』という訳題で出版した
この、スマイルズの名著“Self-Help”でした。

知の教育者・福澤に対し、
徳の教育者・中村正直といわれたといいます。

 ・・・

古今の成功者の伝記を引用しながら、
地道な自助努力が成功への道であることを説いています。

取り上げられている職業として多いのは、
政治家、軍人、芸術家、科学者はもちろんですが、
一般の職人からその道の事業家となった人物も
当然の事ながら多くあげられています。

特に有名なエピソードとしては、
種痘の発明で知られるジェンナーがあります。


   こんなぐあいに『自助論』は成功への心がまえが書かれてい
  るばかりでなく、科学の発達史にもなっている。わかりやすく
  具体的な例があげられ、人間性あふれるエピソードが加わって
  いるので、親しみやすい読み物でもある。
     『明治の人物誌』星新一/著 新潮文庫(1998,原著1978)
      「中村正直」p.16

日本で翻訳紹介されたのは、原書出版から十一年後である、
といいます。

徳川幕府消滅によりイギリス留学を切り上げ、帰国の途につく際、
正直に餞別として贈られた本がこれであった、といわれています。

帰国の船中でこれを読み、大いに感激した正直は、
慶喜公とともに静岡に移り住んだのち、
意気阻喪した幕臣たちの奮起を促す意味で翻訳紹介した、
というのです。


「天は自ら助くる者を助く」

この「天」は、元々は「神」を表す「GOD」でしたが、
いつしか「HEAVEN」に取って代わったといいいます。

そして、漢学者だった正直は、この「天」を
中国は『老子』や『論語』における「天」と同一視し、
東西思想に共通する普遍的なものと解釈した、といいます。

 ・・・

  ... スマイルズは、こんなことをいっている。「死んだ魚でも
  流れに沿って漂うことができるが、流れに逆らって泳げるのは
  人間だけだ」とね。...
    アーサー・コナン・ドイル/著『スターク・マンローから
    の手紙』田中喜芳/訳 河出書房新社(2006,原著1895)
    「第五通 一八八二年三月五日 炭鉱町で貧しい人々の
     温かさにふれた ムーアのマートンにて」p.75


百年に一度の経済危機といわれる今日この頃ですが、
いつの世にも通用する成功法則の一つは、
やはりこの自助の精神でしょう。

自らの力でコツコツを自分自身を助けてゆくことが、
家族の幸せに繋がり、
社会の、国家の繁栄や幸福というものに
広がってゆくのではないでしょうか。


バブル崩壊後、政権を担った小泉元総理も、
『自助論』を取り上げ、国民の奮起を促しました。


訳者・竹内先生も、巻末解説「自己鍛錬のための不朽の人生論」
の中で書かれています。

スマイルズが原著を書いた当時のイギリスは、
日の沈まぬ国といわれた最盛期のビクトリア朝時代であり、
その繁栄を支えたのは、
この本に書かれた自助の心を持ったイギリス国民であった、と。

そして、
この本が読まれなくなった頃から、没落が始まったのだろう、と。

 ・・・

「自助とは、
勤勉に働いて自分で自分の運命を切り拓くことである。
つまり、他人や国に頼らないことである。」

「現代流にいえば自己実現ということ」

と、上記解説のなかで竹内先生はいいます。

その方法は、勤勉・正直・感謝であり、

「勤勉が最も重要である。ともかくも大きい夢を描き、
その夢の実現に向けて倦まずたゆまず働くことである。」

「こういう人を天は助ける。彼の夢はいつの間にか実現する。
世の中にこれほど確かなことはない。」


多少説教的な面もあり、道徳的であり、
そういう意味では『論語』などにも通じる書物で、
若い人には素直に読めないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、

最近、ビジネス書の世界でヒットを飛ばしている
勝間和代氏もその著書の中で、
たびたびこの『自助論』をオススメ本として取り上げています。

この本は、年をとるにつれて、わかる部分が出てくる、
ともいいます。

若い人はもちろんですが、

竹内先生も書いているように、
「やや年とった人たちによって読まれることを私は願うのである」

それは、

「自己実現に遅すぎるということはない」し、

「年とった人たちが、自分の子供や
自助の心をもった青年を選んで、彼らを助けて欲しい」

「自助の心をもった人を助ける」
「論理的には矛盾であっても、それは常識的には真実である」

そういう考えからなのです。

『自助論』は、そういう本です。


そして、勝間さんも書いていらっしゃるように、
同じ著者の『向上心』も
続けてお読みになられることをオススメします。

といいつつ、この本は今書店から消えています。
新訳版に変わっていて、単行本しか出ていません。
残念なことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【付録】『自助論』=『西国立志編』スマイルズ/著 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 原典を読む:

★『自助論 スマイルズの世界的名著 人生の師・人生の友・人生の
書』サミュエル・スマイルズ/著 竹内均/訳・解説 三笠書房・
知的生きかた文庫
 <人生を最高に生きぬく知恵> 古くなり理解しにくい引用事例
 や人物を除外した、というエッセンスのみを凝縮した感じの本。
http://www.amazon.co.jp/dp/483797239X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『西国立志編』サミュエル・スマイルズ/著 中村正直/訳 渡部昇
一/解説 講談社学術文庫527
 明治初期、国民的教科書とされた『学問のすすめ』と並ぶ明治の
 二大啓蒙書の文庫版。格調高い訳文だが、現代人にはやはり読み
 づらい。 <「天は自ら助くる者を助く」という精神を思想的根
 幹とした、三百余人の成功立志談> 
http://www.amazon.co.jp/dp/4061585274/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『みずから運命の扉を開く法則 自助論Self-Help 完全現代語訳』 
斎藤孝/訳 ビジネス社(2007)
http://www.amazon.co.jp/dp/4828413766/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『富と品格をあわせ持つ成功法則 自助論Self-Help 完全現代語訳』 
斎藤孝/訳 ビジネス社(2007)
 筆者未見。上記の本と二冊でワン・セットの現代語版『自助論』。
 <いまでも色あせることのない自己啓発の原点がここにある>
http://www.amazon.co.jp/dp/4828413774/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『イギリス流大人の気骨 スマイルズの『自助論』エッセンス版』 
山本史郎/編訳 講談社(2008)
 筆者未見。<重要なメッセージが明瞭なかたちで述べられている
 部分のみを抜粋して訳し、原著の四分の一ほどの分量にした「エ
 ッセンス版」>
http://www.amazon.co.jp/dp/406214557X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

● その他のサミュエル・スマイルズの著作:

★『向上心』竹内均/訳・解説 三笠書房・知的生きかた文庫(1984)
 "CHARACTER"(1871)の訳本。中村正直訳では『西洋品行論』。世
 俗的成功という立身出世主義的色彩の感じられた"Self-Help"よ
 りも、品行といった精神的気高さを謳っている点で貴いとする意
 見もある、当時の世界的名著の前半。最近の版は、下記の本と合
 わせて一冊に再編集されていた。いまは絶版。
http://www.amazon.co.jp/dp/4837901891/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『自己実現の方法』竹内均/訳 三笠書房・知的生きかた文庫(1984)
 上記『向上心』の続編(後半部分)。古本屋で入手。
http://www.amazon.co.jp/dp/4837903134/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『スマイルズの名著「品性論」』三笠書房(2008)
 『向上心』の新訳版。竹内訳版に代わる本。一段とページ数減。
http://www.amazon.co.jp/dp/4837956904/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

● 中村正直、スマイルズ、『自助論』を知る:

★「中村正直」星新一/著『明治の人物誌』新潮文庫(1998,原著
1978)所収
 星新一の父星一に関わる明治の偉人たちの人物伝。冒頭の一章。
 正直とスマイルズについてコンパクトにまとめられている。他に
 野口英世、伊藤博文、新渡戸稲造、エジソンなど全十名。講談社
  学術文庫『西国立志編』巻末の渡部昇一解説でもふれている。 
 <その人生をひとことでいえば、維新、開国、文明開化という時
  期に『Self-Help』を日本語に訳した。そのために天がこの世に
  出現させた人物。そうとしか私には思えないのである。>40p
http://www.amazon.co.jp/dp/4101098506/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『天ハ自ラ助クルモノヲ助ク 中村正直と『西国立志編』』平川
祐弘/著 名古屋大学出版会(2006)
 著者は、小泉八雲の研究者としても有名な比較文学の先生。本書
 は『西国立志編』の影響を探る、著者の大学教授"卒業論文"。一
 般読者にも読みやすい平易に書かれた文化の伝播の研究書。イギ
 リスの最盛期・ヴィクトリア時代の世界的名著"Self-Help"が、
 日本で中村正直によって紹介され、日本産業化の国民的教科書と
 なり、数々の文化的影響を及ぼした。さらに、イタリア・中国で
 の影響と比較することで、世界規模の文化間の関係を調べる。
http://www.amazon.co.jp/dp/4815805474/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『中村敬宇』高橋昌郎/著 日本歴史学会/編集 吉川弘文館 人
物叢書 新装版(1988)
 明治を代表する福澤諭吉と並ぶ啓蒙家、"Self-Help"『西国立
 志編』を翻訳した人物・中村正直(号が「敬宇」)の伝記。
 知の啓蒙家諭吉に対し、徳の啓蒙家といわれる。儒者から洋学
 へ転向しキリスト教徒となった宗教的な思想面に著作から迫る。
http://www.amazon.co.jp/dp/4642051082/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』神田昌典・勝
間和代/著 ダイヤモンド社(2008)
 「勝間和代が厳選!この本だけは絶対読もう!至高の10冊」の
 1冊目に『自助論』をあげ、20代に出会った本で、その後も時
 折読み返している、ここに書かれていることの80%をやれば成
 功しないわけがない、とも。『向上心』もおすすめしている。
http://www.amazon.co.jp/dp/4478006598/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

*教育者「中村正直」についての本は他にもいくつか出ています。
決して数は多くないのが残念な気がします。
明治の初期、福澤諭吉などと並ぶ存在であっただけに…。

『スターク・マンローからの手紙』The Stark Munro Letters 
アーサー・コナン・ドイル/著 田中喜芳/訳 河出書房新社(2006,
原著1895)
 ドイルの実話に基づく自伝的小説。名探偵ホームズものの作家と
 して有名になる前の貧しい開業医時代を描いたもの。
http://www.amazon.co.jp/dp/4309204546/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

(★マークは、筆者のおすすめ本です。本選びの参考にどうぞ。)

*『自助論』以外のサミュエル・スマイルズの作品は、
 またいずれ機会を見て紹介します。お楽しみに!

*『レフティやすおの本屋』本店
 「新しい生活のために/古典編」の棚
http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次号(6月15日)の予定 : 私の読書論-その3-読書の三種類(続)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「別冊 編集後記」〜『レフティやすおの作文工房』〜
2009.5.31『自助論』=『西国立志編』元祖自己啓発書
 ―第18号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10270223834.html

-----------------------------------------------------------
◆ 弊誌「楽しい読書」が 以下の各誌で紹介されました!
-----------------------------------------------------------
 内気な内向型でも営業ができる、性格と営業は関係がないという
 『内向型営業マンの売り方にはコツがある』大和出版
 左利きの不便さを綴った、「渡瀬けん」名義の今売れ行き好調の
 『左利きの人々』中経の文庫 の著者で左利き仲間、
 無口営業の達人・渡瀬謙氏の殿堂入りメルマガ
●『営業のカンセツワザ』2008/03/13 208号「我流 文章術(2)」
 http://archive.mag2.com/0000115536/20080313130000000.html
 まぐまぐ(オフィシャルマガジンとサイト)
●『ウィークリーまぐまぐ[エンタテイメント版]』2008/3/14号
 「今週のおすすめメルマガ@エンタテイメント」コーナー
 http://www.mag2.com/official/wmagentr/2008/03/14.html
●「今週のおすすめメルマガ」2008年03月12日〜03月18日
 http://www.mag2.com/wmag/osusume/osusume080312.html

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
▼レフティやすおの<左利きを考える>メルマガ:
 『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』
  (レフティやすおの左組通信メールマガジン)
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
▼本のことなら:
 『レフティやすおの本屋』―左利き関連本、古典入門書ほか
http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya
▼レフティやすおのホームページ:
 『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/
▼レフティやすおのブログ:
 『レフティやすおのお茶でっせ』
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
 『レフティやすおの作文工房』
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/
 『レフティやすおの新しい生活を始めよう!』
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
レフティやすおの楽しい読書/発行人:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
 読者登録の解除(配信中止)はこちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html 
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
 ご意見・ご感想はこのメルマガに返信、または ↓ 
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html
 Copyright(c) 2008 by L.YASUO
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

レフティやすおの楽しい読書

RSSを登録する
発行周期 月二回
最新号 2018/08/15
部数 63部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

レフティやすおの楽しい読書

RSSを登録する
発行周期 月二回
最新号 2018/08/15
部数 63部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング