レフティやすおの楽しい読書

レフティやすおの楽しい読書 080831(No.9)『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま


カテゴリー: 2008年08月31日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

         レフティやすおの楽しい読書

         ― 読書で豊かな人生を! ―

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
本日も、
若い頃は本屋の店員だった本好きのレフティやすおといっしょに、
このメルマガ「レフティやすおの楽しい読書」を通して、

古今東西の古典、名作・名著から選りすぐった一冊にふれ、
豊かな人生の時をすごしましょう。

読書とは、他人(ひと)様の人生を追体験することです。

そこから何かを学ぶか、ひと時の愉快な時間をすごすか、
それは人それぞれ。
自分なりの楽しみ方でいいのです。

まずは楽しい読書を心がけましょう。

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 2008(平成20)年8月31日号(No.9)-080831-
                             『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま
                 唯円/著『歎異抄』(1290?)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月号では空海の著作を取り上げましたので、今回は
日本の仏教のなかで最も知られている著作『歎異抄』を。

この本は、今でこそ最もよく知られる、
よく読まれる宗教書、仏教書の一つでありますが、
広く世間に知られるようになったのは、
明治の半ばすぎのことで、百年ほど前の話だそうです。

浄土真宗の僧侶で西洋哲学を学び、宗門改革に尽力した
清沢満之(きよざわ・まんし)が“発掘”し、
その影響を受けた人たちによって注目されるようになった
といいます。

特に、倉田百三の戯曲『出家とその弟子』(大正六年刊)が
あまねく日本人に知らしめるのに大いに役立ったのではないか、
と梅原猛はその著書の中で書いています。
 (『梅原猛著作集9・三人の祖師』小学館 2002
  「『歎異抄』と本願寺集団」371-372p)

この書物は、親鸞の死後、
その教えを誤って伝える信者が増えたことを嘆いた
直弟子、唯円(ゆいえん)が本当の親鸞の教えを伝える目的で、
自分自身が直接聞いた親鸞の言葉をまとめたもの、といわれます。

しかるに、
そういう経緯から書かれたこの書物が宗門においても
なぜ秘せられていた(といわれている)のか、
その理由の一つが悪人正機説にある、とされています。


   浄土教の流行がわが国におよぼした影響は大きい。中でも浄
  土真宗は、親鸞自身の意図とは別に、思いがけない方面に影響
  した。自力の拒否、戒律の放棄は独善的な、閉ざされた教団を
  成長させた。.../また一般に浄土教は現実逃避の傾向が強い。
  日本人が正面から現実の問題と取組むことを回避する態度を助
  長したのも、浄土教であった。したがって封建的勢力に協力し、
  社会の近代化を妨げた責任の一端もここにある。...

         渡辺照宏/著『日本の仏教』岩波新書(1958)
         「III さまざまな流れ/アミダ信仰」(204p) 


浄土真宗の「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えるだけで
極楽浄土にゆけるという教えは、
末法の世に生きる恵まれない境遇にある者にとっては、
救いであったでしょう。

人間は弱いものです。
弱い者には逃げ場所が必要です。
その逃げ場所を提供してくれる阿弥陀さまは、まさに救いです。


  「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。」(第三条)

  「善人ですら極楽浄土へ行くことができる、まして悪人は、
   極楽浄土へ行くのは当然ではないか。」  

       (『梅原猛著作集9・三人の祖師』小学館 2002 
        「現代語訳『歎異抄』」梅原猛/訳 647p)

 ・・・

「悪人」の本来の意味としては、

杉浦明平(すぎうら・みんぺい)が
『歎異抄 古典を読む』(岩波現代文庫 2003、
 「3 善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」42p-)
に書いておられるように、

殺生や肉食妻帯を禁じる等の仏教の戒律を守れない人々―
山で獣や鳥を撃つ猟師、海や川で貝や魚を獲る漁師、
酒を売る商人といった人たち。

さらにいえば、
田畑で作物を取る農民も生き物を殺しているわけですし、
当然それを食べる人間はみな同じ穴の狢です。
酒以外のものを作ったり売ったりする職人や商人も
銭金にこだわるわけで、これも戒律からは外れているでしょう。
あるいは、肉欲に負けた一般庶民などの凡夫たち。

これらすべてをさし、
現代的な(心も含めた)「犯罪者」を意味するのではない、
のでしょう。

しかし、一歩進めて、現代的解釈であっても、
「悪人」を責めるものではないように思います。

 ・・・

(たとえそれが言い訳であったとしても)
“末法の世ゆえに仕方なく”悪事を働いた者が、
悪人であってもお救いくださるという、
阿弥陀さまのお力に頼ろうとすることは決して間違いではないのだ、
という理屈は、
弱い人間の心を強く打つものがあります。

確かに、現実逃避型の、現状肯定の思想であり、
非改善・非改革の消極的な生き方ともいえます。

しかし、人間には時に
そういう逃避的な生き方を選ぶ瞬間があってもよい、
のではないでしょうか。

一時的にいじめから逃げるのも、一つの便法です。

同様に人生において、いっとき逃げることが許されても良い、
のではないでしょうか。


故に、悪人でも、いや悪人ゆえに救われるという
宗教家が現れてもいいはずです。

眼の前に救わねばならない人がいるならば、
どのような手段を用いても救う、
という行為もまた、宗教家の勤めであるような気がします。

もちろんその咎は、その宗教家自らがかぶることになりますが…。

 ・・・

さらにこの本の第二条の末尾で、教条について説明した後、

親鸞は、
 「このうへは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、
  またすてんとも、面々のおはからひなりと云々。」
といいます。

なんとスゴイ言葉でしょう。
念仏を信じるのも捨てるのも自由です、
あなたが自分で決めなさい、というのです。

当たり前といえば当たり前です。
しかし、弟子として信者として
彼の言葉を求めてきた者に対して、こういう言葉で返す師。

これは並みの師ではいえない言葉でしょう。

第六条には、「親鸞は弟子一人ももたずさふらう。」と
「私は弟子を一人も持っていません」とまで言い切るのです。

念仏を信じる人は親鸞自身も含めてみな、
阿弥陀さまのお力にすがり、救っていただく同朋です、と。

理屈はその通りなんですが、あえてこう言う。

これほど平等、公正な師がいるでしょうか。
愚民凡夫といえども、人を人として扱ってくれる師が。

 ・・・

社会学者・上野千鶴子は、

 「一時期この薄い文庫本をどこに行くにも持ち歩いていた。」
といいます。

なぜなら、
 「慰めだったからである。」
 「いつでも手の届く場所にあるだけで、安心である。」

        (『図書』第697号 2007年4月臨時増刊 
          岩波文庫創刊80年記念「私の三冊」12p)


『歎異抄』とは、そんな存在の本なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【付録】『歎異抄』を知るために 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●原典を読む:

★『歎異抄 ―現代語版― 浄土真宗聖典』浄土真宗教学研究社 浄
土真宗聖典編纂委員会/編纂 本願寺出版社(1998)
 真宗本願寺による、現代語版『歎異抄』。訳注、付録・蓮如上人
 書写本(カタカナ文)。読みやすい現代語訳。
http://www.amazon.co.jp/dp/4894166178/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『歎異抄 現代語訳付き』親鸞/述 千葉乗隆/訳註 角川ソフィ
ア文庫 新版(2001)
 十条までの親鸞の法語を前篇とし、十条後半を後篇への序文とし、
 十一条の異義への批判を後篇とする。原典に訳注・要旨を添えた
 前半と読みやすい現代語の後半の二部構成。
http://www.amazon.co.jp/dp/4043590016/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『現代語訳『歎異抄』』梅原猛/著 講談社学術文庫(2000)
 梅原『歎異抄』研究の原点。本文各条(原文・訳注・こころ=要
 旨および解説)、巻末解説。大活字版。元本は1970年発行。
http://www.amazon.co.jp/dp/4061594443/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『歎異抄』親鸞/述 金子大栄/校注 岩波文庫 改版(1981)
 巻頭解題。現代語訳はないが、各章に原文・訳注・解説を配置。
★『歎異抄 三帖和讃』伊藤博之/校注 新潮日本古典集成46(1981)
 色刷りによる校注、解説、他に付録として恵信尼の書簡を収録。
http://www.amazon.co.jp/dp/4106203464/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『親鸞 歎異抄・教行信証』1・2 中公クラシックス(2003)
 1:山折哲雄の解説、『歎異抄』、親鸞の著作『教行信証』から
 「教」「行」「信」まで、2:『教行信証』から後半「証」「真
 仏土」「化身土」、『末灯鈔』などの書簡集「消息集」を収録。
『現代語訳 歎異抄』河出文庫 河出現代語訳古典文庫
 現代語訳だけの本。『歎異抄』と書簡集『末灯鈔』を収録。
『私訳 歎異抄』五木寛之/著 東京書籍(2007)
 『蓮如』『他力』などの作家の私的解釈による現代語訳版。 

●親鸞の著作:

『顕浄土真実教行証文類 ―現代語版― 浄土真宗聖典』浄土真宗教
学研究社 浄土真宗聖典編纂委員会/編纂 本願寺出版社(2000)
 一般に『教行信証』と呼ばれる親鸞の主著の現代語訳。
『教行信証』金子大栄/校注 岩波文庫
 仏典からの引用で、浄土真宗の教えを説いた親鸞の主要著書。
『親鸞和讃集』名畑應順/校注 岩波文庫
 親鸞が晩年に五七調四行の和讃の形で残した仏教詩から代表的
 なものを収録解説。

●『歎異抄』および親鸞の解説書・入門書:

『梅原猛の『歎異抄』入門』梅原猛/著 プレジデント社 新版
(1999)、PHP新書300(2004)
 梅原猛の『歎異抄』に関する論文と、梅原訳『歎異抄』を収録。
 著者唯円を、関東の人ではなく親鸞の姻戚関係の人とする。
★『誤解された歎異抄』梅原猛/著 光文社文庫(1997, 元本1990)
 「あの世」を否定した近代の西洋的世界観が『歎異抄』の示す親
 鸞の思想を誤解させたとする著者は、あの世とこの世の往復(二
 種廻向)こそ親鸞の根本思想であると説く。
http://www.amazon.co.jp/dp/4334724728/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『梅原猛著作集9・三人の祖師』梅原猛/著 小学館(2002)
 「第一部仏教伝来/第二部最澄/第三部空海/第四部親鸞/第五
 部『歎異抄』を読む」。集中のおよそ半分のスペースを占めるの
 が、親鸞編であり、主に『歎異抄』に関する論文。巻末に梅原訳
 『歎異抄』を収録。わかりやすくその内容と教義を説く。上記二
 著『梅原猛の『歎異抄』入門』『誤解された歎異抄』を含む。
http://www.amazon.co.jp/dp/4096771090/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『親鸞の告白』梅原猛/著 小学館文庫(2006)
 上記『梅原猛著作集9・三人の祖師』より、『誤解された歎異抄』
 をのぞく「第四部親鸞」編の論文およびその後の作品「極楽から
 還ってきた親鸞」、「第五部『歎異抄』を読む」をまとめたもの。
http://www.amazon.co.jp/dp/4094056246/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『歎異抄 古典を読む』杉浦明平/著 岩波現代文庫(2003)
 門徒の家に生まれたが、さほど縁のなかった元共産党員が読む。
 唯円の言葉から信仰にかけた人間・親鸞の苦悩と信念を読み取る。
★『無宗教からの『歎異抄』読解』阿満利麿/著 ちくま新書(2005) 
 日本人には「無宗教」という人が多いようですが、そういう人、
 また宗教、特に仏教になじみのない方向けの『歎異抄』入門書。
 宗教とは何か、道徳とはどう違うのか。信心とは何か、宗教心を
 持つとはどういうことかを『歎異抄』を通して読み解く。
http://www.amazon.co.jp/dp/4480062378/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『悪と往生』山折哲雄/著 中公新書1512(2000)
 山折哲雄<親鸞三部作>の一。唯円はユダかという問いかけ。悪
 を考えることから親鸞思想に迫り、分析家・唯円は異義を正すこ
 とに親鸞の言葉を利用し、編集の過程で親鸞思想の中核である
 「還相」廻向を書き落とすという裏切り行為をしていると説く。
http://www.amazon.co.jp/dp/4121015126/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『親鸞の浄土』山折哲雄/著 アートデイズ(2007)
 山折哲雄<親鸞三部作>の二。親鸞の思想は『歎異抄』より『教
 行信証』にあり、往相・還相の浄土思想にあるとする。
『親鸞をよむ』山折哲雄/著 岩波新書 新赤版1096(2007)
 山折哲雄<親鸞三部作>のトリ。90歳まで生きた人親鸞を、その
 妻でやはり87歳まで生きた、晩年は別居していた恵信尼の文書を
 通して、頭で読むのではなく、からだで読む―理解する書。
『最後の親鸞』吉本隆明/著 ちくま学芸文庫(2002)
 浄土真宗の教理を極めようとするした著作『教行信証』の親鸞と
 一念仏者として衆生に念仏の教えを説いた師に接した人たちの残
 した著作の中の親鸞とから、親鸞の到達した思想を解き明かす。
『親鸞―悪の思想』伊藤益/著 集英社新書(2001)
 『歎異抄』悪人正機説における悪人について、親鸞の悪人解釈。
「仏典を読もう 第十回 贈与する他者 親鸞『教行信証』」末木文
美士/著 『考える人』2008年春号No.24 新潮社
 『歎異抄』悪人正機説と親鸞の思想との相違と親鸞の新解釈。

●文芸作品で知る:

★『出家とその弟子』倉田百三/作 新潮文庫 改版(2003)、岩波文
庫(1990)
 大正6年発表、倉田百三26歳の戯曲。そのせいか、後半の若き僧
 唯円の恋の悩みを巡る親鸞とのやり取りが主なテーマとなってい
 る。個人的には、冒頭の唯円幼少時、その父と親鸞の悪人と往生
 に関するやり取りは、興味を持って読んだが、後半はややセンチ
 メンタリズムに落ちている感じがするのが、残念。
http://www.amazon.co.jp/dp/4101059012/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
★『親鸞』全三巻 吉川英治/作 講談社文庫 吉川英治歴史時代文
庫11,12,13(1990) 
 親鸞誕生から、慈円僧正の下での得度、比叡山や奈良での修行、
 法然との出会い、女性を巡る問題、結婚に踏み切るまでの苦悩、
 越後流罪、常陸での布教、河和田の平次郎(のちの唯円)との
 出会いまで、源平の争いという時代の流れを背景に描く。
http://www.amazon.co.jp/dp/4061965115/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
http://www.amazon.co.jp/dp/4061965123/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
http://www.amazon.co.jp/dp/4061965131/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『親鸞』全五巻 丹羽文雄/作 新潮社(1969) 全三巻 新版(1973)
 筆者未読。倉田百三『出家とその弟子』、吉川英治『親鸞』と並
 ぶ、親鸞をテーマに描いた宗教文学の三大名作といわれる。

●時代の背景を知る:

『新古今和歌集』(1205成立) 岩波文庫ほか。
 鎌倉時代初期、後鳥羽上皇による勅撰和歌集。世情不安の世の中
 に背を向けた、芸術至上主義的な歌風を持つ。吉川英治作『親鸞』
 のなかで女犯の疑いの種となった慈円僧正の歌も含まれる。
『方丈記』鴨長明/著(1212) 岩波文庫ほか。
 平安末期以降の天変地異など世情不安を背景に、世俗を捨てた男
 の、仏門に入っても癒されることのない悲哀を綴る。
『平家物語』(1233) 岩波文庫ほか。
 平清盛を中心に平氏一門の興亡と、源平の戦いを描き、諸行無常、
 盛者必衰の理を説く物語。琵琶法師の語りにより広く知られる。

(★マークは、筆者のおすすめ本です。本選びの参考にどうぞ。)

*『レフティやすおの本屋』本店
「新しい生活のために/日本古典編」の棚
http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/08

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次号(9月)の予定 : 『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※「別冊 編集後記」〜『レフティやすおの作文工房』〜
『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま
 ―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10132959283.html

●『まぐネット!』
「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486
  古典の名著名作について、読書について、
  このメルマガについて語り合いませんか。

-----------------------------------------------------------
◆ 弊誌「楽しい読書」が 以下の各誌で紹介されました!
-----------------------------------------------------------
 ビジネス本
 『営業ビジネスマナー超入門』日本実業出版社
 『ドキドキ初回営業の極意』中経出版
 『知らずに差をつける!絶対成功する営業術』日本文芸社
 の著者で左利き仲間、
 無口営業の達人・渡瀬謙氏の殿堂入りメルマガ
 ●『営業のカンセツワザ』2008/03/13 208号「我流 文章術(2)」
 http://archive.mag2.com/0000115536/20080313130000000.html

 まぐまぐのオフィシャルマガジン、
 ●『ウィークリーまぐまぐ[エンタテイメント版]』2008/3/14号
 「今週のおすすめメルマガ@エンタテイメント」コーナー
 http://www.mag2.com/official/wmagentr/2008/03/14.html
 ●『まぐまぐ!』サイト
 「今週のおすすめメルマガ」2008年03月12日〜03月18日
 http://www.mag2.com/wmag/osusume/osusume080312.html

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
▼レフティやすおの<左利きを考える>メルマガ:
 『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』
  (レフティやすおの左組通信メールマガジン)
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
▼本のことなら:
 『レフティやすおの本屋』―左利き関連本、古典入門書ほか
http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya
▼レフティやすおのホームページ:
 『左利きを考える レフティやすおの左組通信』
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/
▼レフティやすおのブログ:
 『レフティやすおのお茶でっせ』
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
 『「レフティやすおの本屋」店長日記』
http://yaplog.jp/lefty-yasuo/
 『レフティやすおの作文工房』
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/
 『レフティやすおの新しい生活を始めよう!』
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
レフティやすおの楽しい読書/発行人:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
 読者登録の解除(配信中止)はこちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html 
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
 ご意見・ご感想はこのメルマガに返信、または ↓ 
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html
 Copyright(c) 2008 by L.YASUO
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

レフティやすおの楽しい読書

RSSを登録する
発行周期 月二回
最新号 2018/10/15
部数 63部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

レフティやすおの楽しい読書

RSSを登録する
発行周期 月二回
最新号 2018/10/15
部数 63部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング