【WEBサイトの家賃収入化】その思考法と秘奥義

【WEBサイトの家賃収入化】バレエドレスが売れるわけ

↑【まぐまぐ!からのお知らせ】↑


★☆★━━ 

【WEBサイトの家賃収入化】その思考法と秘奥義

                      2013/3/15    ━━★☆★




弊社の所有ホームページや

弊社のクライアント様ホームページでは




毎日、モノが売れ、サービスが利用されているのですが

そのデータを眺めていると

よく売れる商品やサービスというのが分かります




短期的なモノもあれば、

長~く売れているモノもあるんですね




本当にたくさんあるのですが、

その長~く売れているモノの中に

「子供専用のバレエドレス」があります




「子供専用のバレエドレス」って結構売れるんですよ





なんでだと思いますか??




子供専用のバレエドレスが売れる理由がわかれば

そのほかの売れる商品がわかるヒントになります





まず、ひとつは


『バレエを習わせるような家庭はお金持ちが多い』


ということ。



つまり、商品自体がお金持ち向けの商品なんですね



「お金があまりない人」を相手に商売をするより、

「お金持ち相手」に商売をした方が遥かに儲かると昔から言われています




やはりそれは、

お金を持ってる人は、モノを買うときの判断基準が

『値段』じゃない事が多いからです




バレエドレスの『値札』を見て、

買うか買わないか決めないんですね




「イイ!」と思ったら買うんですよ




それで、お金を払うときに

「あ、そんなに安くでいいんだ」


とか


「意外に高いな~」って思うんです

(もちろん、高かったことを後悔しません。単にそう思うだけ)





でも「お金がない人」は違います


「イイ!」と思ったら、まず値札を確認するんですね

で、いろんな理由を付けて結局買わないんです




で、もっと値段が安いところへ行くわけです





こういう観点から考察すると




なるべく「お金持ち相手」、

そして、「お金に糸目を付けられない商品」を

扱った方が値段が高くても売れるので、儲かるんです





じゃあ、

『お金持ち』はどういったことに

『糸目を付けない』と思いますか??






それは『自分以外の大切な人』に対してです。





「糸目を付けない」のは自分が対象じゃないんですよね。

自分以外なんです。




一番思い浮かぶのは「わが子」




いや、わが子のためなら!というのは

「お金がない人」も同じですよ!!




と言われそうですが、




もし、月7万円もする学習塾に行きたいって子供が言い出したら、


『塾なんて行かなくても、頭の良い子はたくさんいる!!』とか怒り出して


結局行かせてあげれないと思います





でも、お金持ちは違いますからね

「よく言った!行っていいぞ!がんばれ!」ですよ




バレエ教室も一緒ですね


月謝だけじゃなく、

発表会の度にいろんなお金が掛かりますから。




高額の塾同様、お金のない家庭は行かせれないんです

さっきみたいに値段で判断しますから。





【経済格差が、教育格差を生んでいる】




というのは有名な話ですよね

まさに、そういうことです




--------------------------------------------------

お金持ちの家庭は

子供に対する教育費や習い事の費用を惜しみません

--------------------------------------------------


はい、ここがヒントですね



つまり、そういう分野は儲かる確率が高いということです




もし今、稼げていなかったら、

自分が取り扱っている商品や広告が

誰をターゲットにしているのか??



をもう一度見直すと良いですよ




それではまた~(^^)/



ご感想やご質問はこのメールに返信してくださいね
(お気軽に~)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行媒体     : まぐまぐ<ID:0000254718>
□発行者       : 松本 毅
□アドレス      : infobox@net-concierge.biz

□提供サービス : 完全個別指導のコンサル会員サービス
                 http://site-concier.jp/consulting/infotop.html

□フェイスブック  : http://www.facebook.com/matsumo.takeshi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む