成長していくプロジェクト運営

情報セキュリティ管理編:ネットバンキングが本当に危ない。

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛



  『 成 長 し て い く プ ロ ジ ェ ク ト 運 営 』


    発行者:Lute株式会社    岡田 真二
       (りゅーと)
                     2015年3月7日号  VOL.466

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  
  ご無沙汰しております。
  
  
 ★ 情報セキュリティ管理編 ★
  
  
  
 ネットバンキングが本当に危ない。
  
  昨今、ネットバッキングをやっていない人はいないでしょう。
  楽ですが、本当に危ない世の中になってきました。
  
  
  
  1.パスワードの使い回しは厳禁!
  
  あなたの口座が狙われているのは、もう公然の事実です。
  そうこれを読んでいるあなたの口座です。
  
  どこかで一つのパスワードが漏れるなんて日常茶飯事だと認識すること
  が大切です。どこで漏れているのかはわかりません。
  たまたま、Yahooのログイン入力を後ろで他人が見ているかもしれません。
  漫画喫茶のパソコンで入力したSNSパスワードを誰かがハックしている
  かもしれません。
  パスワードは常にどこからか漏れていると言っても過言ではないのです。
  盗む人の手口は実に巧妙です。
  
  一種類でも、複数であっても、パスワードを使い回しをしているのであれば、
  それはもう口座からお金が盗まれると思ってください。
  
  基本は、すべてのサイトには、まったく異なるパスワードをそれぞれ設定
  すべきです。そして定期的に変更することが大事です。
  
  ICカード認証であっても油断はできません。盗む側の技術も進歩しています。
  最新技術を用いているといっても、いつ破られるかは時間の問題なのです。
  
  パスワードの使い回しを「システムが脆弱だ」という人もいます。
  パスワードという時代遅れの技術を採用しているのがいけないという言い分も
  わかります。コスト低減と技術レベルの向上が急務なんですけどね。
  
  
  
  
  2.フィッシングサイトには本当に気をつけろ!
  
  ホント世の中似せた詐欺用の画面が多くなっています。
  メールや法人・個人サイトからのリンクでのサイト移動は特に気をつけなければ
  いけません。
  信頼されている法人であっても、そこらから銀行や通販サイトへのリンクは
  危ないと思ってください。
  法人サイトであってもリンク先が、こっそり書き換えられている可能性がある
  のです。
  親切だからとリンク先をたくさん載せているサイトは、罠に落ちる餌になって
  います。なぜならリンク先を常に確認していないからです。
  こっそりアドレスが書き換えられていてもわからないし、見つける技術もない。
  そんなセキュリティの甘いサイトを、詐欺は見逃しません。
  
  安心なのは、自分が登録したブックマークもしくは大手検索サイトからの移動に
  限定することです。そしてURLを常に確認する癖をつけてください。
  
  最新のセキュリティソフトが入っていても安心できません。
  なぜなら、出現頻度が多すぎてセキュリティソフトの更新が追いつかない状況
  なのです。
  
  偽画面に、うっかりIDとパスワードを入力しようものなら、1時間後には
  もうすっかり盗まれていると思ってください。
  
  個人なら銀行口座からの盗難なら最低限のセキュリティ対策を行なっていれば
  補償してもらえますが、あまりに杜撰であれば補償もしてもらえません。
  法人ならもっと厳しいのです。
  
  
  メールによる激安広告や希少価値製品の広告など、受け取った本人は不安だと
  わかっていても覗きたくなる心理を巧みついてクリックさせようとします。
  
  また知り合いからの連絡を装ってくる、事前調査をしっかり行なったメールも
  散見されます。知り合いであれば、警戒レベルが下がってしまう心理を巧みに
  ついてきています。まるでオレオレ詐欺の電子版の様です。
  
  SNSのパスワードが漏れることで、多くの被害が出たLINEの被害事件はさらに
  進化して登場することでしょう。
  SNSのパスワードが漏れることで交友関係が漏れだし、直接の関係者だけで
  なく2次3次の交友関係が被害に遭うことも考えられるでしょう。またネットの
  世界を抜け出し、現実の世界で被害に遭うことも考えられます。
  
  直接の面識がないSNS関係だけに、どこまで信用できるかというレベルを自分
  なりにもつことも重要になってきます。
    ・お金の貸し借りを許せる相手なのか?
    ・噂話を信頼できる相手なのか?
  
  
  
  さらに新しい詐欺が、技術の発展とともに増えてきます。
  最新の情報を入手して被害に備える心構えをつくることが、ますます大事に
  なってきます。
    
    
        詐欺は、心と技術の隙間に入り込むからです。
  
  
  
  
  
  
∠∠∠∠∠∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠∠∠∠∠∠
《編集後記(私心)》
  
  
  「インターネットによって世界はつながる」
  この言葉は何回も聞いて耳にタコができた。という人が多いのではないで
  しょうか。
  
  確かにインターネットによって世界とつながりました。
  しかし、あなたはネットを通して世界の人とつながっていますか?という
  問いを投げかけても、「YES」と答える人は少ないのではないでしょうか。
  
  ネット(SNS)によって確かに世界に人と仕事ができるようになりました。
  でも、日頃のつながりはネットがない頃に比べて狭くなったように思いませ
  んか?
  狭いという表現は地理的な範囲を示すのではなく、同じ趣味、趣向、思想、
  信条というつながりばかりになっていないですか。ということです。
  
  
  この発展形がイスラム国のような気がしてならないのは、私だけでしょうか。
  小さなコミュニティだけで閉じていたグループが、それぞれの役割を発展させ
  国家というレベルまで発展したように思えてくるのです。
  
  今までの国家という枠組みでの政治や経済が、インターネットによって大きく
  変化していくように思えてくるのです。
  同じ思想や信条などの小さなコミュニティがだんだん大きくなって、
  国家というものになっていくように思えてならないのです。
  
  地理的な条件を飛び越えて、同じ思想・趣味を持った者同士がつながり
  やがて特定の場所に集まり、経済を成り立たせ、国家に昇格する。
  そんな未来がやってくるように思えてなりません。
  
  多様性を寛容する社会が理想とは思うのですが、
  世の中は、無数の少数派が集まって閉塞しているように感じます。
  
  
  
  
  
  
  ●それはちょっと違うのでは、私ならこう思う、
   こうしたらモットいいんじゃない、こういう場合にはどう考えるの?
   いろいろな意見があると思います。
  
  \/ あて先は、info@lute.co.jp です
  
  
  
  お客様の問題(Solutiuon)を解決して、お客様が発展(Evolution)していく
      Lution → Lute  共通の礎になる 
                Lute株式会社 でございます。
∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝
☆本メールは、私の経験を元に啓発用として書いておりますので、
 各々の状況や背景によって適用できない場合もあります。
 この内容によって生じた損害等の責任は負いかねますのでご承知願います。
☆このメルマの転送はOKですが掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。     (C) Copyright 2007-2014
☆このメルマガは『まぐまぐ!』で配信しております。
 購読・解除はご自身でお願いいたします。こちらから出来ますよ!
       http://blog.mag2.com/m/log/0000254490/
∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝
【発行者】Lute株式会社(リュート)
               代表取締役 岡田 真二
【オフィス】〒451-0042
   名古屋市西区那古野2丁目11-22  丸井ビル306号
   電話 : 052-581-1573
【ホームページ】 http://www.lute.co.jp/
このマガジンは「成長していくプロジェクト運営」をスローガンに
  プロジェクト運営に役立つ情報をわかりやすく配信しています。
                  
 よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さいネ。
    ★★ まぐまぐ殿堂入りメールマガジン ★★

【メルマガ解除】 http://blog.mag2.com/m/log/0000254490/ 
         または、 info@lute.co.jp 宛てメール
∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠
                          ・
                          ・
☆情報セキュリティ対策は、情報セキュリティスペシャリストにお任せあれ。☆
                 http://www.lute.co.jp/
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
 

ついでに読みたい

成長していくプロジェクト運営

発行周期:  平日日刊 最新号:  2017/03/31 部数:  2,246部

他のメルマガを読む