成長していくプロジェクト運営

情報セキュリティ管理編:まさか自分の個人情報を自ら公開しているなんて

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛



  『 成 長 し て い く プ ロ ジ ェ ク ト 運 営 』


    発行者:Lute株式会社    岡田 真二
       (りゅーと)
                     2014年3月20日号  VOL.464

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  
  ご無沙汰しております。
  
 ★ 情報セキュリティ管理編 ★
  
  
 まさか自分の個人情報を自ら公開しているなんて。
  
  
  ツイキャスってご存知でしょうか。若者に流行っているスマホ・タブレット
  によるLive中継アプリです。
  今現在の自分自身の状況を不特定多数の人に動画で発信することで、
  多くの人とつながる動画SNSとでもいいましょうか。
  
  これもおしゃべり上手な人ほど、閲覧者が集まります。
  しかも何か行動して頑張っている動きのある動画ほど人気も高まります。
  
  
  しかし、知らぬ間に個人情報が漏れていっているのに疎い方が多いのも
  事実です。
  車での通勤時や移動時をそのまま中継している場面も多く見受けられます。
  周囲に映る景色や本人のコメントなどから容易に本人の詳細な個人情報が
  推測できることもあります。
  
  たとえわからなくても、周囲の景色が映れば、知っている人がSNSを通じ
  て情報を拡散しているのです。
  そこからストーカーなどの犯罪につながっていきやすいのですが、
  動画を流している本人にとっては、危ないという認識が薄いのです。
  むしろ自分を世界中にアピールできるという安易な思いで良い面だけを
  考えて、悪い面まで意識が至っていないのです。
  
  
  
  発表会やコンサートなど、ちゃんと多くの人の前で発表する目的であれば
    映す範囲、内容、話す言葉など選んだものになり、
      個人情報が漏れる心配はまずないでしょう。
  
  しかし、そんな用意周到な映像には見る側にとって興味が薄く、
  日常のライブだからこそ意図しないハプニングを期待して見ているもの
  なのです。
  意図しない周囲の様子や予想しない映像や音声は、見ている人には楽しい
  ものかもしれません。しかし本人にとっては見てほしくない内容の
  はずです。
  また本人が意図しない情報ほど、勝手に拡散していきやすいのです。
  本人にとっても迷惑だし、恐怖さえ感じるようになります。
  
  使い方を間違えないようにするだけでなく、
  ツイキャスをしている方を見かけた場合には、
    意図しない情報の拡散の危険性についても教えてあげてください。
  
  
   ・買い物お出かけ中継
   ・車で通勤途中の中継
   ・仕事場や学校からの中継
   
      など、知らぬ間にというか、漏れても構わないという素振りで
      熱心に中継して、SNSで詳細まで教えている人も見かけました。
  
  職場であれば、漏れてはまずい秘密情報もたくさんあります。
  「仲間内だけでのツールではない。」
           ことの認識が足りないのです。
  
   世の中良い人ばかりだと思っているのか、
   ストレス発散のための自暴自棄なのか は図りかねますが、
      後から後悔する人が多いのです。
  
  また周囲の人にとっても、勝手に映り込まれてしまうことは迷惑なことです。
  
  
  ツイキャスなど今後、動画配信はますます精細にキレイになっていくこと
  でしょう。となるといままでよりもはっきりと細かいものまで映り込むことに
  なります。
  また観る側にとっても録画・編集機能や再配信などが行えるように進化して
  いくでしょう。
  
  そうなると短い動画が何回も再生・再配信されて永遠に消されなくなるかも
  しれません。
  
  
  
  動画の配信は、非常に簡単になりましたが意図しない情報が漏れていく
    危険性も正しく認識してほしいのです。
  
  
  
  
  
∠∠∠∠∠∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠ ∠∠∠∠∠∠
《編集後記(私心)》
  
  
  誰でも、「復活」という物語に勇気づけられます。
  
  ソチオリンピックで浅田真央選手はSPでミスしましたが、フリーで立ち
  直った姿に多くに人が感動を覚え賞賛を贈っていました。
  最初から期待通りの演技をしていたら、あんなに記憶に残ることはなかった
  でしょう。
  勝って当たり前を普通に達成していたら喜びはありますが、多くの人の記憶
  には残らなかったのではないでしょうか。
  
  一度、どん底を経験して屈辱を味わってから、成功をものにする物語に
  自分自身の投影しようとすると記憶に鮮明に残ってしまいます。
  
  アップダウンの物語を観客と一緒に経験したことで、
      成功の喜びは、観客と共に倍になって経験することになりました。
  
  大変な努力があっても、非常に短い時間の中で感動を与える物語作ることは
  なかなかできるものではありません。
  
  短い時間に観客を魅了するということがどれほど大変なのかを
  思い知らされました瞬間でもありました。
  
  まさにラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と同じ運命を共有したんだなと
  私は勝手に思っています。
  
  
  
  
  
  ●それはちょっと違うのでは、私ならこう思う、
   こうしたらモットいいんじゃない、こういう場合にはどう考えるの?
   いろいろな意見があると思います。
  
  \/ あて先は、info@lute.co.jp です
  
  
  
  お客様の問題(Solutiuon)を解決して、お客様が発展(Evolution)していく
      Lution → Lute  共通の礎になる 
                Lute株式会社 でございます。
∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝
☆本メールは、私の経験を元に啓発用として書いておりますので、
 各々の状況や背景によって適用できない場合もあります。
 この内容によって生じた損害等の責任は負いかねますのでご承知願います。
☆このメルマの転送はOKですが掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。     (C) Copyright 2007-2013
☆このメルマガは『まぐまぐ!』で配信しております。
 購読・解除はご自身でお願いいたします。こちらから出来ますよ!
       http://blog.mag2.com/m/log/0000254490/
∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝
【発行者】Lute株式会社(リュート)
               代表取締役 岡田 真二
【オフィス】〒451-0042
   名古屋市西区那古野2丁目11-22  丸井ビル306号
   電話 : 052-581-1573
【ホームページ】 http://www.lute.co.jp/
このマガジンは「成長していくプロジェクト運営」をスローガンに
  プロジェクト運営に役立つ情報をわかりやすく配信しています。
                  
 よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さいネ。
    ★★ まぐまぐ殿堂入りメールマガジン ★★

【メルマガ解除】 http://blog.mag2.com/m/log/0000254490/ 

∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠∠
                          ・
                          ・
☆情報セキュリティ対策は、情報セキュリティスペシャリストにお任せあれ。☆
                 http://www.lute.co.jp/
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
                          ・
 

成長していくプロジェクト運営

発行周期: 平日日刊 最新号:  2017/03/31 部数:  2,314部

ついでに読みたい

成長していくプロジェクト運営

発行周期:  平日日刊 最新号:  2017/03/31 部数:  2,314部

他のメルマガを読む