田中優の“持続する志”

第693号:3/10(日)「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募助成 一般公開プレゼンテーション(参加無料)

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第693号
2019.3.5発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□


Contents
…………………………………………………………………………………

1.3月10日(日)「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募助成 
  一般公開プレゼンテーション(参加無料)

2. 「昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中 研究」

3.「捨てない・働かない・旅するパン屋は愛溢れる自然体」
  
…………………………………………………………………………………


~参加無料&どなたでも参加OKです!~
 
田中優も審査員として参加します!
 

『3月10日(日)2019年度「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」公募助成 
一般公開プレゼンテーション』

 https://www.actbeyondtrust.org/info/4516/

 EUの暫定使用禁止後の欧州食品安全機関による再調査でもハチへの危険性が
再度指摘されたネオニコチノイド系農薬は、世界的な研究の隆盛により、さら
に広範な生態系への悪影響や、脊椎動物における神経毒性のメカニズムなどが
明らかになりつつあります。
 
そのような動向を踏まえ、本年度は調査・研究分野に的を絞った公募としました。
 

 一次選考を通過した6企画について、最終選考に向けたプレゼンテーションを
公開で行います。

 身近に迫る汚染の実態に着目する研究者たちの提案を吟味できる機会です。
多数のご来場をお待ちしております(参加無料)。
 


【日時】 2019年3月10日 14時~17時


【会場】 小山台教育会館205 会議室 (東京都品川区小山4-11-12)
     東急目黒線 武蔵小山駅西口より徒歩3分 
     http://www.koyamadai50.jp/access/
 

【プログラム】
https://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2019/02/2019-presentation.pdf


1次選考を突破し公開プレゼンテーションに臨む6企画はこちら!(敬称略)
 

1)特定非営利活動法人 福島県有機農業ネットワーク
Moms Across America から学ぶ、浸透性殺虫剤ほか農薬のフリーゾーンを作るための
プラットフォーマーに関する調査研究


2)千葉工業大学創造工学部 亀田研究室 亀田豊
ネオニコチノイドによる水生生物への生態リスク比較~作目種及び散布方法による影響~
 

3)木口倫 
都市排水中における浸透性殺虫剤の流出実態の解明


4)辻野兼範 
ネオニコチノイド系農薬が佐鳴湖の生態系に与える影響調査
 
5)特定非営利活動法人河北潟湖沼研究所
平野部の水田ではネオニコを使う必要が無いことを証明し見える化する

 
6)苅部治紀
ため池や自然止水域におけるネオニコチノイド系農薬の汚染状況と絶滅危惧水生昆虫の生息状況の相関調査


【主催】abt(一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト)


農業や農薬、環境問題などの、今後の活動のヒントになるかもしれません。
皆さまお待ちしています!


☆ネオニコチノイド系農薬、何が問題?
についてはこちらもご参照ください。
https://www.actbeyondtrust.org/project-neonico/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中 研究」 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


小さな生物から滅んでいくと思うから、昆虫の前に微生物が心配です。

  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中 研究」
 https://www.afpbb.com/articles/-/3210763 


 世界の全昆虫種の半数近くが急速な減少傾向にあり、その3分の1ほどが地球
上から姿を消す恐れがあるとの研究結果が、このほど発表された。これにより、
食物連鎖や農作物の受粉において悲惨な結果がもたらされると、研究は警告して
いる。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「捨てない・働かない・旅するパン屋は愛溢れる自然体」 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この話、共感するなぁ。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「捨てない・働かない・旅するパン屋は愛溢れる自然体 夫婦で年商2500万円 
薪の石釜で焼く国産小麦パン(井出留美) - Y!ニュース 」
 https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190207-00113924/


 2015年、Facebook(フェイスブック)で目にした投稿があった。
広島のパン屋、ブーランジェリー・ドリアンの田村陽至(ようじ)さんが書いた
「捨てないパン屋」と題したブログの文章だった。何百人もの共感が集まっていた。
それだけ、パンは「捨てる」イメージがあるのだろう。


 かつて田村さんは、モンゴル人の友人に「パンを捨てるのはおかしい。
誰かにあげるか、安く売るかすれば」と言われ、「それはできない」と答えたそ
うだ。でも、彼女の方が正しい、と思った。その後、フランスやオーストリアで
パン作りの修業をし、ほどほどの時間働いて美味しいパンを焼き、1個もパンを
捨てない、ヨーロッパのパン屋の働き方を知った。

 帰国してから、その働き方に変えてみた。8人で働いていたが、今は、夫婦二人。
朝から昼まで田村さんが焼き、昼から夕方まで奥さんが接客。以前、借金を背負っ
ていたパン屋は年商2500万円。たくさんの人で働いていた時と売り上げは変わらず、
休みは増えた。2015年秋からパンを1個も捨てていない。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DMMオンラインサロン
  『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』


ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,009人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式オンラインショップ  https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/03/21 部数:  5,917部

他のメルマガを読む