田中優の“持続する志”

第652号:ライヴ・アースまつやま2018へ向けて&昨年のトーク動画、書き起こし全文 ~農業・種子法のお話~


カテゴリー: 2018年05月14日
□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第652号
2018.5.14発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



いよいよ今週末となりました! 「ライヴ・アースまつやま2018」

田中優は第1回目から呼んで頂いていて、今年で11回目です。

今年のライヴアースまつやまに向けて、田中優よりメッセージが届きました!



「食の権利は種によって保障されていた。

それが「主要農産物種子法」の廃止によって放置され、

やがて種子は遺伝子操作技術を持った企業に独占されてしまうだろう。

今すでに農薬の被害を受けている子どもたちは、さらに被害を受けてしまう。

子どもたちを守るため、現状の「種、食、農」の話をしたい。

新たな農を実現するための提案をしたい。」(田中優)



今年は何と、ステージ以外でもお話の機会があります!
しかも直接質問できます!

お話の内容はそれぞれ異なる予定ですので、どうぞお楽しみに☆

トーク以外の時間は、会場でライブやマルシェなどを楽しんでいると思いますので、
見つけたらお気軽に話しかけてみてください♪


↓

【トークゲスト】田中優さんのお話し 2018

☆優さんに質問ができ、応えていただけます!

トークの会場と時間はこちらです

1)ヨガテント 10:45~11:15 (質疑あり)

2)ステージ  14:00~14:20

3)本部テント ~14:50 (質疑あり)

4)キラキラ 15:50~16:10



------------


♪♪ ライブ・アースまつやま2018 ♪♪ 
 http://liveearth-matsuyama.com/


日時:2018年5月20日(日)10:00~18:00 (雨天決行)

会場:愛媛県松山市 堀之内・城山公園 やすらぎ広場


ステージ タイムテーブル

10:00~ オープニングヨガ

10:50~ 空手演武

11:40~ AQUBEE

12:50~ LITTLE CREATURES

14:00~ トークゲスト 田中優

14:50~ DEWACHEN

16:40~ EGO-WRAPPIN’


☆お得な一般前売り発売は5月19日までです。

【一般】 2800円 
【ペア】 5000円・・お得なペアチケットは数量限定販売、なくなり次第終了
http://liveearth-matsuyama.com/event


【当日券 4000円】会場チケット売場にて(入場ゲート横) 
【学割2000円・学生証提示】 
(高校生以下無料) 
 
5月20日(日)愛媛県松山市、城山公園やすらぎ広場にて、
スタッフ一同、心よりお待ちしております。



--*--*-*--*--*--*--*--*--*--


こちらは昨年のライヴアースまつやまでの田中優のトーク動画と、
その書き起こし全文です。



『ライヴ・アースまつやま2017~農業の話~(動画と書き起こし)』

 http://tanakayu.blogspot.jp/2017/09/2017.html



★動画はこちらより

『ライヴ・アースまつやま2017 午前の部~農業のお話~』
 https://youtu.be/R7atDqqVifk 



 今日は農業の話をしてみたいと思います。


 というのはぼくの家は水を井戸にしたので自給、電気も太陽光発電とバッテリ
ーで自給、そしてお湯も太陽温水器で自給、ほとんど自給を始めてしまっていま
す。すべてほとんど自給になっていくとですね、支出が少なくてすむんですね。
支出が少なくてすむと、お金を稼がなくていいし、お金に頼った暮らしをしなく
ても生活ができる、これ、かなり安心感につながるんですよ。

 ぼくは大学で非常勤として教えているんですが、学生たちって本当に就活に追
われているんですよね。その就活で追われている学生たちに、いや別の生き方も
可能だよという風に見せていきたいわけです。


 そういう中でまだ農業をやっていなかったなと思って、最近自分の家の庭で家
庭菜園みたいなことを始めたわけですね。やってみる中で、最近なんと意外な法
律が廃止になっていました。


 日本の中で、「主要農作物種子法」が廃止になりました。主要農作物って何か
というとお米の稲、それと小麦大麦裸麦、あと大豆、まぁ主要な種なんですがこ
れを国が管理して都道府県に任せて、そのおかげでF1ではないきちんとした種
を政府が価格を抑えて作らせてきたんです。この法律が廃止になってしまいまし
た。

 「いったい何のためにその種子法をなくしてしまうのか?」ということなんで
すが、別な法律も同時に作られまして、そこに書いてあるものを読むとこの種を
民間企業に助成、または配る譲渡することによって農業を作新する、なんて書い
てあるんですね。


 種を受け取って作新する方法って何だろう?と考えてみると、当然遺伝子組み
換え作物なんかをやっているモンサント、シンチェンタとかのアグリビジネスを
する会社を思い浮かぶわけです。実はそれらの会社の意向にそった形で、種子法
が廃止されてしまいました。


 種子法が廃止されちゃったというのは結構困ることでして、「日本の中でなぜ
種子法が作られたのか?」。実は戦後にものすごくみんな飢えてしまいまして、
食べ物の種を確保したいと思っても、種の確保ができなかったんですよ。だから
良い種を作って、それで農業をやっていくようにしたいということで、「主要農
作物種子法」ができたのに、それが今回廃止になってしまったんですね。


 そうすると、その種は民間会社に売られていき、その種を一番買いたがってい
るというか手に入れたがっている会社がモンサントのようなアグリビジネス。

 モンサントは何をするかと言うと、その良いお米の種を手に入れて、ラウンド
アップというような除草剤(これを開発したのもモンサント社)を使っています
ね。この除草剤をまいても枯れないお米を遺伝子組み換え技術で作ってしまおう
という方向に進んでいきいそうな状況なんです。


 これ結構怖いことでして、世界で見てみると、「種を制する者は世界を制する」
と言われているんだけれども、その種が今どんどんと大企業に占められつつある
んですよ。それが結構怖いことで、アメリカにもじような「種子法」のことがあ
ったんだけれども、それがなくなった後どうなったかと見てみると、やっぱり
「モンサント社」と「シンジェンタ社」の種が多くなっています。それを考える
と日本の従来から使ってきた種を台無しにしちゃいそうなんです。


 そしてその日本の「種子法」で作った種って、皆さんがDIYの店で買ってくる
種、あれと違うんですよ。今の「種」というのは、ハイブリッドと呼ばれるよう
なF1(エフワン)の種なんですね。F1の種って何かと言うと、雑種のAと雑
種のBを掛け合わせると、第一世代だけ「トンビが鷹を生む」んです。非常に良
い作物を採ることができる。これがF1なんですね。


 ところがそのF1とF1を掛け合わせるとどうなるかと言うと、今度は「鷹が
トンビを生む」んです。全然ダメな種に戻ってしまう。そうするとF1の種を使
って作物を作ると、永遠にF1を買ってこなくちゃいけない。農民というのは常
に種屋さんから種を買ってこないといけなくなる。そしてその種がモンサントの
ような遺伝子組み換えの種だと、同時に除草剤を買わされることになっちゃうわ
けですね。


 そういう風にして今農業をやっている人たちちは今後どうなるかというと、た
だの栽培人にされます。ただ栽培して売るだけの人にされちゃうんですね。だか
らやっぱり種が大事、種をちゃんと確保しておかないと。


 それに対して今回廃止になった種子法の場合には、この種をF1にしていない
んです。完全な純粋種を作っていて、これが美味しいよ、例えばササニシキとか
コシヒカリとか、たくさんの種がありますけど、あれらの種はそうやって純粋に
して作ったものなんですね。F1じゃないんです。だからその種を農家が採って
もう一度植えると、きちんと良い作物が育つんですよ。ここが大きな違いなんで
す。


 そして農業の種の法律には2つあって、その種子法というのと、もう一つは苗
の方の「育苗法」。この2つの法律があって、「種子法」が廃止されて「育苗法」
の方に必要な条項は残すんだと言っているんだけど、「育苗法」って、実は特許
パテントのための法律です。だからF1の種とか知的所有権が守られるパテント
料がつく、そういう種なんです。今全部が一色に変えられようとしてしまってい
ます。

 そうすると我々は種を国が守らなくなるので、市民なり農業者なりが自分たち
で種を管理して守る、ということをやらないと、みんな企業に持っていかれてし
まうというのが現在の状況なんです。

 そしてそういう農業になってしまったら、全く自由がきかない、農民というの
は小作人どころか単なる育てるだけの「栽培者」にされてしまうわけですね。


 だから自由な形での農業というのを残すためには、やっぱり種が大事。
それをやっていきたい。それが必要になってきた、という状況なんですが、その
一方で例えば地球温暖化の問題、というのが今問題になっていますが、その中で
実に画期的な話が出てきました。


 世界の二酸化炭素を排出したものの中で、実はトータルで見ると半分を占めて
しまうのが農地なんですよ。例えば「土」が、「土」がと言っても単なる無機質
の「土」だろうと思いきや、生き物の死骸や種、そういったものがたくさん含ま
れている「腐葉土」になっているわけですね。その「腐葉土」というのは、生き
物由来のものがたくさん含まれていて、炭素がたくさん入っている有機物なんで
す。それを燃やしてしまうと、ただの荒れ地になってしまって、土の中に含まれ
ていた炭素がみんな燃えて二酸化炭素になってしまうんですね。

 ここに画期的な方法が出てきました。フランス政府が主張したのですが、農家
の場合には、今やっている農地に0.4%だけ炭素を多めに入れてくれれば、現在
人間が毎年排出している二酸化炭素の実に70%を安定させてしまうことが出来る。

 つまり、毎年出されている地球温暖化ガスの7割を貯めることができる。する
と温暖化問題は解決できます。土に炭素をたくさん含めてやれば解決可能なんだ
というのを、フランス政府が出してきたんですね。

 そのフランス政府のアイディアというのが実は有機農業、有機無農薬の人たち
が考えついたことで、それをやれば確かに土の中に二酸化炭素を貯蔵することが
できるんです。


 今の二酸化炭素の貯蔵は、昔堀った天然ガスの跡地のところに二酸化炭素を投
げこんじゃえとうことで100万トンとかとんでもない量の二酸化炭素をそこに突っ
込んでしまっている。でも日本人だったらわかりますね、地殻変動なんて始終起
こるんですよ。そんなところに詰め込んだって、地殻変動が起これば100万トンの
二酸化炭素がバーッとそこから出てくる、そんなことをしたら地球はその時から
もうおしまいになることが決まるわけですね。

 だから二酸化炭素を貯蔵するのに、岩の間とかそんなところに突っ込むのはダ
メだよと日本の場合考えるわけです。それと全く違う方法が農地に二酸化炭素を
貯めていくことなんです。要は土に炭素を入れてしまう、それは圧倒的な効果が
あるというのが出されたんですが、これについてさらに画期的なことがわかりま
した。

 アマゾンで、何度耕作しても連作障害を起こさない奇跡の土というのがあった
んです。それを日本人などが移民で随分行っていたんですが、その日本人の移民
の人はそのことに気がついていて、こういうやり方ができるといいね、なんてこ
とを考えていたんですけども。それをアマゾンの先住民は長らくそれをやられて
いて、一番古いものは8000年前からしていたんです。

 8000年前に作られた「テラ・プレタ(黒い土)」というものなんですが、その
「テラプレタ」のはすごいねと言われていたんですが、西暦2000年を超えて2002
年のときに初めて研究者がそれを調べて結論を出したんです。


 何とテラプレタは人間が作ったものだった。だから人間のインディオの人たち
が8000年も昔から作ってきた「土」だったんです。そしてその「土」は8000年経
った今でも生きています。ちゃんと連作障害を起こさない肥沃な土として現在も
存在しているんです。それを作ったのは「人間だった」というのがわかったんで
す。

 その方法は炭の利用だったんですよ。土の中に炭を一緒に耕して入れていくこ
と、そしてそれ以外のものもたくさん入っていて、ゴミ捨て場のように見えるほ
ど色んなものが突っ込まれているんですが、それが微生物と共に土を作っていた
んです。


 それらの「テラプレタ」、人間が作った「テラプレタ」がですね、8000年を超
えていまだに生きていて、肥沃な土地になっている。なおかつ「テラプレタ」を
入れた土地は、周囲もだんだん肥沃になっていくということがわかったんです。
「これはいったいどういうことだ?」ということで今世界中でテラプレタを人間
が再現できないかということで調べているんですが、今のところまだできていま
せん。


 でも炭で言うと、炭って世界の中で一番作り慣れているのは日本人なんですよ。
だから日本に「炭ってどうやって作っているの?」ということで調べに来ました。
だけど日本の炭って、白炭、黒炭、非常に高い温度で作ったものと、低い温度で
作ったものと、どっちについても非常にソフィスティケイトされていて、精錬さ
れすぎちゃっていて、その「テラプレタ」に使われた炭はたった200℃で焼かれて
いて粗野なものだったんです。そんな低温で炭を作るなんていうのは、残念ながら
日本にもなかった。だから一からこの「テラプレタ」をやらなくてはいけない。

 そのテラプレタはどれくらいの炭素を土に含めているか、というのを調べてみ
ると、さっき言ったフランス政府が0.4%だけ土に入れてくれれば現在排出してい
る二酸化炭素の70%を回収できるというものと比べて、何と10倍以上の炭素を回
収できてしまうんですよ。


 そうすると何が起こるかというと、これからその「テラプレタ」のような土の
中に炭素を入れていくということをやると、本気で世界中がやったとすると、
1年で現在排出してしまったものも過去に排出してしまったものも回収できちゃ
うんです。

 ただ1年でもしやるとしたら木なんかみんな炭にされちゃいますから少しゆっ
くりやった方がいいわけですが、それにしてもゆっくりやっていけば地球温暖化
は炭によって解決可能だというのがわかったんですね。そしてそのテラプレタと
いうのが面白いと思って、我が家でも炭を作ってみました。そして農地の中に入
れてみました。


 そうしたら面白いことに炭というのはとにかく微生物のマンションになるんで
すよ。小さな微生物がたくさん住み着くことのできるマンションになります。
そのマンションの中に入った微生物たちが、土壌の中のミネラル分、これを一生
懸命集めてきて、植物の根っこに渡すんですね。実は植物の根っこは微生物と共
生していて、植物は微生物に液体化された炭素を与えるんです。どっちかがいな
ければ育つことができない。だからどちらもいなければ存在できないんです。
 それを、炭を入れてやることによってどんどん推し進めることができるんです。


 その結果、炭を入れてみたら、とにかくよく作物が育つようになりました。
これを世界中がやってくれたら、現在の地球温暖化の問題を全く別な形で解決す
ることが可能なんです。その可能性を持っている農業というものを、一方で政府
は「種子法の廃止」という形でダメにしようとしているんですね。
 これもったいなくないですか?


 せっかく地球温暖化防止の解決策が見つかったのに、その農業というジャンル
をダメにしてしまう。でもそうすると人によっては、「いやでも今の効率の悪い
小さな農家より大きな農家の方がいいんじゃないか」という風に考える人がいる
かもしれない。


 でもね、農地の生産量は小さな農家の方が多いんです。だって大きな農場、例
えばアメリカのコーンベルト、トウモロコシばかり作っているエリアは、トウモ
ロコシを年に1回しか作らないでしょう? ところが小さな農家はそこに色んな
野菜を混植して入れて、ずっと作物を育てていきますよね。だから収穫量を合計
してみると、大きな農場は全然収穫量が少ないんです。小さな農家の方が、収穫
量が圧倒的に多いです。そういう方向が見えてきているのに、その農業を台無し
にするような方向の政策をとろうとしている。これはぼくにとってはもったいな
くてしょうがないんです。


 有機無農薬の話で、キューバが有機無農薬ですごく飢えちゃうような時期を乗
り越えたことがあります。今でも「スペシャルピリオド」とキューバの人たちは
その期間のことを呼ぶんですが、それまで農薬バンバンの農業だったのに、何と
1人の餓死者も出さずに乗り越えちゃったんです。


 その時に何をやったかというと、「有機無農薬」の農業です。その有機無農薬
をやった人たちは、何とアジア系の人たちが多かったんですね。アジア系の人た
ちが「有機無農薬」を、全然推奨されない時期にもやり続けていたんです。でも
旧ソ連が崩壊して、「今後どういう風にしていったらいいんだ?ソ連からの援助
も止まって石油も届かないし農薬も届かないし」という時に、その人たちが未来
はこっちの方向だと指さしたおかげで1人の餓死者も出さずに乗り越えられたん
です。


 ぼくはその可能性を持っておく必要があると思っていまして、この松山の少し
離れたくらいのところの農地には有機無農薬で真面目にやっている人がかなり多
いんですよね。たぶんここにも出店されていると思うけども、そういった人たち
の技術を継承して、それをみんなが自分の家でやっていてそれを種として自分で
持っておく、そうすることで「いよいよ飢えるぞ、円が安くなっちゃうってもう
何にも輸入できないぞ」という時代になったら、キューバのように乗り越えるこ
とができるようになります。それをやっておく必要があると思うんです。


 その時に日本の農家というのはかなり優れた技術を持っている人たちが多いの
で、この人たちと一緒に次の未来を作ることができたら、どんな事態も乗り越え
られるかなと思っています。それほど農業は大事で、そして「種子法」が廃止に
なってしまっていよいよヤバイなという時代に今なったんだけども、だったら今
度は自分たちでそれを守れるような仕組みを作ろう、農家と一緒に自分たちでそ
の仕組みを作っていこうよということをやっていくのが必要かなと思います。


 ライヴアースまつやま、そしてそのアース(地球)を考えていくときに、私た
ちはそんな大きな力はありません。だから私が突然命を賭けたって大して社会を
変えることはできません。


 だけどその小さな力がいっぱい集まったとしたら社会は変えられるんです。
ぼくはそっち側に期待をしていきたい、それを何とか実現していきたいと思って
います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第161号「送電線ジャングルを抜けて」(4/30号)

・特典号:「地域経済と自然エネルギーのいい関係」

・第160号「石木ダム建設予定地にて~住むんだったらここがいい!~」(4/15号)

・第159号「戦争と温暖化」(3/30号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DMMオンラインサロン
  『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』始まりました!


ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,032人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式web shop https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/11/09
部数 6,024部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

田中優の“持続する志”

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2018/11/09
部数 6,024部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング