サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

第517号  パンピング

■■■■■────────────────────

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編
     
 ━サーフィンは後ろ足だ━
        河村総合研究所
        http://www.kawamuramisao.biz
                           サーフィンをプロデュース
        http://surfingproduce.seesaa.net/    
                                   18/05/13

第517号  パンピング
──────────────────── ■■■■■
皆様、こんにちは、河村 操です。
サーフィンの調子はいかがですか。

今号から新たに購読して下さった皆様、
はじめまして。今後とも
よろしくお願いします。

最近、よく皆さんからメールを頂ける
ようになりました。ありがとうございます。
皆さまからのメールが私の活力源です。
皆さまも是非、ご意見ご感想、ご質問
などお送りください。

この度、過去のブログとメルマガ内容を
まとめた、サーフィンの本質をお伝えする
無料レポートが完成いたしました。是非、
一度お読み下さいませ。

無料レポート「サーフィンは後ろ足だ」

http://xam.jp/get.php?R=9574






■パンピング

たるいなみを
パンピングをしながら
つなぎ

インサイドで張ったところで
再びかっ飛んでいくという
サーフィンがまあまあ好きです

パンピングのときに
しっかりリズムを繋げば
インサイドでアップスに入りやすくなります

波が厚くなり始めたら
後ろ足を踏み伸ばします

それと同時に前足をひきつけます

沈んだテールが
浮こうとする力を妨げないように
後ろ足をひきつけ
それと同時に
前足を伸ばしてノーズをさげます

板を引きつけることにより
位置エネルギーを蓄え(わずかですが)
加速を助けます

ノーズから着地した板は
やがて全体がつきます

前をしゃくるように
再び後ろ足を踏み伸ばします

そのリズムを刻みながら
インサイドに向かい
波が張ってきたところで

同じリズムのまま
左右の動きを入れます

するとそれはそのまま
4拍子のアップスになり
インサイドをかっ飛んでいきます

厚いと
たるいと
面白くないですが

パンピングの練習ができると
受け入れて
やりましょう

踏んでひきつけて
のリズムはサーフィンに生きています
楽しみましょう













#最近インスタで
サーフィンのイラストを書いています

エアーや
フィンアウトの
シーンが多いです

イメトレにもいいと思うので
興味がある人は
ぜひフォローお願いします

https://www.instagram.com/misao_k/



■facebookページのほうもお願いします


https://www.facebook.com/hipbacker/



■インスタはじめました

https://www.instagram.com/misao_k/





■ 発行者情報

発行責任者:河村総合研究所 河村 操
http://kawamuramisao.biz/
住所:〒525-0027 滋賀県草津市野村5丁目9-34-810
連絡先:kawamuramisao@gmail.com









ついでに読みたい

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/20 部数:  1,689部

他のメルマガを読む