サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

第509号  パドルは技術だ

■■■■■────────────────────

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編
     
 ━サーフィンは後ろ足だ━
 河村総合研究所
 http://www.kawamuramisao.biz
 サーフィンをプロデュース
 http://surfingproduce.seesaa.net/    
 18/02/18

第509号  パドルは技術だ
──────────────────── ■■■■■
皆様、こんにちは、河村 操です。
サーフィンの調子はいかがですか。

今号から新たに購読して下さった皆様、
はじめまして。今後とも
よろしくお願いします。

最近、よく皆さんからメールを頂ける
ようになりました。ありがとうございます。
皆さまからのメールが私の活力源です。
皆さまも是非、ご意見ご感想、ご質問
などお送りください。

この度、過去のブログとメルマガ内容を
まとめた、サーフィンの本質をお伝えする
無料レポートが完成いたしました。是非、
一度お読み下さいませ。

無料レポート「サーフィンは後ろ足だ」

http://xam.jp/get.php?R=9574






■パドルは技術だ


波のスピードに合わせて
全力でインサイドに向って漕ぐっていうのは
大事ですが

波が割れる場所に行くために
漕ぐっていう考え方もあります

あそこで
割れるから
そこに行く

波が速ければ
早く目的の場所に行く必要があるので
パドル力をあげるし

おもったより
早く波が割れると思えば
沖に向かって全力で漕ぐ必要もでてきます

フラフラ~
ウロウロ
としながら

波の割れるところを
さぐるって感じです

そのためには
寝ても覚めても
パドルをしないといけません

私はなかなか海に行けないので

トレーニングで
パドル筋が落ちないようにしています

三角筋を使って
前の方で水をつかまえると
胸筋で水に腕をひっかけて
体を前に運び
最後に広背筋を使って
腕を後ろにもっていきます

つかめばつかむほど
水が重たくなり
筋力がないと負けてしまいます

技術を上げ
水をより多く捕まえることができたら
それに耐える筋肉が育ちます

使う筋肉がわかれば
そこを鍛えることもできます

パドルは前半型
後半型とありますが

前で捕まえるのが
私が好きです

まずは
水を捕まえろ
です



#最近インスタで
サーフィンのイラストを書いています

エアーや
フィンアウトの
シーンが多いです

イメトレにもいいと思うので
興味がある人は
ぜひフォローお願いします

https://www.instagram.com/misao_k/



■facebookページのほうもお願いします


https://www.facebook.com/hipbacker/



■インスタはじめました

https://www.instagram.com/misao_k/





■ 発行者情報

発行責任者:河村総合研究所 河村 操
http://kawamuramisao.biz/
住所:〒525-0027 滋賀県草津市野村5丁目9-34-810
連絡先:kawamuramisao@gmail.com








サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/20 部数:  1,689部

ついでに読みたい

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/20 部数:  1,689部

他のメルマガを読む