サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

第108号 調子の波

■■■■■────────────────────
 サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編
      ━サーフィンは後ろ足だ━
                  技術理論研究所
           http://www.rirontozissen.com
                           サーフィンをプロデュース
         http://surfingproduce.seesaa.net/    
                                   10/06/28
第108号   調子の波 
 ──────────────────── ■■■■■


皆様、こんにちわ。田地 悠平です。
サーフィンの調子はいかがですか。


今号から新たに購読して下さった皆様、
はじめまして。今後とも
よろしくお願いします。


最近、よく皆さんからメールを頂ける
ようになりました。ありがとうございます。
皆さまからのメールが私の活力源です。
皆さまも是非、ご意見ご感想、ご質問
などお送りください。


この度、過去のブログとメルマガ内容を
まとめた、サーフィンの本質をお伝えする
無料レポートが完成いたしました。是非、
一度お読み下さいませ。



無料レポート「サーフィンは後ろ足だ」

  http://xam.jp/get.php?R=9574

メルマガの解除はこちらからお願いします。
http://www.mag2.com/m/0000249855.html



■調子の波。


突然調子悪くなる時ってありますよね。
昨日まで、さっきまで絶好調だったのに
いきなりだめになる。


これはどんなスポーツでも起こります。
もちろんプロレベルでもです。
そんなとき一流の選手はチェックポイントを持っています。


「だめだ調子が悪い。基本に帰ろう。」
そして自分の調整方法で動きをチェックします。
「なるほど、ここか」
早く振りすぎてたんだなあとか
インサイドにあげすぎてたなあとか
手だけで振ってたなあとか。


田地メソッドで言うと
「後ろ足への荷重がすこし弱くなってたなあ」
といったところです。


これがあるのとないのとでは
雲泥の差です。


私も以前は調子悪くなったら3週間くらい
回復に要していました。しかも適当にやってるので
原因がつかめないままです。


原因がつかめないまま回復しているので、
また調子悪くなったときに同じくらい時間がかかるんです。


これを救ったのが
H2Bなんです。
今ではこれがあるので一瞬です。
あかん調子悪いと思ったら
一本H2Bをやるんです。


原因がすぐにわかります。
後ろ足への圧が弱いんです。
サーフィンの場合特に
田地メソッドの場合
そこから調子悪くなるケースが多いです。


みなさんもチェック機能として使ってください。


これって実はとんでもない経済効果を生んでいるんです。
私の時給が仮に2000円とします。
3週間で24時間サーフィンするとしたら
48000円分使うことになります。


48000円使って現状を回復するんです。
それがH2Bを使ったらほぼ0です。


すごくないですか。



では。


■ 発行者情報

メルマガ名: サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編
サイト:http://www.rirontozissen.com
発行責任者:技術理論研究所 河村 照美
住所:〒525-0027 滋賀県草津市野村5丁目9-34-610
連絡先:info@rirontozissen.com


   
                

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

発行周期: 不定期 最新号:  2018/09/03 部数:  1,691部

ついでに読みたい

サーフィンの「理論と実践」ショートボード中級編

発行周期:  不定期 最新号:  2018/09/03 部数:  1,691部

他のメルマガを読む