機械設計の勘所

パイプ自動テープ貼り機の動画

丸いパイプなどに自動でテープを貼り付ける機械の設計についてのポイントについては以前に説明しましたが

今回この機械の動画を公開しました。

http://xn--c1vv9a084dhea.t-mukae.net/2010/09/post-2.html を見てください。

テープを貼るパイプを貼り付け位置に自動で送り込みます。
パイプの有無を確認後 テープ供給台が貼る位置まで移動します。
テープを定寸法送り カッターでカットして パイプに巻きつけます。
この動作を繰り返しおこないます。

この機械の仕様は以下のものです。
パイプ長さは 500~2000まで パイプ径は 直径30~50mmまで 反射テープ幅は 130~220mmまでです。

反射テープは パイプ径に応じて台紙から剥がし粘着部を自動に定寸カットします。テープの台紙は自動に巻取りをします。
テープの貼る間隔やテープの貼る枚数も自由に設定できます。
テープの貼ったときのオーバーラップの長さも自由に設定可能です。
反射テープのカッターは 反射テープにガラスビーズが入っているため 耐磨耗の特殊な刃物を使用しています。

貼り終えた後 片面 面取りも自動で行っています。

■お問い合わせは mukae@nava21.ne.jp
■サイト       http://xn--c1vv9a084dhea.papi9.com/




このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む