機械設計の勘所

タイミングベルトの低速回転時のベルト幅の選定法

タイミングベルトを使用しパルスモーター等で100rpm未満で運転する場合 使用するベルト幅の選定方法
(メーカーカタログには100rpm未満で運転するときのベルト幅選定については記載されていない。)

計算方法
 計算に必要な項目
 PB:ベルトの有効張力(kg/単位幅当り)
   ------------------------------------------------------------    
   ベルトタイプ T5      T10    XL       L      H
   ------------------------------------------------------------     
      PB  5kg/cm  15kg/cm  18.6kg/cm  24.9kg/cm  63.5kg/cm
      -----------------------------------------------------------
 T :モータートルク (kg・cm)
 d :モーター軸側プーリーピッチ径(cm)
 k :機械負荷係数 (通常1.8〜2.0 詳細はメーカーカタログ参照)
 F :かみあい歯数補正係数
    かみあい歯数  6以上  5   4     3    2
    -----------------------------------------------------------
      F     1  0.8 0.6  0.4 0.2
        -----------------------------------------------------------

 WF :ベルト幅係数
       - ------------------------------------------------------------
    ベルト幅(mm) 5 10 15 20 25 30 40 50
    ---------------------------------------------------------------
    WF     T5        0.35 1.0   1.6  2.3    -     -     -     -
       --------------------------------------------------------------
        WF     T10       -    1.0   1.6  2.3    2.9   3.5  4.6  5.8
      ---------------------------------------------------------------
 
 計算
  設計張力 PM=[T÷(d/2)]xk

  WF> PM/(PBxF)

 このWFからベルト幅を求める。


例
 モーター回転 30rpm モータートルク6.5kgcm モータープーリー径14T(T5)
 プーリー減速比 1:3 使用ベルト T5を使用するときのベルト幅を求める。

  PM=[6.5÷(2.228/2)]x1.8=10.5
  WF>10.5/(5x1)
     WF> 2.1
  上表より 20mm幅のベルトを使用すればよい。

以上
参考にして下さい。
    
■お問い合わせはmukae@nava21.ne.jp
■サイトhttp://xn--c1vv9a084dhea.papi9.com/
        http://soft.papi9.com/ 


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む