文鳥堂通信

【文鳥堂通信】鳥のおちりカレンダー写真募集

カテゴリー: 2015年06月12日
☆文鳥堂通信☆2015/6/12
http://www.bunchodo.net/

えー、前回からかなり間があいてしまいました。
「文鳥のくぼみ」にご来場いただきました皆様、どうもありがとうございまし
た。←そこからかって感じですね。
その後も色々出展したりしてました。

「オールバード」の「伊藤美代子の文鳥のささやき」でカットを書かせていた
だくことになりました。機会がございましたらぜひごらんください。

あと文鳥だいすきクラブというサイトを始めましたのでこちらもよろしければ。
http://bunchoclub.com


●鳥のおちりカレンダー写真募集
数年ぶりに「鳥のおちりカレンダー」を発行します!
ただいま鳥のお尻の写真を募集中です。
鳥種は問いませんのでお知り合いの方にもお声がけくださいませ。

http://www.bunchodo.net/ochiri/

●イベント
どうぶつつながり 6.27〜28 ギャラリー華澄草
たぶん埴輪とかあるはず。

とりづくし 7.17〜21/24〜27(前後期)ギャラリー永谷
何か新作があると思います。

****

『文鳥香』(ぶんちょうこう)中編

大旦那はすぐに小僧に文鳥を買いに行かせた。藁にもすがる思い、いや鳥にもす
がる思いである。

小僧が旅の僧に言われた場所へ行くと果たして小鳥屋があった。ピイチクパアチ
ク、たいそうにぎやかであった。小僧は珍しそうに店の中をぐるりと見回してい
た。すると中から店主が現れた。
「何かお探しですか?」
「旦那様に言われて文鳥という鳥を買いに来ました」
「ああ、文鳥ならこちらです。美しい鳥ですよ」
案内されて見るとほっそりした灰色の鳥がいた。朱の嘴が大変に鮮やかだった。
店主は文鳥を竹かごから出した。
「この鳥はよく人になついておりますよ。手をお出し下さい」
小僧がおっかなびっくり手を差し出すと、店主は文鳥をそっと手に乗せた。文鳥
はおとなしく指に止まって「あんたは誰だい」とでも問いたげに小首をかしげ
た。
「ではこれをください」
「毎度ありがとうございます」

小僧は文鳥が入った竹かごと餌を下げて店に戻った。

****
長くなりそうなので中編を作りました。
次回いよいよ後編。

文鳥堂通信

発行周期: 不定期 最新号:  2018/05/26 部数:  217部

ついでに読みたい

文鳥堂通信

発行周期:  不定期 最新号:  2018/05/26 部数:  217部

他のメルマガを読む