行政書士一発合格!『問題集大量高速回転法』

◆『寄与分』について(904条の2)

みなさん、こんばんは! 高橋 省吾です。




私の行政書士試験合格方法論の教材『問題集大量高速回転法』を
エッセンスバージョンにリニューアルしました。
価格も、6,800円に設定しましたので、利用されてください。
⇒ http://kousokukaiten.sakura.ne.jp/




それでは、今日も、頑張って行きましょう!




〓〓〓『問題集大量高速回転法』エッセンスバージョン〓〓〓〓

この教材は、これまで私がブログやメルマガで展開してきました、
行政書士試験に最短で合格する方法論を体系的に纏め上げたもの
です。
直接音声によって、編集してありますので私の真意は全て伝わる
と思います。
私の教材はこちら⇒ http://kousokukaiten.sakura.ne.jp/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 お知らせ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
私は、このたび、『資格取得のポータルサイト「とるぞ~」』で
行政書士のスーパーバイザーとして活動することになりました。
「とるぞ〜」は、素の条文に対して、カラーマーカーでライン
を引いたり、条文を理解するためのメモが書けたり、自分で空
欄問題を作成することができます。
その特徴は、              
(1) 自分だけのオリジナルテキストが作成できる!
(2) テキストから自由に問題を作成できる!
(3) 携帯電話(iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb)でも問題挑
戦ができる!
(4) 最新の法律条文をいつでも見られる!
(5) スーパーバイザーからのアドバイスをもらえる!
など、中々便利なツールですので、皆さんもご活用ください。
『資格取得のポータルサイト「とるぞ~」』はこちらから
  http://www.toruzo.net/ta/ap/Eta0000.jsp?ir=1202050334538
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


本日は、『寄与分』について解説したいと思います。



◆『寄与分』について(904条の2)

  1.寄与者の意義
    共同相続人の内、被相続人の事業に関する労務の提供、財産
    の給付、療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持
    ・増加に寄与した者をいいます。   


  2.趣旨
    以上のように、被相続人の財産の維持に貢献しながら、この
    ことを無視して均分相続で処理することは公平に反しますか
    ら、相続分の計算において寄与の程度を斟酌するということ
    です。	

       
  3.『寄与分』の決定方法

    a.第一に、共同相続人協議して定めます。
     
    b.協議不調のときは、寄与の時期・方法程度・その他一切
      の事情を考慮して家庭裁判所が定めます。
     (904条の2第2項)

   
  4.『寄与分』の計算方法
    被相続人が相続開始時点において有していた財産の価額から
    寄与分を控除したものを相続財産とみなし、改めて指定相続
    分または法定相続分に従い計算します。
     (904条の2第1項)




◆遺産の共有について

  1.898条の共有の意義
    判例・通説は、遺産の共有関係は、物権法上の『共有』と同
    義であると解しています。

  2.債権・債務の共同相続関係

    a.可分債権は、共同相続人にその相続分の割合に応じて当
      然に分割して承継されます。(大判大9・12・22)
   
    b.不可分債権は、共同相続人全員に債権が帰属します。
     (428条・429条)     
 
    c.可分債務は、共同相続人にその相続分の割合に応じて当
      然に分割して承継されます。(大決昭5・12・4)


    d.不可分債務は、各共同相続人が全部について履行責任を
      負います。(大判昭10・11・22)


    e.連帯債務は、当然に分割され、各共同相続人は相続分に
      応じて承継した債務の範囲内を負担部分とし、本来の連
      帯債務者と連帯して債務を負います。
     (最判昭34・6・19)

       
  3.相続財産の管理

    a.共同相続財産については、物権法の『共有』の規定が適
      用されます。
     
    b.共同相続人は、相続財産の全部について使用・収益でき
      ます。(249条)

    c.共同相続人は、相続財産について単独で保存行為ができ
      ます。(252条)

    d.管理行為は、相続分の割合に従い、過半数で決します。
      (252条)

    e.処分行為は、共同相続人全員の同意が必要です。
      (251条)




明日は、『遺産分割』について解説したいと思います。




それでは、明日も元気でお会いしましょう!







高橋 省吾



私へのご連絡はこちら⇒ swrbt@kousokukaiten.sakura.ne.jp 

へお願い致します。

私のブログはこちら⇒ http://aksin.blog90.fc2.com/

私の教材はこちら⇒ http://kousokukaiten.sakura.ne.jp/


 -----------------------------------------------------------------
  行政書士一発合格!『問題集大量高速回転法』
    発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000248723.html 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む