イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

市民を暗殺するイラクの権力者たち

イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.585                 2018.12.22
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.585をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年12月22日配信:市民を暗殺するイラクの権力者たち
【2】翻訳資料:バスラ、カルバラ、ナジャフの電力労働者、従業員の座り込みは3か月目に入った
イラク労働者共産党HPより 2018年12月10日
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年12月22日配信:市民を暗殺するイラクの権力者たち
★イラクでは、社会サービスが崩壊し水も電気も来ない生活を強いられている市民が政府に抗議の声を上げています。
ところが、イラクの権力者はイスラム主義の私兵を使って政府を批判する市民を暗殺しています。
2018年9月、サナテレビはこのような状況についてバグダッドの市民にインタビューを行いました。

☆最近のイラクについての表立っての報道では、内戦や軍事介入、あるいは対市民テロ攻撃などは少なくなっています。
しかし、イラク市民の命を狙う動きは相変わらず、表面的には目立たないように、巧妙に続けられています。
つまり、国家による組織的な市民の暗殺です。

◆映像に登場する女性活動家は、国家と権力者による市民の暗殺というショッキングな実態を明らかにしていきます。
バスラでは政府当局が水や電気などの生活に最低限必要なものさえまともに供給しないことに抗議
したデモ参加者が暗殺されました。
抗議行動の人権を守る活動をしている弁護士も暗殺されました。人権活動家のスアド・アル・アリさんも暗殺されました。

◇この人たちの暗殺について、たとえば「元の夫がスアド・アル・アリを殺した」としていかにも個人や
家族間の感情の問題による殺人事件のように扱われたのですが、実際にはこの人たちの活動が気に食わな
い政府権力の組織的な暗殺だったのです。

●さらには化粧品やファッションの業界で働く女性たちも暗殺されています。
これは女性の社会進出を憎悪する当局者の仕業だということです。
対市民テロの実行者を取り締まった元陸軍将校も暗殺されました。

◎この人たちは「平和活動家たちと、美の創造者たちと、人生と芸術を愛する人たち」という
3つのグループに分けられますが、自由と平和を求め生きようとする人々をイラクの権力者は
「何の騒音も立てず、静かに、彼らを抹殺した」と言うのです。

◆別の活動家によると、権力者が市民を暗殺する目的は「民衆の声や抗議行動の声を抑え込み、
国家の支配をやりきって民衆の力を支配するため」なのです。
まさに権力者は自分の利益のためには人の命を平然と、しかもひそかに計画して奪っているのです。

◇イラクでは最低限の自由や人間的な暮らしを求める市民に対しても攻撃が強められ、暗殺が横行
しています。
サナテレビはこの実態を広く知らせ、自由と生活の向上を求める声を上げて政府と権力者に立ち向
かおうと呼びかけているのです。
日本からもイラク市民の闘いに連帯していきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:バスラ、カルバラ、ナジャフの電力労働者、従業員の座り込みは3か月目に入った
イラク労働者共産党HPより 2018年12月10日
バスラ州とカルバラ州とナジャフ州では、電力労働者が連続30日の座り込みを続けて、電力省の
常勤雇用で雇用しろと要求する一方、経済的な権利が2019年の国家予算に入らない場合は広範囲
なストライキを開始すると強く要求した。

 「我々はまだ発電所の中にいて、来週の水曜日にバスラ州庁舎の前で賃金の支給を要求してデモを
するために外に出る。
我々労働者、契約労働者を正式雇用にしろと政府に圧力をかけるためだ」

「座り込みのテントには多数の契約労働者と日雇い労働者が入っていて、自分たちの将来を保証する
ために正式に雇用しろと要求しているが、我々は少なくとも市民に対して被害を与えるのを防ぐために
職場から撤退しなかった」「座り込みは政府に対する高まる要求のメッセージである。
政府に対して我々の要求に答えると圧力をかけながら、我々はストライキという手段を取るだろう」

アハメドは、「恥ずかしそうに訪れてくるバスラ州の議員もいるが、契約労働者や日雇い労働者が
経験している水準にまで立ち上がることはない。来訪者のほとんどは、ウソの約束をしていて、いつも通り、これまでのところ何も実行されていない。
しかし、バグダッドの責任は投げ捨てている」「それに加えて、我々の側で、電力省を訪問して
、国家予算の中に労働者のための予算を入れろ、そうしなければ戦術を高めて全面的なストライ
キをするぞとしっかりと約束をした」
バグダッド 2018年12月10日 イラク労働者共産党


………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/


イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期: 週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/03/16 部数:  236部

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期:  週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/03/16 部数:  236部

他のメルマガを読む