イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

THAAD(サード)を引っこ抜き、平和を植えよう

イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.578                 2018.11. 3
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.578をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年11月3日配信:THAAD(サード)を引っこ抜き、平和を植えよう
【2】翻訳資料:ワーシットの農民は小麦や大麦生産計画から排除されるのに反対して抗議行動 
イラク労働者共産党機関紙の機械訳より 2018年10月15日
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年11月3日配信:THAAD(サード)を引っこ抜き、平和を植えよう
★2018年10月24日、東京・亀戸中央公園で第32回「命(ぬち)どぅ宝団結まつりが開催され、
韓国の星州(ソンジュ)ソソンリに対するTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)の導入には対す
る運動の中心を担うキム・ヨンジェさんが参加しました。
キムさんは、祭り参加者に連帯してTHAADを撤去し東アジアの平和を作り出そうと訴えました。

☆「たった100人余りしか住んでいないちっちゃな村に、300人、400人の警察が24時間駐屯して住民たち
を監視してつきまとう場所になってしまいました」という厳しい弾圧の中で、韓国・ソソンリでのTHA
ADミサイル反対闘争が担われています。

 ◆キム・ヨンジェさんは、「韓国に配置されたTHAADはアメリカの司令部が統制する戦略用武器
として、朝鮮半島はもちろん、東北アジアの軍事的バランスを深刻に破壊するようなそういうきっかけ
を提供します」と、THAADに込められた戦争への狙いを厳しく批判します。

 ◇ソソンリでは「THAADが追加搬入された昨年の9月、駐韓米軍のTHAAD搬入を阻止するために、住民と
平和を守るために集まった500人の市民が1万人の暴力的な鎮圧警察に立ち向かって、激烈に抵抗し
て18時間も阻止させた歴史的な闘争がありました」という大変な闘いを進めてきました。
そしてキム・ヨンジェさんは必ずこの闘いに勝つ決意を語ります。

 ●さらに、「韓国ソソンリ、星州・金泉の人たちも皆様方の闘争にいつも連帯します」と訴え、日本の
私たちに「ともに平和!」と日本語で訴えます。

◎朝鮮半島では南北首脳会談、米朝首脳会談が開催され、非核化と朝鮮戦争の終結への動きが大きく
進んでいます。
いまこそ韓国・星州、ソソンリの市民と連帯し、THAADを撤去し、東アジアの戦争体制づくりを止めま
しょう。日本の憲法9条改悪を許さず、安倍政権を倒す戦いで連帯しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:ワーシットの農民は小麦や大麦生産計画から排除されるのに反対して抗議行動 
イラク労働者共産党機関紙の機械訳より 2018年10月15日

http://www.wpiraq.net/news-detial.aspx?id=18476&LinkID=1

ワーシット州の数百人の農民が小麦や大麦の生産計画から排除されるのに反対して抗議行動を展開した。

ワーシット州の数百人の農民が、水の不足を口実にして、次のシーズンから小麦と大麦という重要農産物の
農業計画から自分たちを排除するという、農業省と州農業委員会の決定に反対して、水曜日[10月10日]
に抗議行動を行った。
 
 デモ参加者のフセイン・タラドは「アッシャーブ」紙にワーシット州はイラクの食料かごだとみられている
のであり、その豊かな生産はワーシット州の農民に対して貢献する物であるとみられているのであり、農民を
農業から排除する物ではない。

 州の農業協会の地域協会代表であるアブ・ナビルは資源や農業や電力や石油の中央及び地方の当局者に
対して、農民の側にたち中央政府と農業省や水資源省から奪われた農民の権利への辛抱を取り戻すために
支援するように呼びかけた。

 彼は2018年の農業計画を再検討し、最大限10日以内で過去数年間蓄積された賃借料を農民から免除し
、種子と肥料と農薬の分配を増やし、国境の港湾を閉鎖して国内の生産物を保護し、水資源省を動かしてダム
や貯水池を建設して水を供給させようと呼びかけた。
デモが終了するときには、デモ参加者たちは要求に応えなければ、座り込んで主要道路を封鎖するという手段
に訴えると強く主張した。



………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期:  週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/03/16 部数:  236部

他のメルマガを読む