イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

誰が道路を破壊したのか?バグダッド・カラーダ地区住民の怒り

イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.563                 2018. 7.21
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.563をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年7月21日配信:誰が道路を破壊したのか?バグダッド・カラーダ地区住民の怒り
【2】翻訳資料:「朝鮮半島の平和への歩み」 2018年7月16日 AFT(全米教員連盟)
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年7月21日配信:誰が道路を破壊したのか?バグダッド・カラーダ地区住民の怒り
★イラクの首都バグダッドの中心地のカラーダ地区では、行政当局が道路を修復するという名目で工事
を行ったのに、歩道や道路のタイルや舗装がはがされ、破壊されてしまいました。
この背景には行政当局の汚職があります。
2018年5月、サナテレビはこの問題についてカラーダ地区住民に直接インタビューを行いました。

☆カラーダ地区は首都バグダッドの中心地にあり、「文化と文明の町」とされています。
町並みもきちんと整っています。
ところが、サナテレビが映像に映し出している町の様子を見て下さい。
歩道に貼られていたタイルも、道路に敷かれていたアスファルトも、無くなっているのです!

◆インタビューに登場する地域の有力者は、どこの誰かも分からない連中が「4つ以上の道路のタイル
や舗装を撤去して行きました」と訴えます
道路と共に、この人の自宅も破壊されました。一体全体、何が起こっているのでしょうか?

◇次に登場する女性がこの「茶番劇」を説明します。
バグダッドの行政当局は道路の整備をすると言って工事を開始しました。イラクでは道路などのインフ
ラの修理が遅れているので、住民はみんな「拍手を送った」そうです。

●ところが、やって来た会社名も分からない業者は道路を掘り返し、歩道のタイルをはがしただけで放置
して行きました。
行政当局と癒着した業者が、アスファルトとタイルの撤去をやっただけで、肝心の道路の補修を全部放棄
してしまったのです。
行政当局は工事費用を払ったのにこんなずさんな工事を容認しています。
住民がひどい被害を受けたのに、「我々には責任がない」と居直るだけです。

◎この番組の原題は直訳すると「破壊が新たな腐敗の顔となった」です
。行政当局と業者が癒着して利権をお互いが取り合い、しかもずさんな工事で住民生活に必要な道路が破壊
されてしまって住民は大変な損害を受けているという状況なのです。

★さらに、5月12日のイラク国民議会選挙の時にこの地区の住民のほとんどは投票をしませんでした。
腐敗選挙を拒否したのです。行政当局はそれにたいする報復を意図したようです。

☆ある住民は「車は通ることができません。砂利がむき出しで、家の水道管も破壊されたからです。これは
一体誰の責任でしょうか?」と政府当局の責任を厳しく問いかけます。

◆イラクでは、行政当局と有力政治家と業者が癒着して、地域の道路の修復などの公共投資の資金を横取り
するといった汚職がまかり通っています。
サナテレビは、こんな汚職のために市民生活が破壊されている実態を取材して映像によって伝えることで、
腐敗政権を許さない声を広げようとしています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:「朝鮮半島の平和への歩み」 2018年7月16日 AFT(全米教員連盟)
https://uslaboragainstwar.org/Article/80082/steps-to-peace-in-korea-resolution-adopted-at-the-aft-
national-convention-july-16-2018

この決議は、2018年7月16日に米国教員連盟[組合員170万人]全国大会の代議員によって採択された。
決議はフィラデルフィア・コミュニティーカレッジ[2年制地域大学]のAFT2016地域支部が発議し、
原案を修正する小さな編集をして、優先事項としてAFT大会国際関係委員会から全体大会に提案された。
大会代議員は議論なしで決議案を承認した。

大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)の指導者である文在寅[ムン・ジェイン]と金正恩
[キム・ジョンウン]が、2018年の4月27日に首脳会談で互いに会い、朝鮮半島の平和のための共
同宣言を発表した。
 
 朝鮮と韓国と米国によって朝鮮戦争を終わらせるための正式な平和協定は署名されたことは一度もない。

 朝鮮半島の安定的な平和は朝鮮半島住民と同様に米国民の利益となるものである。

 米国政府は韓国政府に圧力をかけて、近隣の村民の反対よりも、文在寅韓国大統領の反対よりも優先
させて、高高度ミサイル防衛システム(THAADとして知られているレーダー・ミサイルシステム)の設備
を配備させた。

 THAADは中国や朝鮮のような標的となる可能性のある国によるどんな核の報復も徹底的に弱体化させる
ことによって米国の核兵器の先制攻撃の効果を強めるものである。

 中国とロシアの両国は核兵器の先制攻撃使用をしないと表明しているが、米国はそのような約束をし
ていないし、トランプは核兵器の先制攻撃使用をすると威嚇している。
 
 韓国民主労総を含む韓国市民がTHAADに反対しているのは、一つにはTHAADが朝鮮半島を米中戦争につ
ながる道へと押しやっていることと、また、THAADのレーダーが近隣の住民を危険な水準の放射能にさ
らす可能性があるからである。

 2016年の夏以来、韓国のTHAAD基地近隣の村民はTHAAD配備に対する反対行動を毎日行ってきたが、
その結果、何十人もが逮捕され、抗議の焼身自殺をした1人の男性が亡くなった。
 
 米国政府は朝鮮半島における安定的な平和の維持に中心的な役割を持っている。

 米国教員連盟は韓国市民と韓国民主労総の組合及び労働者と連帯することを望んでいる。

 よって以下決議する。
米国教員連盟は朝鮮半島南北の両方の住民が朝鮮半島における平和と安全のための条件を一緒に決定
する権利があることを認める。

 AFTは米国政府に対して朝鮮半島南北の政府の間で現在進行している平和プロセスを尊重し、以下に
よって貢献することを要求する。
すなわち、

A.朝鮮半島における平和の形成と展開は朝鮮半島の民衆が決定する問題であることを認めること。

B.朝鮮半島に対して軍事的先制攻撃行動を行わないと宣言すること。

C.朝鮮半島における体制変革を先導することには関心がないと宣言すること。

D.韓国で早くから強く異議が唱えられている建設中の高高度ミサイル防衛システム[THAAD]を含む
米軍の配備に関して、朝鮮半島の民衆が要求するのならば、朝鮮半島からの米軍の撤退を含む朝鮮半島の
民衆の願いを尊重することを宣言する。

E.朝鮮半島住民の間での平和プロセスを妨害するいかなる活動もやめ、朝鮮との平和条約を誠実に交渉すること。

AFTは執行委員会によって採択されれば、米国大統領と国務長官、さらに適切な連邦議会下院と上院の指導
者や、米国と韓国の労働運動に広げるために米国反戦労働者の会[USLAW]にこの決議を発送する。

………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期: 週刊/毎日曜日発行 最新号:  2018/12/08 部数:  236部

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期:  週刊/毎日曜日発行 最新号:  2018/12/08 部数:  236部

他のメルマガを読む