イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

安倍政権の退陣を要求する6.10国会前大行動

イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.560                 2018. 6.30
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サービスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.560をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年6月30日配信:「安倍政権の退陣を要求する6.10国会前大行動」
【2】翻訳資料:イラク政府も議会も選挙とその結果が茶番だと言うことを認めた
イラク労働者共産党プレスリリース    イラク労働者共産党 2018年6月7日
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年6月30日配信:「安倍政権の退陣を要求する6.10国会前大行動」
★2018年6月10日、国会前には雨の中、安倍内閣の退陣を求める2万7千人が集
まりました
。今回は、この大行動を成功させるために全体集会に先立ち取り組まれたZENKOの
独自集会の様子を中心にお伝えします。
米朝首脳会談など平和を作り出す情勢に一人逆らう安倍政権を倒そうと、関東、関西、
全国からの闘いが報告されました。

 ☆当日は午後2時から全体集会でしたが、ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交
歓会)はその前に1時間にわたって独自集会を開きました。
「安倍はやめろ」「新基地建設絶対反対」「朝鮮半島、東アジアに平和を作ろう」と元気な掛け声が飛びます。
 
 ◆ZENKOの山川代表が2018年の世界の情勢を語ります。
昨年、米朝で核戦争の危険性が高まる対立から、この集会の2日後に迫った米朝首脳会
談が開催される状況に情勢が大きく変わりました。
山川代表は、韓国、日本、アメリカ、世界の世論がこの状況を生み出していることを強調します。
それとともに、「対話のための対話に意味はない」と言って東アジアの平和に敵対し、
沖縄新基地建設やイージス・アショアを推進しようとしている安倍政権を厳しく批判します。

 ◇さらに、全国各地の安倍ノー、憲法改悪ノーの取り組みの報告が続きます。
5月の日韓連帯スピーキングツアーで韓国・星州(ソンジュ)のTHAAD(高高度ミサイ
ル防衛システム)反対の闘いを進める韓国の活動家と交流しました。
関東での安倍やめろのタペストリー作りの取り組みをはじめ、関西や北海道からの参加者などから、
続々と全国の取り組みが発言されていきます。「安倍はクビ」の替え歌、様々な人たちの「安倍は
やめろ」の掛け声が続きます。

 ●東京都足立区、日野市などの地方議員からは、地域からの安倍政権の文書改ざんや福祉切り捨てを許さない闘いの訴えが続きます。

 ◎民主主義的社会主義の佐藤委員長は、朝米首脳会談を控えている時に、10兆円の大軍拡を狙い、
イージスアショアを作るなど、安倍政権が軍事費を増額し改憲論議を進めるのは、戦争をしながら国民
生活を破壊しているものだと厳しく批判します。

 ★2時から始まった全体集会は「安倍退陣」「麻生辞任」の声が大きく集まりました。
雨の中でも大変な熱気にあふれています。

☆映像を見ていただいてどうでしょうか?
全国からの声を国会前に集めて声を上げていくのはとても楽しいです。
7月28日、29日に大阪のエル大阪で開催される2018ZENKOにはこんな闘いが全国各地から集まり
、具体的に憲法9条改悪をストップし、原発をなくし、東アジアの平和地帯を作る具体的な方針を論議します。
ぜひ、2018ZENKOに参加していただきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:イラク政府も議会も選挙とその結果が茶番だと言うことを認めた
イラク労働者共産党プレスリリース    イラク労働者共産党 2018年6月7日

 2018年5月12日に行われたイラク国民議会の選挙の結果を発表した後、政府はイラク国内外で深刻な選挙
違反があったことを認めた。
その結果、海外の投票と国内難民の投票結果を無効とした。イラク国民議会はその次に、選挙結果の破棄の
過程を承認し、手作業による開票を実施すると票決して、選挙管理委員会の業務を監視する9人の裁判官を
指命した。
議会は選挙法の改正と、選挙結果を巡って政党間や政治グループの間の争いを燃え上がらせる決定を行い、
この決定を歓迎する者もあれば、本来の結果に固執する者もいる。

 投票箱によって崩壊させられた民主化プロセスは、終わらされた。選挙とその結果がひどく侵害されるの
はこれが初めてではない。
それはこれまでの3回の選挙の全部で起こったことである。
しかし今回の選挙の大きな違いは、選挙権を持つイラクの人口の顕著な割合(70%以上)が選挙をボイコット
したことである。
これは選挙への参加の面でも結果の面でも恥ずべき数量の選挙違反が行われたことを暴露しているのである。

選挙結果について高まっている紛争と選挙が弱体なものであったと政府と議会が認めていることは、WCPIが、
選挙は民族主義やイスラム主義のブルジョア政党を代表するあらゆる泥棒と汚職に手を染めている連中を再生産し
正当化するために準備された「大規模な茶番」と呼んだように、選挙をボイコットしようと大衆に呼びかけた選挙
に関するWCPIの分析と政策が正しかったことを一層証明している。
イラクは社会の運命を支配する地域の私兵に分割されているので、自由な選挙と言うことは決してできないし、
その結果は公平で正直でもないだろう。

 選挙の茶番を大規模にボイコットしたために、民衆はウソの証言から遠ざかり、もう一方では、生活の中の新た
な政治的自覚の段階であるとみられるような行動に向かっているのであり、それは、選挙が変化の特効薬であり、
選挙と、このいわゆる選挙と呼ばれる茶番劇に参加しなくては解決も、代わりとなるものも、変化も起こらないと
いう幻想の下に民衆を置いていた政治を称賛する道がなくなった先覚者や有名な作家や騙された人々が巨大な合唱
をしたあげくのことである。

 イラク労働者共産党は再度、茶番劇のような選挙結果が証明したのは、選挙が腐敗をなくすことはないし、安全も、
安定も、自由も幸福もイラク国民にはもたらさなかったしこれからももたらさないだろう、という自らの政策を強調
する。
民衆の選択肢は、組織化して確固とした戦線に結集し、ブルジョアジーの民族主義や宗派主義の潮流と展望を分離させ、
選挙や議会や権力の枠組みや地域の運営と民衆に敵対する政治プロセスを分けることだけである。
自由と平等を望んでやまない民衆は、地域や近隣や工場や大学で、大衆が自らの抗議行動を組織する以外にない。
この過程や民衆に敵対する私兵と何の関係もない計画と展望で自らを武装するために、自由と平等という自らの要求と
独立した目標で武装しなければならない。

選挙や私兵と一緒になった政治プロセスを打倒しよう

自由と平等万歳!
………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期: 週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/02/16 部数:  236部

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期:  週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/02/16 部数:  236部

他のメルマガを読む