イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

イラクの若者には居場所がない

イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.553                2018. 5. 12
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.553をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年5月12日配信:イラクの若者には居場所がない
【2】翻訳資料:イラン核合意離脱:謝罪
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年5月12日配信:イラクの若者には居場所がない
 ★イラクは子どもの人口が増え続け、若者が多い国です。
しかし現在のイラクの社会は若者の願いや希望に応える状態にはなっていません。
学校を卒業しても就職が難しく、失業率は相変わらず高いままです。
2018年3月、サナテレビは、こんなイラクの若者とそれを取り巻く社会について、若者自身に意見を
聞きました。

 ☆このインタビューの最初に登場する青年は、イラク社会の中で「若者が生きやすい社会」といった考
えがなくなってきていることを批判します。
彼自身は地域社会の若者の活動に積極的に参加しています。
「私がイラクだ。私が読む」と言う題名のフェスティバルに22012年から取り組んできたということです。

 ◇彼の経験からすると、若者が社会的な活動に参加するのに最も必要なのは「市域社会に貢献する」意欲
だということです。
自分からやりたいという気持ちさえわけば、若者はどんどんと積極的に活動していくわけです。
その逆に、若者の考えや気持ちを否定してしまっては、何の積極性もわきません。
何年間も若者に働きかけを行ってきた人ならではの感覚だと思います。

 ◆2人目に登場するボランティアチームの男性も、「若者にやる気を起こすようなことを何もしていない」
イラクの政府こそが、若者が居場所のない社会にしている一番の原因だと指摘します。
彼は若者は本当は大きなエネルギーを持っているのだと主張します。
実際に、彼もまた、このインタビューの翌日に「太陽光エネルギー」のフェスティバルを開くということです。
 
 ◎3人目に登場する若者は、「結婚して小さな家族や車を持つ」といった小さな夢でさえも、イラクの政府
は若者に保証していないと批判します。
2003年のイラク占領以後、グローバル資本によって意図的に作り出されてきた大量失業政策に苦しんでき
た当人であるだけに、その訴えは非常によくわかります。
「国は若者を裏切り、イラクの社会もまた若者を裏切っています。何の権利もないし、何の自由もありません」
というのが今のイラクの若者の状況です。

 ◆イラクの若者が希望を持てない一番大きい原因は、汚職にまみれた政府が若者の雇用も、希望のもてる社会
作りも提供していないことにあります。
サナテレビはこんな現実にただ詠嘆するのではなく、厳しい現実に直面しながら立ち向かっている若者の意見を
紹介する中で、イラクの社会を変えていこうと訴えているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:イラン核合意離脱:謝罪

 現代は本当に恐ろしい時代だ。
ドナルド・トランプのイラン核合意からの離脱の決定は、無謀で、根拠がなく、危険なものである。
私たちはトランプが私たちをイランとの戦争に向かう道に連れて行くことを許すことはできない。

 米国大統領の破廉恥な言動を謝罪しこの決定を覆すという約束をイラン国民に訴える私たちの取り組みに合流
してもらいたい。
私たちはイラン国内でソーシャル・メディアや出版物を通じてこの「イラン国民への謝罪」を公表する。
あなたは匿名でも公然とでも署名をすることができる。

友人のみなさん、

 私たち署名者は、イラン核合意から離脱するという無謀で根拠がなく危険なドナルド・トランプの決定を謝罪し、
その決定を覆すために可能なあらゆることをすると誓う…

 私たちは、ドナルド・トランプがイランの経済を絞め殺し、私たちをみなさんとの戦争に連れて行くのを止める
ために可能なあらゆることをする。
私たちは、国連に対して、核協定を侵害していることを理由にしてアメリカ合衆国を制裁するように要請する。
私たちはヨーロッパ諸国民とロシア国民と中国国民に、この協定を生かし続け、貿易関係を増加させ続けるように
要請する。
私たちはこの破廉恥な大統領から自ら抜け出て、トランプ大統領を信頼ができて道徳的判断ができ、外交にうち込
む誰かに交代させるために活動する。

 私たちは以前この道を歩んだ。
米国政府はイラクについてウソをつき、16年たってもいまだに続いている戦争に私たちを引き込んだ。
トランプにはイランについて同じ破滅的な誤りをさせてはならない。

 イラン国民に対する友情と次の戦争を止める決意を持って今、イラン国民に手をさしのべるのに合流しよう。


平和を求めて
アン、アリエル。ブリーン、ジョディ、ケリー、カーステン、マーク、メディア、ナンシー、ナターシャ、パキ、
リタ、サラー、ソフィア、タイグ

………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期: 週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/01/19 部数:  237部

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期:  週刊/毎日曜日発行 最新号:  2019/01/19 部数:  237部

他のメルマガを読む