イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

イラク労働者への爆弾テロを許さない

イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.549                2018. 4.14
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.549をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年4月14日配信:イラク労働者への爆弾テロを許さない
【2】翻訳資料:IVAWの名称を「回れ右:反戦帰還兵の会」に変更
2018年4月1日 マット・ハワード 回れ右:反戦帰還兵の会(元IVAW)共同理事長
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年4月14日配信:イラク労働者への爆弾テロを許さない
★2018年1月15日、イラクの首途バクダッドのタラーヤン広場での自爆攻撃によって、死者38
人以上、負傷者100人以上もの犠牲者が出ました。
広場に日雇い労働者が仕事を求めて早朝から集まっていたところを狙われたのです。
2018年2月、サナテレビはイラクで続く労働者に対するテロ事件に、市民にインタビューを行いました。

☆インタビューに答える労働者活動家は、「労働者階級は、世界中で、いつでもどこでも、踏みつけに
されている階級だ」と憤ります。
そしてテロリスト達が多数の労働者の命を奪うのは「やさしい狩り」のようにやっていると怒ります。

◆ある市民は、イラクという国を作っている階級である労働者を標的にするのは、「社会不安を引き起
こすためだ」と断言します。
しかも、命を奪われたり手足を切断するような重傷を負わされても、国もどの政党も治療費や生活費を支払いません。

◇政治評論家は、「犠牲になっているのは貧困な階級だ」と指摘すると共に、その狙いは「政府を転覆し
てイラクに大混乱を引き起こす」ことだと説明します。
仕事を求める労働者は多くの家族の生活を守っているのです。
多数の労働者が集まる広場で爆弾攻撃を仕掛ければ、犠牲者は本当に多くなる上に、社会的な衝撃は比較に
ならないほど大きなものになります。
こんなことをやる連中はまさに「戦争犯罪人」です。
そして、こんなテロ攻撃はスペイン、ブリュッセルなどヨーロッパを含めて多数引き起こされています。

●実はサナテレビは、2008年12月に、このタラヤン広場に集まる失業者達にインタビューを行って
います。
イラク平和テレビ局in Japanはその映像を2009年4月18日に配信しています。
そこでも、武装勢力の爆弾攻撃によって負傷して失業したのに失業保険さえ申請を政府に拒否された労働
者たちにインタビューを行っていました。
あれから10年、労働者・市民の生活も人権も、踏みにじられ続けているのです。

◎それにしても、これだけ多数の労働者市民が犠牲になっているのに、イラク政府は何をやっているのでしょうか?


★イラクでは宗派主義や民族主義の勢力がその背後にいる帝国主義諸国や中東諸国の権益争いのために労
働者・市民に対するテロ攻撃を続けています。
イラク政府自身がそんな勢力の一員であり、市民の命も人権も守りません。
だからこそサナテレビは、市民、労働者が立ち上がって自らの力で安全と命を守ろうと呼びかけているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:IVAWの名称を「回れ右:反戦帰還兵の会」に変更
2018年4月1日 マット・ハワード 回れ右:反戦帰還兵の会(元IVAW)共同理事長

ほぼ14年間の疲れを知らない活動の末に、我々は名称を「回れ右!戦争に反対する帰還兵士の会」に変更する。
ここに至るには長い期間の経過があったので、我々は自らの独自性と皆さんと共に行う活動を発展させる
、会員が主導したこの決定を祝福したい。

 なぜIVAWの名称を変えるのか?
2004年にイラク侵攻から戻った8人の帰還兵によってIVAWを結成して以来、異なった世界になっている。
2つの戦争を開始したブッシュ政権の決定は米国の政治状況を大幅に変え、中東や中央アジアでは遙かに多
く変えたのである。
我々の全てにとって、曽於決定は我々の人生を変えた。
IVAWの会員は増加して、アフガニスタンやアフリカの特殊作戦や、米国本土の無人機操縦に配備されたも
のであれ、いわゆる「対テログローバル戦争」における現役兵氏や帰還兵の経験の多様性を反映した。
我々は9・11以後の帰還兵の家であり続けるであろうし、名称変更の過程が始まって以来、より多くのメン
バーが加入するようになっている。

 過去15年間にわたって、我々の政治に対する理解度もまた成長し変わった。
兵士出身者として、我々は軍国主義がどのように海外での紛争の根本原因になっているかだけではなく、
その技術と戦術と価値が、米国内の有色人種や先住民や貧困者に直接降り立ってきたのかを知ってきた。

 それではなぜこの名前なのだろうか?
「回れ右」は我々の全てが軍隊で教えられた訓練の命令である。
それは突然の180度の方向転換を意味する。
背中を向けるのだ。その訓練の動きは我々が今日いるところに導いた転換を表している。
軍国主義を根絶するために活動して、我々は多くの形態で軍国主義の主民意耐えている人々との連帯に参加し
気づいているのである。

 我々がVeterans Against the War[反戦帰還兵]をタグ・ラインに残しているのは、それが我々の会員と
、我々の継続された目的をあらわしているからであり、反戦帰還兵の遺産の一部であることを誇りとしている
からである。
我々の名前は変わり、我々の仕事は深まったが、我々の理想-軍国主義のない世界-はかつてなく強い物になっている。

 我々はこの変更を行うに当たり、長年にわたってわたしたちに関わり、この新しい段階を共に作るに当たっ
て支援を続けてくださっていることに深く感謝する。
我々は軍国主義を一掃することは長期間の仕事であることを知っているし、できる限り長く皆さんと共にひた
むきにその活動に参加していく。 

最後の帰還兵を祝福するまで
マット・ハワード
回れ右:反戦帰還兵の会(元IVAW)共同理事長
………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期: 週刊/毎日曜日発行 最新号:  2018/12/15 部数:  235部

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

発行周期:  週刊/毎日曜日発行 最新号:  2018/12/15 部数:  235部

他のメルマガを読む