イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

下水があふれるバグダッドの町並み


カテゴリー: 2018年04月07日
イラク平和テレビ局メールマガジン
=============================================
イラク平和テレビ局in Japan インターネット登録者向け
「イラク平和テレビ局 メールマガジン」vol.548                2018. 4. 7
=============================================
##このメールマガジンは、イラク平和テレビ局in Japanのインターネット登録者の皆様への情報サー
ビスの一環としてお送りしています。##
※イラク平和テレビ局メールマガジンvol.548をお届けします。
目次------------------------------------------------------------------------
【1】2018年4月7日配信:下水があふれるバグダッドの町並み
【2】翻訳資料:米国による侵略以後15年間のイラクの死者数
メディア・ベンジャミン、 ニコラス・J・S・デービス 2016年3月16日
------------------------------------------------------------------------------
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】2018年4月7日配信:下水があふれるバグダッドの町並み
★イラクの首都バグダッドでは、雨が降ると至るところで下水の水があふれ出ます。
近代的な大都市でこんな深刻な問題が起こっているのはなぜでしょうか?
2018年2月、サナテレビがバグダッドの住民にインタビューをして、人々の訴えを聞きました。

 ☆乾燥地帯のイラクで雨が降って至るところで水があふれ出る、と聞いても、にわかには信じられ
ないかも知れません。
しかし、この映像の冒頭で目にするのは、路上にあふれる水をかき分けて進む自動車や民家の床に広
がった汚水です。
まるで台風が来て洪水が起こった様な光景です。

◆イラクで雨が多い12月から3月頃でも、月間平均降水量は30mm程度です。
日本国内なら1日にこの程度の雨量では、東京や大阪の町の中心部で水があふれ出るなどということ
はほとんど考えられません。

 ◇インタビューに答える市民は、こんな事態を招いた原因は、下水処理場が老朽化してまともに動
いていないことと、市民が下水に廃棄物などを見境なく捨てるので下水管を詰まらせるからだ、と説
明します。

 ●あるメディア関係者は下水道システムなどのインフラ整備に「2003年のイラク占領以来、バ
グダッド市行政当局は多額の予算をつぎ込んだ」にもかかわらず、それが全く役に立っていないこと
を批判します。
この人自身があふれる下水によって家に閉じ込められて仕事に出ることができず、「今日、出てこら
れたのは奇跡だ」と憤りを隠しません。

◎イラク戦争・占領から15年、市民の犠牲は100万人をはるかに超えています。
そして何十億ドルもの資金をつぎ込んでいるはずなのに、その資金は役人の汚職に回っているのです。
このジャーナリストはバグダッドに赴任する行政当局の役人が「真っ先に関心を持つのは盗んだ資金
をどうやって山分けするか」だと強烈に批判します。

★サナテレビのカメラはさらに家の中に下水の水が浸水した現場に入ります。
その家に住む女性は、下水を取り除くために近くのゴミを撤去しなければならないのでバグダッド市
当局に電話をしたら「一緒にやりましょう」と言う返事でした。
しかし彼女が朝8時から待っていたのについに市当局者は誰も来なかったと言います。
イラク政府が市民をどのように見て扱っているかを、きわめて明確に示している場面だと思います。

☆イラクの首都バグダッドでは下水があふれかえっています。
下水システムさえ老朽化し、まともに機能していないのです。
この原因はグローバル資本の金儲けと政治家や役人の利権のために国家財政が盗み取られているからです。
サンテレビはこの現実を暴き、こんな政府や社会を変えようと呼びかけています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
----------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
【2】翻訳資料:米国による侵略以後15年間のイラクの死者数
メディア・ベンジャミン、 ニコラス・J・S・デービス 2016年3月16日

 3月19日は2003年の米国・英国軍によるイラク侵略から15周年であり、米国民はイラク侵
略が解き放った惨事がどんなに極悪なものであったかが分からない。
米国軍はイラク人の死者の記録の保管を拒否している。
最初のイラク侵攻の責任者であったトミー・フランクス将軍は、報道記者達に「我々は死者の数は数
えない」と素っ気なく言った。
我々の調査ではほとんどのアメリカ国民はイラク人の死者は数万人以内だと考えていた。
しかし、入手可能な最良の情報を利用した我々の推計は、2003年のイラク侵攻以来240万人の
イラク人が死んだという最悪の推定数を示している。

 イラク人の死傷者の数は、人殺しは今日もなお続いているから、歴史上の論争点にとどまらない。
2014年にイラクとシリアの多数の主要都市が「イスラム国」の手に落ちて以来、米国はベトナム
戦争以来最も激しい爆撃作戦を先導して、10万5000発の爆弾とミサイルを投下し、モスルと他
の争奪戦となったイラク、シリアの諸都市の大部分をがれきに変えてしまったのである。

 イラクのクルド地方の情勢報告では、モスル爆撃だけで少なくとも4万人が殺され、それ以上に多
くの死体がいまだにがれきの中に埋もれていると推定した。
がれきを取り除き死体を掘り出すための最近の取り組みでは1つの居住地区だけで3353体以上の
死体を発見し、そのうちISISだと特定されたのは20%だけであり、80%は市民であった。
モスルではさらに1万1000人がいまだに家族から行方不明になっていると報じられている。

 2001年以来、米国とその同盟国が開戦してきた諸国の中で、イラクは疫学の専門家が実際に、
アンゴラやボスニアやコンゴ民主共和国やグアテマラやコソボやルワンダやスーダンやウガンダの
ような戦争地帯で展開してきた最良の実施に基づいた総合的な死亡率調査を実際に行った唯一の国
である。
これらの全ての国で、イラクにおいてと同様に、総合的な疫学調査の結果は、ジャーナリストやNGO
や政府による「消極的」な報告に基づく以前に公表された数字の5倍から20倍の死者数を明らかに
した。

 イラクに関する2つの報告が、高名なランセット・メディカル・ジャーナル誌上に最初は2004
年に、その次には2006年に登場した。
2006年の調査では、約60万人のイラク人がイラク戦争と占領の最初の40ヶ月で殺され、非暴
力ではあるがいまだに戦争に関係した死者が5万4千人加わると推計した。

 米国と英国の政府はこの報告をしりぞけて、方法論が信頼できなく、人数は非常に大きく誇張され
ていると言った。
しかし、欧米諸国の軍隊が参戦しなかった国では、同様の研究が受け入れられ、何の疑いも論争もな
く広く引用されてきたのである。科学上の助言者の助言に基づいて、英国政府の高官は個人としては
2006年のランセット報告が「正しいようだ」と認めたが、まさに法律上、政治上の意味合いが原
因となって、米国と英国の政府はその報告の信用を落とすための冷笑的な宣伝の先頭に立ったのである。

 社会責任のための医師の団体のボディー・カウントによる2015年の報告書の「『対テロ戦争』の
10年後の犠牲者数」では2006年のランセットの調査がイラクで行われた他の死亡数研究よりも
信頼できるとして、その確固とした調査計画と、調査チームの経験と独立性と、記録に取った死亡以来
の経過時間が短かったことと、占領下イラクにおける暴力の他の測定にも一致していることを列挙した。


 ランセットの調査は戦争と占領のわずか40ヶ月後の11年以上前に実施された。不幸なことに、
それはイラク侵攻の死の結果が終結することとはかけ離れていた。
  
 2007年6月に、英国の世論調査会社のオピニオン・リサーチ・ビジネス(ORB)がさらに調査を
実施して、103万3000人のイラク人がその時までに殺害されたと推定した。
  
 100万人の人々が殺害されたという数字は衝撃的であった一方で、ランセット調査は2003年
と2006年の間の占領下イラクにおける暴力の間断ない増加を記録していて、ランセットが調べた
最終年に32万8000人が死亡していたのである。
ORBはその次の年に43万人のイラク人がさらに殺害されたということを見出し、それは2006年末
から2007年初めの間に急増した暴力の別の根拠と一致した。

 ジャスト・フォーリン・ポリシー[訳注:「公正な外交政策」の意]の「イラク人の死亡推計者」は、
2005年に見出されたのと同じ比率で英国のNGOであるイラク・ボディー・カウントによってまとめ
られた多面的な控えめの死亡報告によってランセット調査の推計を改訂した。
このプロジェクトは2011年9月で終わったが、イラク人の死亡推計を145万人としていた。

 2007年7月までに103万3000人が殺害されたというORBの推計を取って、その後に、イラ
ク・ボディーカウントの修正した数字を利用してジャスト・フォーリン・ポリシーの方法論による20
07年7月から現在までの変化を当てはめて、我々は米国による違法な侵略の結果2003年以来、
240万人のイラク人が殺され、その人数は最低限150万、最大340万人であると推計する。

 これらの計算は、イラクと2001年以来の戦争の影響を受けた各国で緊急に必要な厳格で最新の死
亡数調査ほどには正確でも信頼ができるものでも決してない。
しかし、我々の判断では、我々が可能な最も正確な推計をすることは重要である。
 
数字は、特に数百万人にまで増えると、人を無感覚にする。どうか、殺された各自の人が誰かの愛する
人を表現していることを覚えてもらいたい。
これらの人たちは母親であり、父親であり、夫であり、妻であり、息子であり、娘なのだ。1人の死が
地域全体に衝撃を与える。集団として死者は国全体に衝撃を与える。

 イラク戦争から16年目が始まるにあたり、米国民は米国がイラクで解き放った暴力と大混乱がどん
なに大きな規模であったのかということについて受け入れなければならない。
そうすれば初めて我々は暴力の恐ろしい連鎖を終わらせ、戦争を外交に、敵対を友情に置き換える政治
的意思を見いだせるのである。私たちがイランとやり始めたのと同様に、南北朝鮮の民衆がイラクと同
じ運命にであうのを避けるために試みるのと同様に。

 メディア・ベンジャミンは平和のためのCODEPINKの共同設立者であり、「不正義の大国」、
「米国・サウジのコネクションの裏側」等の多数の著作の作者。
ニコラ・J・S・デービスはコンソーシアム・ニュースの記者でCODEPINKの調査担当者であり、
「私たちの両手の血」や「米国によるイラク侵攻と破壊」の作者である。


………………………………………………………………………………………………………………………
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
☆イラク平和テレビ局 in Japanのホームページアドレスはhttp://peacetv.jp/ です。
☆イラク平和テレビ局 in Japan が配信する画像とこのメールマガジンについての感想をお寄せ下
さい。
 メールの送付先アドレス:info@peacetv.jp
  発行:毎週土曜日 発行元:イラク平和テレビ局in Japan 事務局
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 イラク平和テレビ局in Japanからのメールマガジンの配信中止をご希望される場合は、お手数で
すが、http://peacetv.jp/ のページにアクセスし、「解除」欄に自分のメールアドレスを入れて手続
きをしてください。また、下記の配信停止・バックナンバーのページからも配信停止ができるほか、
バックナンバーが読めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※イラク平和テレビinJapan情報メールマガジンは、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を利
用して配信しています。
 ■ http://www.mag2.com/

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2018/10/14
部数 240部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

イラク平和テレビinJapan情報メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊/毎日曜日発行
最新号 2018/10/14
部数 240部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング