辛みそショップ通信

辛みそショップ通信 ◆ちょっと文学のお話

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.・。゜             ・ 。゜○            .○
 健康・食欲増進 韓国風味「辛みそ」直販ショップ通信  。・。。  ☆
 ゜。。・                 ・・・。・ ・゜。。・ 。・
   ・゜発行者 http://www.dsp-net.com/miso/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009/ 5/16 20号 ━━━━━━━

内容

■いま注目の外国人女性作家
 ・芥川賞作家 中国人 楊逸(ヤン・イー)さん
 ・文学界新人賞作家 イラン人 シリン・ネザマフィさん
■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■芥川賞作家 楊逸(ヤン・イー)さん。
楊さんは44歳の女性、中国人。受賞作は「時は滲む朝」。

◆以下は出版社からのPR

梁浩遠と謝志強。2人の中国人大学生の成長を通して、
現代中国と日本を描ききった力作。
1988年夏、中国の名門大学に進学した2人の学生、
梁浩遠(りょう・こうえん)と謝志強(しゃ・しきょう)。

様々な地方から入学した学生たちと出会うなかで、
2人は「愛国」「民主化」「アメリカ」などについて考え、
天安門広場に行き着く――。
大学のキャンパスで浩遠と志強が出会った「我愛中国」とは。
同窓の友人たちとの議論や学生生活を通して、
現代中国の実像を丹念に描きつつ、
中国人の心情がリアルに伝わってくる力作です。
物語の後半では日本も登場し、国境を越えるダイナミックな展開。

■本の内容についての感想は星一つから五つまでさまざまです。

個人的には純文学というジャンルからみると私も星はせいぜい二つ。
物足りないというか違和感を覚えてしまいます。

読者の皆さんはいかがですか?

■楊さんの生い立ちには大変に興味を覚えています。
以下は日経新聞夕刊5月12日付けからです。

・五歳のとき家族と極寒の地に追放される。
・豚や犬と一緒に寝ていた。
・日本留学生のとき寝る間もないくらいアルバイトに追われた。
・御茶ノ水女子大卒業後、中国語新聞等に執筆。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■文学界新人賞はイラン人の女性で
システムエンジニアのシリン・ネザマフィさん。
受賞作は「白紙」。
昨年は楊さんだった。

「白紙」は、イラン・イラク戦争下のイランの田舎町を
舞台にした若い男女の青春恋愛物語だという。

まだ私は読んでいないので評価はできません。

ネザマフィさんは、テヘラン出身。
日本で働きたい、と来日したのは10年前。
神戸大学大学院工学研究科を経て、
現在大阪府内の大手電気メーカーで
システムエンジニアとして働いているといいます。

大学は理系を選んだが、幼いころから物語をつくるのが好きで、
両親に話して聞かせていたという。
最初に小説を書いたのは14歳のとき。
「作家になりたい」という気持ちは持ち続けていた。
3年前にも、
日本語の短編小説「サラム」で留学生文学賞を手にしている。

■中国はよく分かりませんが、
エジプトで一年ほど仕事をしていたこともありますので、
なんとなく親近感ありますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本の文学という表現世界で二人の外国人女性が受賞した。

これは一つのエポックですね。
日本語も世界標準になってきたのでしょうか。
表現に制限ない日本だからできることも多いのでしょうか。

そういえば日本は多国籍料理がほぼ何でも食べられる国だ。
しかも美味しい。
ちょっとした街を歩けばあちこちに各国の料理屋がありますね。

私が知っている国は、

韓国
インド
タイ
中華
フランス
イタリア
スペイン
フィリピン
ロシア
エジプト
イラン

ほぼ食べたことがありますね。
みなさんはいかがですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 編集後記

今年の春は比較的穏やかな気候が続きました。

散歩が大変楽しい。
のらネコもゆったりとくつろいでいます。
木々の間からの木漏れ日がすてきです。

こんなときは食欲も出てきます。

今日は埼玉県の方から
辛みそ10個
辛イカ10個
のご注文をいただきました。


イランを舞台にした小説では
船戸与一氏の「砂のクロニクル」(文庫本で上・下)があります。
重い内容ですが、素晴らしい小説でした。

イラン革命を題材にした青年将校とその姉、
武器商人の日本人、中東とロシアの少数民族の悲しい物語です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
辛みそショップマスターのブログ
→ http://blog.livedoor.jp/dragonmiso/

記事や商品に対するコメントやご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
宜しくお願いします。

大豆という栄養の宝庫と発酵という自然過程が日本味噌を作り上げました。
これに韓国食材としてあまりにも有名なキムチを作り上げている調味素材、
味付けを加えた絶妙な商品が「辛みそ」です。
→ http://www.dsp-net.com/miso/

○いつも定番でお買い上げいただいているお客様へ

当店はどちらかというと、受注生産で対応しています。
お急ぎのご注文をいただいても若干お時間をいただくことがあります。

○ご請求金額について

当店では、お支払いは商品受け取り後になっております。
商品と同封されているご請求書記載の金額をご近所の金融機関から、
振り込んでいただく方法を取らさせていただいております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:辛みそ直販ショップ  http://www.dsp-net.com/miso/
発行責任者:内山秀雄 mailto:misomaster@dsp-net.com
意見・感想・質問等がありましたどうぞ。
────────────────────────────────―――
辛みそショップ通信
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000236862.html
────────────────────────────────―――
知人・友人への転送、回覧は自由です。(C) Copyright 2009
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む