辛みそショップ通信

辛みそ通信 第12号 金木犀の香り>そうだ「元気ですよ」と答えよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.・。゜             ・ 。゜○            .○
 健康・食欲増進 韓国風味「辛みそ」直販ショップ通信  。・。。  ☆
 ゜。。・                 ・・・。・ ・゜。。・ 。・
   ・゜発行者 http://www.dsp-net.com/miso/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/10/12 第15号━━━━━━━


     金木犀の香り>そうだ「元気ですよ」と答えよう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

玄関から出て一服していると、
う・・・、どこかで嗅いだことがある匂いだ。

そうだ、ずいぶん前にトイレで。
芳香剤だったことを思い出しました。

金木犀の香りです。

トイレのイメージがいつも付きまとうのは金木犀には大変失礼なことですね。

周囲を意識して見てみると、
金木犀は造園業を営む畑にも
駐車場にも
隣家の庭にも

金木犀はしっかりと植えられています。

どうしてこんなに人気があるのでしょうか?


友人に聞いたら、
金木犀は9月下旬から10月上旬にかけて香り始めるといいます。

今年はずいぶんと遅いことになりますね。


金木犀といえば、

キンモクセイという五人組グループがあるんですね。

夢で逢えたら、七色の風、
冬の磁石、同じ空の下で、僕らの行方

などの曲がありました。
YouTubeで聞いてみました。


歌はその時代にを色濃く映し出しているような気がしました。

わたしはこのキンモクセイというグループの時代が
どんな時代だったか分かりませんが、

きっとこれらの曲を聴きながら過ごした日々があり、
宝物のような思い出を持っている方もいることでしょう。


最近、吉田拓郎の歌をやはりYuouTubeで聴く機会がありました。
ほぼ同時代に過ごした彼の歌を聞きながら、
こんな歌があったんだ、と忘れていたことを思い出しています。

歌を聴き、
あの時代の出来事などが
どんどん思い出されてきます。

やっと今になって分かった事実に隠されていた真実、
ちょっと大げさですが、
分かっていればこんなことにはなっていなかった。

などと後悔に似た感慨を覚えています。

わたしはどうしてちょっと先のことのことが分からないのだろう。
気がつかないのだろう。

きっと、これからもそうだろう。
こんな繰り返しなのだろう。
それでも、生きていこう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

拓郎の歌で気に入っている曲は「元気です」という曲です。

歌詞を紹介します。

<1>
誰もこっちを 振り向いてはくれません
一年目の春に 立ち尽くす私
道行く人々は 日々を追いかけ
きょう一日でも 確かであれと願う

わずかにのぞいた 雨上がりの空を見て
笑顔を作って「どうですか?」と問いかける

いろんなことがあり 愛さえ見失う
それでも誰かと 触れ合えば
そうだ 元気ですよと 答えよう

<2>
風よ運べよ 遠い人へこの便り
二年目の夏 涙ともらい水
幸せの色は 陽に焼けた肌の色
唇に浮かんだ 言葉は塩(潮)の味

出会いや別れに 慣れてはきたけど
一人の重さが 誰にも伝わらず

どこかへ旅立てば 振り返りはしない
それでもこの町に 心を沈めたい
そうだ 元気ですよと 答えよう

<3>
夕暮れ時には 想いは駆け巡り
三度目の秋に 何かが揺れている
時間を止めても 過ぎ行くものたちは
はるか海原に 漂い夢と散る

かすかに聞こえた やさしさの歌声は
友や家族の 手招きほど懐かしく

木の葉の埋(うず)もれて 季節に身を任す
それでも 私は私であるために
そうだ 元気ですよと 答えよう

<4>
自由でありたい 心のままがいい
四年目の冬に 寒さを拒むまい
どれだけ歩いたか 考えるよりも
標(しるべ)無き明日に 向かって進みたい

あなたの人生が いくつも旅を経て
帰る日来れば 笑って迎えたい

私も今また 船出のときです
言葉を選んで 渡すより
そうだ 元気ですよと 答えよう



では、また。
お元気で。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
辛みそショップマスターのブログ
→ http://blog.livedoor.jp/dragonmiso/

記事や商品に対するコメントやご意見、ご感想をお気軽にお寄せください。
宜しくお願いします。


大豆という栄養の宝庫と発酵という自然過程が日本味噌を作り上げました。
これに韓国食材としてあまりにも有名なキムチを作り上げている調味素材、
味付けを加えた絶妙な商品が「辛みそ」です。
→ http://www.dsp-net.com/miso/


いつも定番でお買い上げいただいているお客様へ

当店はどちらかというと、受注生産で対応しています。
お急ぎのご注文をいただいても若干お時間をいただくことがあり、
申し訳ございません。ご理解ください。ご容赦ください。


ご請求金額について

当店では、お支払いは商品受け取り後になっております。
商品と同封されているご請求書記載の金額をご近所の金融機関から、
振り込んでいただく方法を取らさせていただいております。
クレジットカードやコンビニ支払いができるようにただいま調整中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:辛みそ直販ショップ  http://www.dsp-net.com/miso/
発行責任者:内山秀雄 mailto:misomaster@dsp-net.com
意見・感想・質問等がありましたどうぞ。
────────────────────────────────―――
辛みそショップ通信
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000236862.html
────────────────────────────────―――
知人・友人への転送、回覧は自由です。(C) Copyright 2008
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む