自分と出会って元気になろう

自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.111 ☆☆☆出せなかった父への手紙(6)☆☆☆

カテゴリー: 2009年06月19日
自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.111

☆☆☆出せなかった父への手紙(6)☆☆☆

メルマガの最後に《うつを治そう!のコーナー》があります



↓↓↓イラストブログ順調です↓↓↓
http://ameblo.jp/richstar/


======================================================
       逃げないで、逃げないで!
======================================================


お父さんは、もっと自分の過去を振り返るべきだと思います。


「過去を振り返っていてもしょうがない、前を向いていかなければ」


とお父さんはいうけれど、

私からすればそれは逃げでしかありません。



お父さんは、過去の傷から逃げている。

前に進もうとすることで、過去の、傷ついた小さな自分から、

逃げて、逃げて、逃げ続けていると思います。




その過去の小さなお父さんは、とても哀れで、

みすぼらしい格好をしているかもしれません。

お母さんからも、お父さんからも愛されず、

道端にのたれ死んでいるような、かわいそうな子供です。

誰からも愛されないと、みじめな気持ちに打ちひしがれているのです。




お父さんが一番怖がっているものは、

その小さな小さなかわいそうな自分。


どうか怖がらないで、振り返ってあげてください。

助けてあげてください。

今まで放っておいて悪かったといって、

抱きしめてあげてください。




======================================================
         手紙の終わり 
======================================================



60年です。

60年もの長い間、お父さんを追いかけ続けていたのに、

一度も振り返ってもらえなかった、悲しい、悲しい子供なのです。

助けてあげられるのは、私でも、お母さんでも、

お姉ちゃんでもありません。お父さん自身しかしないのです。

かわいそうな自分を助けてあげられるのは、自分しかいないのです。

どうか、お願いです。振り返って、


「お父さん、お母さんに愛されたかったのに、愛されなくて、

悲しかったね、つらかったね、60年もの間、本当によくがんばってきたね、

えらいよ、えらいよ、本当に、よくがんばったよ。

もう、大丈夫だよ。私がいるからね。

もう、私はあなたから逃げたりしないからね、大丈夫だよ。」


そう言ってあげてください。





私は、これからもお父さんと一緒に仲良く歩んでいきたいと思っています。

でもそのためには、お父さんの悲しみを治してもらいたいと思っています。

そうでないと私は、一緒にいるだけで苦しくなってしまうから。




もしできないというなら、やっぱり私はお父さんと一緒に

いることができません。

お父さんと一緒にいるだけで苦しくなってしまうから。

心を破壊されつづけるくらいなら、私は貧乏でも、

お父さんから離れたほうがいいと思っています。



本当は、仲よく暮らしたいけど、そうなれば、仕方がありません。



最後まで読んでくれて本当にありがとう。

とても読みずらい、受け入れづらいこともたくさんあったと思います。

本当に、ありがとう。

お父さんが、私は大好きだよ。



賢子





======================================================
        私と、父。2人を救いたい
======================================================



・・・出せなかった手紙はここで終わりです。

手紙を書き終えた時は、涙がポロポロと溢れてきました。

私の心の中の子供は、お父さんがとても憎く、

でも、お父さんがとても大好きなのです。


そんな両極端な、小さな子供は、30年という長い間、苦しんでいました。

今も、その子は苦しみつづけているのかもしれません。

私は、何よりも、自分自身を助けたい。

救いたい。

そして、お父さんを救いたい。


出せない手紙を書くことで、一歩でも、半歩でも、

それに近づけるなら、何度でもやろうと、思いました。


・・・次回の、その(7)につづきます。
お楽しみに!



***********************************************************
            「うつを治そう!」のコーナー
***********************************************************


☆少し、止まる、と書いて「歩」☆


今日、午前中にテレビを見ていて、とても感動的な

ドキュメンタリーが放送されていました。

ある銀座のNO1ホステスさんのお話なのですが、

そのホステスさんは耳が聞こえないそうなのです。


耳が聞こえないのに、どうやってホステスができるのだろう?

と思ったら、お客様とは筆談でお話をしているとのこと。

メモ用紙に、美しく丁寧な字で、お客様へのメッセージを

書きながら、会話をはずませているのです。


書きためたお客様へのメッセージの中に、こんな素敵な

言葉があったので紹介します。


「少し、止まる、と書いて『歩(あるく)』です。

確実に、前に進んでいますよ。」


家庭のことや、お仕事の事で行き詰っているお客様に

向けて書かれた言葉でした。


耳が聞こえず、苦しい思いもしてきた彼女だからこそ、

書いて、お客様にプレゼントできる、あたたかいメッセージ。

私も元気をもらいました。


今は、まるで立ち止まっているかのように、前に進んでいない

感じがしても、その止まっているように見える状況もきっと、

自分らしい歩みの途中。

ちゃんと、ちゃんと、前に進んでいる。


うつで苦しくて、家で眠ってばかりの方も多くいらっしゃる

かもしれません。でも、私はそんな方たちに、今日の事を

伝えたいと思いました。


ちゃんと、前に、進んでいるよ。

大丈夫、大丈夫。






*****自己紹介******
名前→☆yoppi☆1978年大阪生まれ。
結婚して2年目のOLです。
夢は、自分が体験したことをたくさん文章にして、たくさんの
方を元気にするお手伝いをすることです。

本を企画出版してくださる出版社を募集しています!

ご感想・本の出版依頼はこちらのメールまで・・・yoppi19780627@yahoo.co.jp


↓↓↓イラストブログやってます↓↓↓
http://ameblo.jp/richstar/

↓↓↓Yahoo!メルマガで携帯版も配信しています(毎日配信!)↓↓↓
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8133/p/1/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む