自分と出会って元気になろう

自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.104 ☆☆☆「大人になりたくない」ということ(2)☆☆☆

カテゴリー: 2009年05月01日
自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.104

☆☆☆「大人になりたくない」ということ(2)☆☆☆

メルマガの最後に《うつを治そう!のコーナー》があります



======================================================
       “あんな”大人には・・・
======================================================


「大人になんてなりたくない」という考えをお持ちの方が、

どうしてそんな風に思うようになってしまったのか、

私なりに想像してみました。




想像の中の、成長を拒んだ人は、ただ「大人になりたくない」とは

言っていませんでした。


「“あんな”大人にはなりたくない!」


と、言っているのです。



“あんな”という言葉が着くと、ただ大人になりたくないと

いうのとはまた意味合いが違ってきます。

「ある特定の人物」のようにはなりたくない、

と思っているはずなのです。



世の中にいる、大人全員を指して、言っているのではないと思います。





子供にとって、一番身近な大人は「両親」です。

または、育ててくれた大人。その身近にいる誰かが、

自分にとってどんな存在だったか、という事は、

この問題にとても重要な意味を持ちます。





======================================================
      傷ついた子供を癒すしかない
======================================================


心が満たされていて、どんな境遇にあろうとも、

子供を心から愛し、人生を楽しんでいる親に育てられてば、

「あんな風になりたくない」とは決して思わないでしょう。



身近にいた大人が心の中で、人生を苦しいものだと認識していたり、

不安や怒りの心でいっぱいだったから、それを感じた子供は、

「あんな風になりたくない」と思ったのです。




原因がわかれば、あとは心の中にいる傷ついた子供を大切に癒してあげる

ことができます。そうすれば、その人らしく、今より幸せに生きて

いくことができると思うのです。

でも、なかなかその事を受け入れてくださる人は少ないのが現状です。







前回の「その1」で書きました、ある女性について話を戻します。

その方は、体が太ってしまうことに対して、すごく敏感に反応されました。

その方はとても小柄で、体重もとても少ない方です。

「絶対に太りたくないし、太っている人も見たら、

その人には悪いけれど、すごく嫌な気持ちになるの。」

とおっしゃっていました。


「きっと自分の母がすごくぽっちゃりしていたから、

それを見て、そんな風になりたくないと思ったからだと思うわ。」

ともおっしゃっていました。




・・・次回のその(3)につづきます。

お楽しみに!




***********************************************************
            「うつを治そう!」のコーナー
***********************************************************



☆たくさんの人に助けてもらおう☆


先日、ある芸能人の方が、母親の介護に疲れて

自殺をしてしまったというニュースが報道されていました。

本当に苦しい、つらい思いをされたのだろうと

心が痛みました。



その芸能人の方がうつであったかはわかりませんが、

一人で問題を抱え込み、苦しんでいらっしゃったの

だと思います。




私はうつになってから思いました。

「一人で解決できないと思ったら、できるだけ

たくさんの人のサポートを受けよう」



ある問題に対して、

「ではあの人に助けてもらおう」と思って、一人だけに

助けてもらうのではダメなのです。



仕事のサポートは、信頼できる上司や同僚に相談する、

体のサポートは、お医者様や自力整体の先生、マッサージ師さんに

お願いする。



心のサポートは、家族やカウンセラーさん、ボランティアの

相談員さんにお願いする。



家族、親戚、民間、行政、とにかく、ありとあらゆる人に

できるだけたくさん助けてもらうのです。



自分の問題が100あったとして、自分自身で解決できそうな

ものが20、もう一人助けてくれる人が10だとしたら、

あとの70は解決できません。70を二人で分けたら、

二人とも持ち切れずに倒れてしまうのです。



問題が100あるのなら、できるだけたくさんの人に、

荷物を持ってもらうのです。

力の弱い方には、1でもよいでしょう。

1くらいなら、荷物を持てる人はいるはずです。

もちろん、自分は荷物を持たずに、

全部人に持たせるのはいかがなものかと思いますが・・・。



とにかく、多くの人に助けてもらうことで、

きっと100の問題は解決することができます。

それに、自分がせいいっぱい持てるだけの荷物を持ったので、

問題が解決した後は、誰かほかの人の荷物も持ってあげることが

できるのです。



それまでは、できなかったけれど、問題を多くの方に支えられて、

乗り越えれることができれば、前よりも荷物を持つ力がついています。

そうやってお互いを助け合うことは、本当に

尊い事だと思います。



いつか恩返しすればいい、だから、今はどうか、

一人で抱え込まないで。





*****自己紹介******
名前→☆yoppi☆1978年大阪生まれ。
6年前カウンセリングに出会い心が元気になってきました。
先日結婚しました。
夢は、自分が体験したことをたくさん文章にして、たくさんの
方を元気にするお手伝いをすることです。

本を企画出版してくださる出版社を募集しています!


ご感想・本の出版依頼はこちらのメールまで・・・richstar@gaia.eonet.ne.jp

↓↓↓Yahoo!メルマガで携帯版も配信しています(毎日配信!)↓↓↓
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8133/p/1/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む