自分と出会って元気になろう

自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.102 ☆☆☆不完全感について(後篇)☆☆☆

カテゴリー: 2009年04月17日
自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.102

☆☆☆不完全感について(後篇)☆☆☆

メルマガの最後に《うつを治そう!のコーナー》があります




======================================================
       既に満たされていることを知る
======================================================


私が数年前転職した先は、制服がありましたので、

毎日着る私服にもほどんど気を遣う必要がなくなりました。

今は、公私ともに服のストレスがほとんどありません。


「ちゃんとお洒落をしないとダメなのではないか?

ゆったりとした服ばかり着ていたら身体の線が崩れるっていうし・・・。」

と、気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、

なんだかその事も、遠いところにいってしまって、あまり気になりません。




過去の自分の時のようにお洒落をしなくても、毎日は楽しいです。

職場では仕事に打ち込んで充実していますし、

家では旦那さまと仲良く暮らしています。


お洒落にしなかったから、何か弊害がある・・・

という場面には出くわしたことは最近ほとんどありません。





寒い時には軽くて暖かいコートもあるし、暑い時には涼しいTシャツがあります。

お洒落をたくさんしなくても、周りの人はそんなことはあまり気にしていないし、

毎日夜寝る前にストレッチをしているせいか、

体の線が崩れたりすることもありません

(そんなに自分の体をまじまじとは見ていないのでわかりませんが・・・)

逆にいろいろと気にしていた時の方が、ストレスがたまって太っていた

と思います。



とにかく、

「あまり気にしていない」

という状態なのです。数年前とは本当に大違いです。



======================================================
        街中を走る車に思う
======================================================



本当に心が安心できる状態というのは、

「どんな私であろうとも、ありのままの私は受け入れられている。

どんな私でも、愛される」

ということではないでしょうか。



そしてそれは、周りの人からもらうものではなく、

自分が自分に与えてあげなければなりません。

どんな私でも、私は私を受け入れる。どんな私でも、私は私を愛する。

そんな心の姿勢でいることができれば、悲しい不完全な感じは、

遠くなっていくと思うのです。




悲しかった過去を持つ私ですので、その時の自分と似たような人がいると、

すごく気になってしまいます。過去の自分を見ているようで、

いたたまれなくなるのです。



「違う違う、そんな事しなくても、あなたはあなたのままで十分なんだよ。

そんなにたくさん服を買わなくてもいいんだよ。」

そんな気持ちになる時があります。




大きな音をさせて走っていく車を見ても、そんな風に思います。

その車は改造されていて、排気口から大きな音が出ます。

車体は通常よりも低くなっていて、タイヤのホイールも金色。

そんな車が走っていくと、とても悲しい気持ちになるのです。



通常なら、

「わぁかっこいい車だね!」

とか、

「私はあまり趣味じゃないなぁ。」

という感想で終わってしまうと思うのですが、

私は胸が痛くなって、かわいそうだなぁと思ってしまうのです。



ブオーン!と、大きな音をさせて、スピード上げて走っている車の中の人は、

不完全な感じに苦しんでいるのだと思うからです。


排気口の音は、私にはこう聞こえます。

「僕に気づいて!誰か僕を見て!僕はここにいるよ!

ほら、車もこんなにかっこいいだろう?かっこいい車を持っている僕は、

かっこいいよね?!」



ああああ、なんて悲しいんだろう、なんてかわいそうなんだろう・・・。

声が胸に染み入って、泣きたくなる時もあります。

心の底で、その人はこう思っているはずです。


「かっこいい車を持っていない自分は不完全だ」

もしそんな思いを抱えながら生きているとしたら、とても悲しいと思うのです。






======================================================
         そのままで十分
======================================================


だから私は、間違いを正したい。自分自身にもそんな部分があったら、

ちゃんと言ってあげたいと思うのです。



「“それ”を持ってなくても、何も持ってなくても、

あなたは今のままで十分素晴らしいんだよ。

“それ”を持っていなければ自分はダメだって思っているのだったら、

それは間違っているよ。それを持っていても、持っていなくても、

あたなはあなた。世界で一番大切な、たった一人の宝物なんだよ。」




私は、自分自身に、そう言ってあげたいのです。

いつだって、どんな時だって、そう言ってあげたい。

そして、この世界に生きている全ての人たちも、

そんな風に自分自身に語りかけてあげてほしい。


もしそれが叶ったら、不必要な消費はなくなり、

みんなが安心して暮らせる世界が生まれると思うのです。




私を含め、世界中の人が、悲しい不完全感を手放せますように。

悲しい心を癒して、自分自身を愛せますように。

☆yoppi☆




***********************************************************
            「うつを治そう!」のコーナー
***********************************************************



☆ゆっくりでいいよ☆


この世の中には、たくさんの人がいて、

つい、自分と他人を比べがちです。


自分は自分!・・・そう思っても、

「どうして、私の歩みはこんなにも遅いのだろう。

あの人は、あんなにも早く成長しているのに。」

そんな風に思うこともあります。


歩みが遅いくらいならともかく、まるで後退している

ような、どんどん人生が絶望に向かっているような

境地に立たされてしまうこともあります。


どんどんマイナスの方へ、どんどん暗い闇へ・・・

光り輝くものを見ると、自分がよりいっそうまっ黒けの

不幸な人間に思えてくる。


反省もせず、責任は人になすりつけ、横柄に、自分中心に

生きている自分・・・。希望はなく、未来も暗い。


その一日、一日の、茨のような道を、意味も見いだせず、

行き過ぎるむなしさ。


でも、私は思います。そんな茨の道も、無味乾燥な味気ない道も、

泣きたくなるほど恥ずかしく、情けない醜態も。


ゆっくりと、ゆっくりと、歩んでいる、私だけの道。

あせらなくていい、ゆっくりでいいよ。

心の中で泣いている私に、そうつぶやいて、みました。




*****自己紹介******
名前→☆yoppi☆1978年大阪生まれ。
6年前カウンセリングに出会い心が元気になってきました。
先日結婚しました。
夢は、自分が体験したことをたくさん文章にして、たくさんの
方を元気にするお手伝いをすることです。

本を企画出版してくださる出版社を募集しています!


ご感想・本の出版依頼はこちらのメールまで・・・richstar@gaia.eonet.ne.jp

↓↓↓Yahoo!メルマガで携帯版も配信しています(毎日配信!)↓↓↓
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8133/p/1/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む