自分と出会って元気になろう

自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.101 ☆☆☆不完全感について(中篇)☆☆☆

カテゴリー: 2009年04月10日
自分と出会って元気になろう メルマガ Vol.101

☆☆☆不完全感について(中篇)☆☆☆

メルマガの最後に《うつを治そう!のコーナー》があります





======================================================
      お洒落の裏に隠された悲しさ
======================================================



ショッピングをすると、心が満たされる・・・というのも、

私の場合は、悲しい”不完全感“によるものが多かったのではないか

と思いました。


確かにお洒落ができるのは楽しいことですし、

豊かで、ワクワクすることだと思います(一般的には)

でも私の場合は、その裏側にある“悲しさ”が、潜んでいたと思います。




「お洒落な服を着ていない私は劣っている。

不完全だ。先週と同じような服を着ている私は不完全。

誰かから馬鹿にされるかもしれない。

流行の、ブランドのカバンを持っていなければ私はダメなんだ。

だから、お洒落をすれば、みんなからよく思われるし、

付き合っている人にも愛されるわ。

そうでければふられてしまう。

お洒落にならないと、きれいにならないと・・・

ありのままの私ではダメなのだ。」


こんな風に悲しい私が、心の中で泣いていました。





======================================================
         一時的な癒し
======================================================


新しい服を買うと、その“不完全感”が、その時は癒されるのです。

この服があれば、自分は悲しい不完全感から別れられると思うからです。


でも、それは一時的なこと。お洒落というものは終わりがなく、

永遠につづいていくものです。

お洒落をしたり、美しくなろうとすることには限界がありません。




ひとつ何か買っては、また次が欲しくなり、

それがなければ自分は完全ではないという感じを、何度も何度も味わうのです。


服をごっそりと捨てた時に思いました。



「一生懸命働いて稼いだお金を、こんなにたくさんのゴミにしてしまった。

私は、一体何をしていたんだろう。」


それだけたくさんの服を買うだけのお金は、やはりちょっとやそっとで

稼げたものではありませんでした。

雨の日も風の日も働いて、ストレスにも耐え、病気にもなりながら、

一生懸命お仕事をして得たお金でした。

それを私は、砂漠で、穴のあいたバケツに、

貴重な水を何度も入れてこぼすように、すごく無駄にしてしまったんだと

思ったのです。そのバケツには穴があいている、

ということがわからなかった、穴を見ようとしていなかった。

・・・悲しい自分を、見ようとしていなかったのだと思います。





======================================================
        変わることができた
======================================================


「お洒落に、美しくしていれば愛してもらえる。」

と思っていた恋人には振られてしまいました。

あとに残ったのは、着なくなった服がいっぱいつまったゴミ袋だけ。


本当の意味で、一度でも、このたくさんの洋服が自分を癒し、

平和にしてくれたことがあったか?

本当の心の平安は、お洒落をすること、

洋服を買うことでは得られないと、その時深く思いました。




その後、今の旦那さまに会い、転職もしました。

旦那さまはあまり洋服にこだわりの無い人で、

そのおかげで私は心が平安でいられます。

ちょっと変かなぁと思う服を着てしまって、


「この服ちょっと変かな?」


と聞くと、


「うーん?いいんじゃないかなぁ?よくわからないや〜。」

と言ってくれます。それを聞くと私はとてもうれしくて、

自分が気に入る、ゆったりとした着心地の良い服ばかり着ています。



・・・・次回の、後編につづきます。

お楽しみに!




***********************************************************
            「うつを治そう!」のコーナー
***********************************************************


☆本当の愛情は、「サムシンググレイト」からしかもらえない☆



キリスト教の人なら「神様」

仏教なら「仏様」

科学の世界なら「サムシンググレイト」

いろいろな世界で、目に見えないその「何か」

について、呼び方があります。


それらは違うものかもしれないし、一緒のものかも

しれません。私にはわからないけれど、

自分の心を見つめる作業をする内に、

その「何か」は、いないはずはないと思うように

なりました。


いいえ、正直に言うと、はっきりと

「私の心の中にいらっしゃる」

と、思っています。


心を癒す作業をする内に、ぶつかる壁があります。

自分が小さな頃に、両親によって受けた心の傷。

両親は私を一生懸命育ててくれたけれど、

小さい頃の傷は、大人になった私を毎日責めたてます。


今、心を癒す作業をされている方も、その壁にぶつかって

いらっしゃることと思います。

この壁は、避けては通れません。


そして、やはり自分の両親には、子供を愛する能力が

なく、「自分は愛されていた」という気持ちを

取り戻せない事もあると思います。


両親も、私と同じ人間です。神様や仏様ではありません。

それに、もし両親が子供への愛情の深い方たちであったと

しても、「本当の愛情」ということを考えた時、

私は立ち止まります。


本当の愛情は、つきつめて考えれば、その偉大なる何か、

からしか、もらえないのかもしれないと思うのです。


両親がもし、私を愛してくれるのなら、その愛情もまた、

両親の中に住む、サムシンググレイトからの心なのではないか。


そして、そのサムシンググレイトは、山にも、川にも、

海にも、都会にも、自分の体の小さな場所にも、心の奥底にも、

どこにでもいらっしゃるのだと思うのです。


だから、もし両親が、子供を愛する能力がなくても、

両親がもう既に他界していたとしても、今生きている私たちには、

本当の愛情を心に受け取るチャンスが、いくらでもあると

思うのです。


だから私は、自分の心をせいいっぱい見つめたいと思います。

私の心の中に住む、ドロドロの真っ暗闇の中を、深い深い愛情を

持って光り輝いてくれる、「偉大なる何か」に出会うために。















*****自己紹介******
名前→☆yoppi☆1978年大阪生まれ。
6年前カウンセリングに出会い心が元気になってきました。
先日結婚しました。
夢は、自分が体験したことをたくさん文章にして、たくさんの
方を元気にするお手伝いをすることです。

本を企画出版してくださる出版社を募集しています!


ご感想・本の出版依頼はこちらのメールまで・・・richstar@gaia.eonet.ne.jp

↓↓↓Yahoo!メルマガで携帯版も配信しています(毎日配信!)↓↓↓
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/8133/p/1/

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む