環境省ちゅうぶ環境メールマガジン

そらいろ通信 ~EPO-Chubuメールマガジン~114号(2018.12.11)

●○●○==========================================================
○●○
●○ そらいろ通信 ~EPO-Chubuメールマガジン~114号(2018.12.11)
○
        発行:中部環境パートナーシップオフィス
        協力:環境省中部地方環境事務所

   空の色(そらいろ)を見ながら、皆さまとのつながりを感じつつ、
      多様なセクター、テーマ、中部地域の環境情報をお届けします。
      冒頭文は、
   環境省 中部地方環境事務所 野生生物課 係長
   房村 拓矢(ふさむら たくや)さんです。
      …………………………………………………………………………………
   国際的な象牙の管理強化の要請に伴い、6月から象牙の管理を強化し
   ました。一本牙は登録されたものでなければ売ったりあげたりはでき
   ません。また、置物、アクセサリー、印鑑などの象牙製品も業(2回
   以上オークションに出品・販売など)として実施する場合は事業者と
   しての登録手続きが必要になります。違反した場合は、個人の場合、
   5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはその両方と非常に
   重い罰則があります。例えば、親族の遺品整理の際に押し入れの奥で
   眠っていた象牙一本牙の置物を骨董店に売ってしまった場合、売った
   方が違反になってしまい、前述の罰則が科される可能性があります。
   環境省では国内にある象牙の在庫の把握を進めています。未登録の象
   牙(一本牙)をお持ちの方は、以下までご連絡を!

   象牙在庫把握キャンペーン 03-6659-4660
   環境省象牙に関するHP
   http://www.env.go.jp/nature/kisho/zougetorihiki.html
   …………………………………………………………………………………


♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第14回地球温暖化に関する中部カンファレンス
~COP24交渉結果と我が国の将来を考える~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
中部地方環境事務所では、地域での地球温暖化防止活動の推進を図ることを
目的に、「地球温暖化に関する中部カンファレンス」を開催しています。
今回は、国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)の会場に参加され
る方々をお招きして、交渉結果、交渉の場での出来事や世界のステークホル
ダーの動きを報告いただき、我が国の目標達成に向けた動きや環境省の施策
の方向性にも触れる予定です。

詳  細:http://chubu.env.go.jp/to_2018/cs14.html

開催日時:2019年1月10日(木)13:30~17:00
     (開場、受付開始13:00)
開催場所:名古屋国際センター別棟ホール
     (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
定  員:150名 ※申込先着順
参 加 費:無料
申込期限:2019年1月9日(水)

問 合 せ:中部地方環境事務所環境対策課
     TEL:052-955-2134


♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域環境活動の協働における連携強化のためのフォーラム(第3回/東海)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
EPO中部主催で中間支援組織や活動主体、協働コーディネーターとの交流と
意見交換を行う第3回目のフォーラム(対話の場)を名古屋市で開催します。

開催日時:2019年1月15日(火)13:30~16:30(開場13:00)
開催場所:ウインクあいち 会議室1302
参 加 費:無料

プログラム:
○ごあいさつ
○講演「協働の可能性と課題」
千頭 聡 氏(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)
○EPO中部・協働コーディネーターによる地域環境活動事例の紹介
【事例1】地域課題の解決に向けた多様な主体による協働取組
 野村 典博 氏(特定非営利活動法人森と水辺の技術研究会理事長)
【事例2】異分野へウイングを広げる(四日市市での実践から)
 寺田 卓二 氏(環境教育ネクストステップ研究会代表)
【事例3】とよたエコライフセンターの取り組み
 坂本 竜児 氏(NPO法人エコデザイン市民社会フォーラム)
○活動評価分析ワークショップ
【分析対象事例】とよたエコライフセンターの取り組み
【分析結果紹介】原 理史(EPO中部/中部大学中部高等学術研究所)
○意見交換
○まとめ

詳  細:http://www.epo-chubu.jp/epo/3811.html                    

問 合 せ:環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)
     TEL:052-218-8605  FAX:052-218-8606
     メール:office@epo-chubu.jp


♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ESD推進のためのダイアログ in 東海
SDGs時代における企業・地域の人材育成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
中部地方ESD活動支援センターは本年度・第3回目となる「ESD推進のための
ダイアログ」を名古屋市で開催いたします。

開催日時:2019年1月18日(金)13:30~16:00(開場13:00)
開催場所:ウインクあいち 会議室1302
参 加 費:無料

プログラム:
○講演「SDGs時代における企業・地域の人材育成」
 戸成 司朗 氏(住友理工株式会社CSRアドバイザー)
○企業の取組紹介
「愛知の中山間地・豊田市稲武地区での兼業への取組みと企業の役割」
 横田 幸史朗 氏(トヨタケ工業株式会社代表取締役社長)
「地域工務店だからこそ『人(社員/お客様/職人)』を育てる」
 石橋 常行 氏(ひだまりほーむ株式会社鷲見製材代表取締役社長)
「排水処理施設の維持管理業から地域環境総合アドバイザーへ」
 榊枝 正史 氏(株式会社東産業社長直轄CSV課責任者)
○ディスカッション ※テーマ別にわかれて実施
 SDGs時代のESD推進における企業・団体・行政などの役割を考える
 総合ファシリテータ:原 理史(中部地方ESD活動支援センター)
 テーマ1:地域のESDにおいて企業・団体・行政などができること
 テーマ2:企業・団体・行政などの組織内におけるESD推進に必要なこと
 テーマ3:地域におけるSDGs社会人とはどんな人材か
○講  評
 戸成 司朗 氏(住友理工株式会社CSRアドバイザー)

詳  細:https://chubu.esdcenter.jp/

問 合 せ:中部地方ESD活動支援センター
     TEL:052-218-9073  FAX:052-218-8606
     メール:office@chubuesdcenter.jp


♪*♪*♪*   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ESD推進ネットワーク地域フォーラム in中部
SDGs社会のためのESDネットワークを考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ♪*♪*♪*
中部地方ESD活動支援センターは、ESD推進ネットワーク地域フォーラム in 
中部「SDGs社会のためのESDネットワークを考える」を開催いたします。

開催日時:2019年1月25日(金)13:30~16:30(開場13:00)
開催場所:ウインクあいち 会議室1302
参 加 費:無料

プログラム:
○基調講演
「ESD/SDGsをめぐる最新の動向 ~SDGs達成に向けたESDの挑戦~」
 鈴木 克徳 氏(ESD活動支援センター副センター長)
○活動紹介
 地域ESD拠点:ESDとSDGsの呼応 そしてSDへ
 寺田 卓二 氏(環境教育ネクストステップ研究会代表)
 自治体:日進市におけるESDの取組み ~ESDをキーワードとした人づくり~
 水野 洋佑 氏(日進市市民生活部環境課環境政策・ESD推進係長)
 協働主体:SDGsでつなぐローカルプラットフォーム
 堺 勇人 氏(PECとやま副事務局長/富山県立大学COCコーディネーター)
○ESDネットワーク交流セッション
「SDGs時代のESDネットワークへの期待」
 コーディネーター:
 原 理史(中部地方ESD活動支援センター)
○総  括
 伊藤 恭彦 氏(名古屋市立大学大学院人間文化研究科副学長)

詳  細:https://chubu.esdcenter.jp/

問 合 せ:中部地方ESD活動支援センター
     TEL:052-218-9073  FAX:052-218-8606
     メール:office@chubuesdcenter.jp



┏━━━━━━━━━━━┓
┃ ♪ も く じ ♪       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【イベント情報】
1.【愛知】「第9回イタセンパラの勉強会」
2.【三重】みえ環境フェア2018
3.【愛知】国際協力カレッジ2018
4.【愛知】あいち低炭素社会づくりフォーラム
5.【福井】天文講演会「美しい星空環境を守るには?」
6.【長野】第7回 山と自然のサイエンスカフェ@信州
 『今年の自然を振り返る2018』
7.【愛知】「あいち森と緑づくりシンポジウム」
8.【愛知】冬休み環境学習講座「環境ハカセになろう!」参加者募集
9.【岐阜】清流の国ぎふ
  森・里・川・海×つながLINK親子体験ツアー(冬コース)
10.【長野】長野県版エシカル消費キックオフフォーラム
11.【愛知】レンジャー写真展2018
12.【愛知】藤前干潟の生きものペーパーキャップ作り
13.【愛知】地球温暖化防止シンポジウム
  「いま私たちにできる地球温暖化対策」
14.【愛知】藤前干潟ペットボトル一掃大作戦


【募集情報】
1.「Non温暖化!こども壁新聞コンクール」募集
2.「未来につなぐふるさと基金」2019年度協働団体 募集
3. 公益信託オータケ記念愛知県自然環境保護基金 助成先 募集
4.「あいち・なごや・つながる基金」2019年度助成団体 募集
5. 2018年度こどもエコクラブ「全国エコ活コンクール」
  壁新聞・絵日記・映像(新設)募集
6. コスモ石油エコカード基金 新規プロジェクト 公募
7. 第10回EST交通環境大賞
8. 2019年度「住まいとコミュニティづくり活動助成」対象団体 募集
9.「あいち地球温暖化対策人材登録・紹介ネット(温暖化まなびネット)」
  開設及び登録者・登録団体募集



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          ♪イベント情報♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃【愛知】「第9回イタセンパラの勉強会」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
木曽川水系イタセンパラ保護協議会(事務局:環境省中部地方環境事務所及
び国土交通省中部地方整備局)は、絶滅が危惧され国内希少野生動物種に指
定されている淡水魚「イタセンパラ」に関する勉強会を開催します。
木曽川の宝である「イタセンパラ」を間近に見ながら勉強できる貴重な機会
です。ぜひご参加ください。

詳  細:http://chubu.env.go.jp/to_2018/post_150.html

開催日時:2018年12月15日(土)13:30~15:30(受付開始13:00)
開催場所:世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ 多目的ホール
対  象:どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
定  員:50名(申し込み多数の場合は抽選)
参 加 費:無料

問 合 せ:木曽川水系イタセンパラ保護協議会
     〔環境省中部地方環境事務所野生生物課〕
     TEL:052-955-2139
     〔国土交通省中部地方整備局河川環境課〕
     TEL:052-953-8151 

┏━┓
┃2┃【三重】「みえ環境フェア2018」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三重県地球温暖化防止活動推進センターでは、今年も「COOL CHOICE(=賢い
選択)」をテーマに、県民をはじめNPO、企業、学校、行政機関などが参加す
る「みえ環境フェア2018」を開催します。各団体による出展のほか、ステー
ジでは、三重県地球温暖化防止啓発ポスターコンクール表彰式や、環境トー
クなどが行われます。

詳  細:http://www.mec.or.jp/ondan/fair/fair2018/

開催日時:2018年12月16日(日)10:00~15:00
開催場所:メッセウイング・みえ(津市北河路町19-1)
入 場 料:無料

問 合 せ:三重県地球温暖化防止活動推進センター 事務局
     TEL:059-245-7517  FAX:059-245-7518
     メール:mccca@mec.or.jp


┏━┓
┃3┃【愛知】国際協力カレッジ2018
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「国際協力カレッジ」は国際的な課題に関心を持つ人びとが国際協力の現場
の声に触れ、考え、動き始める「学び」と「きっかけ」の場です。名古屋NGO
センターとJICA中部との協働により、2006年にスタートし、今年で13回目に
なります。「シンポジウム&テーマ別講座」、「国際協力分野のボランティア
・インターン マッチング展」、「SDGs体験ゾーンツアー」などが予定されて
います。

詳  細:http://nangoc.org/information/122220181.php

開催日時:2018年12月22日(土)10:00~17:00(開場9:30)
開催場所:JICA中部 なごや地球ひろば
参 加 費:無料
定  員:70名 ※申込先着順
申込期限:2018年12月18日(火)12:00

問 合 せ:特定非営利活動法人名古屋NGOセンター
     TEL:052-228-8109   FAX:052-228-8109
     メール:info@nangoc.org


┏━┓
┃4┃【愛知】あいち低炭素社会づくりフォーラム
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛知県では、あいち低炭素社会づくりフォーラムを開催し、自動車環境の改
善やCO2の排出抑制に積極的に取り組む事業者の表彰を行うとともに、環境
に配慮した経営に関する講演や事例発表、トークセッションを行います。
低炭素社会の実現に向けたビジネススタイルについて考える機会となります
ので、是非御参加ください。

詳  細:
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/ondanka/forum2018.html

開催日時:2018年12月21日(金)13:30~16:30(受付開始13:00)
開催場所:愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA
参 加 費:無料
定  員:250名 ※申込先着順
申込期限:2018年12月14日(金)

問 合 せ:愛知県環境部地球温暖化対策課
     TEL:052-954-6213  FAX:052-955-2029
     メール:ondanka@pref.aichi.lg.jp


┏━┓
┃5┃【福井】天文講演会「美しい星空環境を守るには?」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福井の星空は、今は国際的に誇れる美しさを維持しています。しかし、人間
による開発や気候変動によって環境が変化し、今後その美しさも失われてい
くかもしれません。この講演会では、福井工業大学の中城智之教授が、どう
したらこの美しい星空を残していけるかを、地域活性化の観点も含めて、参
加者の方々と対話をしながら講演します。

詳  細:http://www2.pref.fukui.lg.jp/press/view.php?cod=0e1c0Z154097308800

開催日時:2018年12月23日(日)14:00~16:00
開催場所:福井県立図書館 多目的ホール
対  象:小学生以上(中学生以下保護者同伴)
参 加 費:無料
定  員:120名 ※定員になり次第締切
申込締切:2018年12月20日(木)

問 合 せ:福井県自然保護センター
     TEL:0779-67-1655  FAX:0779-67-1656
     メール:sizen-ci@pref.fukui.lg.jp


┏━┓【長野】第7回 山と自然のサイエンスカフェ@信州
┃6┃『今年の自然を振り返る2018』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長野県環境保全研究所では、「山と自然のサイエンスカフェ@信州」を開催
します。今回は、長野県の自然環境について、この一年を振り返ります。

詳  細:https://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/happyou/181116press.html

開催日時:2018年12月20日(木)18:00~19:30
開催場所:ステーションビルMIDORI長野3階りんごのひろば
話  題:『今年の自然を振り返る2018』
(1) カクネ里の雪渓がついに現存の氷河に! 
(2) 約50年ぶりに発見された中央アルプスのライチョウ
(3) 草原の歴史とつながり直す
話題提供者:長野県環境保全研究所自然環境部(4名予定)
参 加 費:無料(申込不要・座席数30席)

問 合 せ:長野県環境保全研究所
     TEL:026-239-1031
     メール:kanken-shizen@pref.nagano.lg.jp


┏━┓
┃7┃【愛知】「あいち森と緑づくりシンポジウム」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛知県は、森と緑づくりへの理解を一層深めていただくため、名古屋市と共
催で「あいち森と緑づくりシンポジウム」を開催します。これまでの成果や
今後の取組を紹介するほか、トークショー「あいちの森 遊びのススメ」、
エリック・ジェイコブセンによる森と緑の音楽ライブなど、あいちの森や緑
について親しみながら考えていただく、お子様でも楽しめる内容となってい
ます。

詳  細:
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shinrin/morimido-shinpo-h301116.html
http://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000111507.html

開催日時:2018年12月23日(日・祝)13:30~16:00(開場13:00)
開催場所:名古屋市中区役所ホール
募集人数:300名(申込先着順・定員になり次第締切)
応募資格:愛知県在住の方
申込期限:2018年12月17日(月)必着

問 合 せ:〔事業委託先〕
     株式会社一人計画 あいち森と緑づくりシンポジウム運営事務局
     TEL:052-222-2590
     メール:mori@kkaku.jp


┏━┓
┃8┃【愛知】冬休み環境学習講座「環境ハカセになろう!」参加者募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛知県では、小学生以上の方を対象とした冬休み環境学習講座を開催します。
私たちの生活に身近な「水」と「ごみ」の分野について、ゲームや実験を通
して、体験的に楽しく学べます。

詳  細:
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kankyokatsudo/h30fuyuyasumi.html

開催日時:2018年12月25日(火)~27日(木)13:30~15:30
開催場所:あいち環境学習プラザ(愛知県東大手庁舎1階)
参加対象:小学生以上(推奨:小学3年生以上)
募集人員:各日20名 ※申込先着順
参 加 費:全講座無料
申込期限:2018年12月20日(木)※定員になり次第締切

問 合 せ:あいちecoティーチャー養成校事務局
     〔業務受託者:株式会社フルハシ環境総合研究所〕
     TEL:052-324-5351  FAX:052-324-5352
     メール:eco@fuluhashi.jp


┏━┓【岐阜】清流の国ぎふ
┃9┃ 森・里・川・海×つながLINK親子体験ツアー(冬コース)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岐阜県では、森・里・川・海のつながりをふまえた環境保全の大切さを学ぶ
ことを目的に、自然体験活動等を通じて、流域の環境について親子で考える
ツアーを実施します。冬コースでは、日帰り2コース(1月12日・13日)と宿
泊1コース(1月26日~27日)について、参加者を募集します。

詳  細:
https://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kankyo/kankyo-hozen/c11265/jokaryu-tour.html

参加対象者:小中学生とその保護者
      ※大人のみ、子どものみの参加不可
申込み受付:2018年12月10日(月)から先着順

問 合 せ:岐阜県環境生活部環境企画課
     TEL:058-272-1111(内線:2697)  FAX:058-278-2610 
     メール:c11265@pref.gifu.lg.jp


┏━┓
┃10┃【長野】長野県版エシカル消費キックオフフォーラム
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長野県は『長野県版エシカル消費』を学び、日々の生活の中で実践するきっ
かけとなるように「長野県版エシカル消費キックオフフォーラム」を開催し
ます。大室悦賀氏による基調講演、パネルディスカッションのほか、エシカ
ルマルシェが予定されています。

詳  細:
https://www.pref.nagano.lg.jp/kurashi-shohi/happyou/181126press.html

開催日時:2019年1月12日(土)13:30~16:00(開場12:30)
開催場所:松本市浅間温泉文化センター(松本市浅間温泉2-6-1)
参 加 費:無料
参加申込:https://www.nagano-shohi.net/ethical-consumption/

問 合 せ:長野県県民文化部くらし安全・消費生活課
     TEL:026-223-6770  FAX:026-223-6771
     メール:kurashi-shohi@pref.nagano.lg.jp


┏━┓
┃11┃【愛知】レンジャー写真展2018
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国指定藤前干潟鳥獣保護区、白山国立公園、伊勢志摩国立公園、で働く環境
省職員「レンジャー」と「アクティブ・レンジャー」が目にする美しい自然
を写真で紹介します。

【東邦ガス(株)ガスエネルギー館】
 日  時:2018年12月20日(木)~2019年1月25日(金)
     10:00~17:00
 住 所:愛知県東海市新宝町507-2
 入場料:無料
 休館日:毎週土曜日、祝日(日曜日と重なる場合は翌日)
 主 催:環境省中部地方環境事務所


┏━┓
┃12┃【愛知】藤前干潟の生きものペーパーキャップ作り
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【レンジャー写真展関連イベント!】
 レンジャー写真展の期間中に、レンジャーが会場にやってきます!
 会場で、レンジャーと一緒に藤前干潟の生き物のペーパーキャップを作ろう。

 日  時:2018年12月23日(日)
     1回目:10:30~12:00
     2回目:13:30~15:00
 場  所:東邦ガス(株)ガスエネルギー館(愛知県東海市新宝町507-2)
  対 象:一般(幼児~大人)
 定 員:各回36名(整理券配布)
 参加費:無料
 
 問合せ:環境省名古屋自然保護官事務所
     TEL:052-389-2877


┏━┓【愛知】地球温暖化防止シンポジウム
┃13┃「いま私たちにできる地球温暖化対策」
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NHK名古屋放送局「おはよう東海」気象キャスター・岡安里美さんなどの講
演や、アニメ上映、パネルディスカッションを通して、私たちに何ができる
のか一緒に考えてみませんか?

詳  細:
http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000111434.html
http://www.city.nagoya.jp/kankyo/cmsfiles/contents/0000111/111434/chikyuondankaboushi_chirashi.pdf

日 時:2018年12月16日(日)13:00~16:00
場 所:SMBCパーク栄
主 催:名古屋市


┏━┓
┃14┃【愛知】藤前干潟ペットボトル一掃大作戦
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月に相次いで襲来した台風21号と24号による高潮の影響で、藤前干潟のヨ
シ原が長年とどめていたペットボトルをはじめとした大量の化石燃料由来の
ごみが浮き上がり、護岸に打ち寄せられました。秋の藤前干潟クリーン大作
戦で回収しきれなかったごみを、海に流れ出る前に一掃します。

詳 細:https://cleanupfujimae.jimdo.com/

日 時:2018年12月15日(土)受付開始9:15
場 所:中堤の揚土場広場(駐車場も揚土場広場です。) 
主 催:藤前干潟クリーン大作戦実行委員会
協 力:国土交通省庄内川河川事務所



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          ♪募集情報♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1┃「Non温暖化!こども壁新聞コンクール」募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境省では、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」で推進してい
る省エネ家電への買換促進(COOL CHOICE 5つ星家電買換えキャンペーン)の
一環として、小学生を対象に、地球温暖化の現状や家庭の冷蔵庫の消費電力
などを調べる「壁新聞」を募集します。

詳  細:http://www.env.go.jp/press/106178.html

応募資格:国内にお住まいの小学生(個人、グループいずれの応募も可)
募集締切:2019年1月18日(金)

特設WEBサイト:
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/kaden/newspaper/index.html

問 合 せ:Non温暖化!こども壁新聞コンクール事務局
     (株式会社ボール内)
     TEL:03-5362-0684  FAX:03-5362-0656 
     メール:cc_kodomo@ondankataisaku.env.go.jp


┏━┓
┃2┃「未来につなぐふるさと基金」2019年度協働団体 募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた
「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プログ
ラムを協働で実施する団体を募集し、協働団体が実施する市民参加型プログ
ラムを支援しています。

詳  細:http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/index.html

対象団体:NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体

対象プログラム:生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに
該当する市民参加型プログラム
(1)【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、
  農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
(2)【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
(3)【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
(4)【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動

支援期間:原則2年間
     1年目:2019年4月1日~12月31日
     2年目:2020年1月1日~12月31日
応募期限:2019年1月10日(木)

問 合 せ:公益財団法人パブリックリソース財団
     TEL:03-5540-6256  FAX:03-5540-1030
     メール:furusato@public.or.jp


┏━┓
┃3┃公益信託オータケ記念愛知県自然環境保護基金 助成先 募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公益信託オータケ記念愛知県自然環境保護基金では、愛知県下の自然環境の
保護・啓蒙に貢献している活動に対する助成を実施しています。

詳  細:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shizen/otake-boshu-h30.html

助成対象:愛知県下における自然環境の整備、保全及び保護に関する
     (1)実践的活動を行うもの
     (2)調査、研究を行うもの
     (3)普及、啓発を行うもの
助成金額:3件程度 総額100万円程度
     1件あたり10万円~50万円
申込期間:2018年11月15日(木)~2019年1月15日(火)到着分まで

問 合 せ:〔受託者〕三井住友信託銀行株式会社
     個人資産受託業務部 公益信託グループ
     オータケ記念愛知県自然環境保護基金申請口
     TEL:03-5232-8910  FAX:03-5232-8919


┏━┓
┃4┃「あいち・なごや・つながる基金」2019年度助成団体 募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公益財団法人あいちコミュニティ財団では、「あいち・なごや・つながる基
金」を活用して、愛知県の課題解決に取り組む団体を募集しています。

詳  細:
http://aichi-community.jp/programs/25860

対象団体:愛知県の社会課題解決に取り組む民間の非営利団体
対象事業:対象団体が愛知県で実施する、次の8テーマのいずれかの課題解決
     に取り組む事業
     (1) 子ども・教育  (2) 障がい者  (3) お年寄り
     (4) 多文化共生   (5) まちづくり (6) 働き方
     (7) 文化・スポーツ (8) 環境
実施期間:原則として、2019年4月1日~2020年3月31日、
     または2019 年4月1日~2021年3月31日に実施する事業
助成金額:(1) 60万円(上限):課題のフカボリ&課題解決のための事業
     (2) 90万円(上限):課題のフカボリ&課題解決&継続のための
       仕組みづくりのための事業
募集締切:2019年1月31日(木)17:00必着

問 合 せ:公益財団法人あいちコミュニティ財団
     TEL:052-936-5101  FAX:052-936-5106
     メール:office@aichi-community.jp


┏━┓2018年度こどもエコクラブ「全国エコ活コンクール」
┃5┃壁新聞・絵日記・映像(新設)募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公益財団法人日本環境協会では、地域の中で自主的な環境活動を行っている
こどもエコクラブの子どもたちを対象に、「全国エコ活コンクール」として
日頃のエコ活動をまとめた壁新聞、絵日記および映像を募集いたします。

詳  細:http://www.jeas.or.jp/topics/181015.html

応募資格:全国のこどもエコクラブ
募集締切:2019年1月9日(水)
募集部門:
(1) 壁新聞部門…日頃のエコ活動をまとめた壁新聞
(2) 絵日記部門…「みんなに一番伝えたいエコ活動」「これからやってみた
  いエコ活動」「エコ活動で地域をこんな風にしたい」などを書いた絵日記
(3) 映像部門(新設)…日頃の活動の様子をまとめた映像

問 合 せ:公益財団法人日本環境協会内 こどもエコクラブ全国事務局
     TEL:03-5643-6251  FAX:03-5643-6250
     メール:j-ecoclub@eic.or.jp


┏━┓
┃6┃コスモ石油エコカード基金 新規プロジェクト 公募
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コスモ石油エコカード基金は、石油エネルギーと関連の深い「地球温暖化問
題」をテーマとし、国内外の環境修復と保全を行うプロジェクトに助成をし
てきました。この度、2019年4月からスタートする新しいプロジェクトを公
募しています。

詳  細:https://ceh.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/info/index.html

対象地域:国内及び海外
     ※海外の場合は日本国内に事務所があること
対象団体:特定非営利活動法人として認可されている等、体質が健全である
     こと。または、原則として 1 年以上の活動実績があること。
助成期間:2019年4月~2020年3月(スタートアップ助成)
助成金額:上限200万円/年
※期間中に成果を確認することができたと事務局が判断した場合は、3年間の
継続が可能
助成対象となるプロジェクト:
〔主たるテーマ〕
 ・地球温暖化防止や抑制に資する活動
 ・地球温暖化による被害への対応に資する活動
〔従たるテーマ〕
 ・活動地域の植生や生態系保全に資する活動
 ・地域社会への環境啓発に資する活動
〔重視する活動内容〕
 ・植林、間伐、整備等の森林保全活動
募集締切:2018年12月15日(土)

問 合 せ:コスモ石油エコカード基金事務局
     TEL:03-3798-3101


┏━┓
┃7┃第10回EST交通環境大賞
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会では、地域の交通環境対策
に関する取組み事例を発掘し、優れた取組みの功績や努力を表彰するととも
に、その取組みを広く紹介し、普及を図るため「EST交通環境大賞」におい
て地域の優れた交通環境対策の取組みを募集しています。

詳  細:http://www.estfukyu.jp/kotsukankyotaisho2018.html

応募資格:(自薦)
     自治体、企業、またはNPO等の団体であること
     ※自治会等の任意団体も応募可能
     (他薦)
     地域の交通環境対策に関する有識者
     ※複数の団体による応募や協議会での応募を奨励
応募期限:2019年1月7日(月)

問 合 せ:環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会事務局
     公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団
     TEL:03-3221-7636 メール:EST@ecomo.or.jp


┏━┓
┃8┃2019年度「住まいとコミュニティづくり活動助成」対象団体 募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団は、「住まいとコミュニティ
づくり活動助成」を通じて、市民の自発的な住まいづくりやコミュニティの創
出、地域づくり活動を一貫して支援してきました。2019年度は、今日の住まい
とコミュニティに関する多様な社会的課題に対応するため、「地域・コミュニ
ティ活動助成」と「住まい活動助成」の二本立てとしています。

詳  細:http://www.hc-zaidan.or.jp/program.html

助成対象:営利を目的としない民間団体
     (特定非営利活動法人、法人化されていない任意の団体など)
対象となる活動:今日の人口減少社会、少子高齢化社会等を背景にした住まいと
コミュニティに関する課題に取り組む市民の自発的な地域づくり・住まいづくり
活動で、地域住民が主体的に関わっている次に掲げるもの
 ・社会のニーズに対応した地域活動
 ・地域環境の保全と向上
 ・地域コミュニティの創造・活性化
 ・安心・安全に暮らせる地域の実現
 ・その他、豊かな住環境の実現に繋がる活動
助成期間:2019年4月1日~2020年3月31日
助成金額:1件あたり120万円以内
応募締切:2019年1月8日(火)必着

問 合 せ:一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団(助成係)
     TEL:03-6453-9213  FAX:03-6453-9214


┏━┓「あいち地球温暖化対策人材登録・紹介ネット(温暖化まなびネット)
┃9┃ 開設及び登録者・登録団体募集
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
愛知県は、県民の皆様の自発的な地球温暖化対策活動を支援するため「あい
ち地球温暖化対策人材登録・紹介ネット(温暖化まなびネット)」を開設し、
地球温暖化について深く理解し、講演会の講師や環境学習の指導者等として
登録いただいた個人や団体を紹介しています。また、「温暖化まなびネット」
に講師等として登録する個人や団体の方も随時募集しています。

詳  細:
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/ondanka/onmananet.html

登録を希望される方はこちら:
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/ondanka/onmananet-bosyuu.html

問 合 せ:「温暖化まなびネット」事務局
     愛知県地球温暖化防止活動推進センター(環境創造研究センター)
     TEL:052-934-7295 FAX:052-932-7296
     メール:cca-info@kankyosoken.or.jp



--------------------------------------------------------------------
【本メールマガジンについて】
  本メールマガジンは、転送自由です。
  配信を希望される方は、下記までお申し込みください。
  ○申込 : office@epo-chubu.jp
  ○解除 : office@epo-chubu.jp
  ○バックナンバー
    そらいろ通信 ~EPO-Chubuメールマガジン
    http://www.epo-chubu.jp/
--------------------------------------------------------------------
  発信元:環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)
     中部地方ESD活動支援センター  
     TEL:(EPO)052-218-8605/(ESD)052-218-9073
      FAX:052-218-8606
          メール:office@epo-chubu.jp
     URL:(EPO)http://www.epo-chubu.jp
       (ESD)http://chubu.esdcenter.jp/ 
     〒460-0003  名古屋市中区錦2-4-3  錦パークビル4F
====================================================================


環境省ちゅうぶ環境メールマガジン

発行周期: 月刊 最新号:  2018/12/11 部数:  782部

ついでに読みたい

環境省ちゅうぶ環境メールマガジン

発行周期:  月刊 最新号:  2018/12/11 部数:  782部

他のメルマガを読む